不倫(浮気)を話し合う!


 浮気を話し合う場

 

残念ながらパートナーの浮気が発覚してしまった場合、今後の関係についても話し合わなければなりません。お互い感情的になっている時だと話し合いどころか殴り合いに発展する恐れもありますし、限りなく黒の場合も証拠がないとはぐらかされてしまう可能性もあります。
 
もちろん疑惑段階なのに一方的に思い込んでしまっている場合も、とても話し合いどころではありません。本当に浮気されている場合ならともかく、誤解しているのに聞く耳も持たない、と言う態度だと相手の気持ちも冷めかねません。浮気疑惑が生じた以上、とにかく最初に行うべき行動は証拠集めです。話し合いの場でも証拠があれば、相手も言い逃れできません。
 

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)を話し合う!


 浮気を話し合う場

 

また、話し合いの場はお互い精神的、時間的余裕がある時でないといけません。朝の出掛ける前や仕事から帰ってきた遅い時間だと、冷静に話し合うどころか無駄にイライラしてしまう可能性があります。できれば休日が理想的ですが、平日なら早い時間帯に帰ってきた時を狙いましょう。
 
浮気された方は激高しがちですが、いつから、なぜ、誰とどこまで浮気をしたのか、今後我々の関係はどうなるのか、言葉で話し合いましょう。もし恋人、配偶者が浮気相手と分かれる気持ちがない場合、破局や離婚する道を選ばなければなりませんよね。
 
もし自分たちだけでは上手く話し合えそうにないなら、誰か冷静な人間に仲介をお願いする必要があります。もちろん浮気相手や相手の友達だと言いくるめられてしまう恐れがありますから、自分の友達や知人を挟むのがポイントです。修羅場レベルがひどい場合、親や家族に間に入って貰った方が良いかも知れません。

スポンサードリンク
 

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 男性が有利な離婚をするには、協議離婚しかない!
 
家庭裁判所は、離婚に関しては女性に有利な判決を出す傾向にあります。つまり、男性からすれば、裁判に持ち込まれたら自分に有利な離婚をすることが非常に難しくなります。よって男性が有利な離婚をするためには、協議段階で勝負をつけるしかありません。

離婚の体験談 - その1


 離婚は後ろめたいものではなくなりつつあります。

 

平成24年度の厚生労働省の人口動態統計によれば、その年の離婚の件数はおよそ23万5千件ということです。かくいう私も離婚を経験しています。それを振り返る時、付き合ってから初めての喧嘩での優劣が後の夫婦の力関係にまで及ぶという定説が一緒に頭に浮かびます。
 
私達の場合もそれは当てはまっていました。最初の喧嘩で私がもう少し何か発言していれば現在は変わっていたかもという後悔と、結婚状態が続いたとしてもそれは決して楽しい物ではなかっただろうという諦めが、今の自分の中にあります。
 
私の事はこれくらいにしておいて、一般論に話をもどしましょう。高度経済成長期と呼ばれた頃と今を較べてみると、婚姻数は減っているのに離婚数は増えています。これは仲違いに起因する離婚が増えている証拠なのではないでしょうか。仲違いによる離婚が増えた原因の一つに女性の社会的地位の向上があると言われています。
 
家庭を守る存在から、社会で生きていく一人の人間という位置付けになり、金銭的にも自立できるようになりました。とある小学校関係者の話では、シングルマザーの子供が増えたといいます。夫婦喧嘩の際も対等もしくは(かつての私の妻のように)それ以上の発言権を持ちます。
 
しかし、かつては「女は黙って男についてくればいい」というような時代もありました。古参の政治家が”彼らの時代”に培った男女観に基づいた発言をし、フェミニズムを刺激した結果失脚する事件が起きるのはその名残でしょう。
 
また時間軸を遡らないでも、海外に目を向ければ一夫多妻制があったり「結婚」「離婚」「男女」というものに対する考え方は文化によって醸成され、地域や時間と共にうつろいでゆくものです。
 
現在の日本においては、離婚はまだ後ろめたいものという概念が残ってはいますが、それは和らいできていて、逆に「人生の再スタート」という前向きなものになりつつあると思います。実際、私の回りにいる離婚を経験した人達は、その課程において多大なエネルギーを要したというのに、それを越えた後にもなお尽きないエネルギーを持って前向きに日々を過ごしているようにうかがえます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その2


 もし離婚をしたら再婚したいです

 

私は結婚してもうすぐ10年が経とうとしています。今のところ旦那とは離婚をしようとは思っていません。喧嘩はしますが、離婚をした後のことを考えると離婚はなかなか出来ないなぁと感じます。
 
ですが、もし離婚をすることになってしまったら、私はできれば再婚したいなぁと思っています。私は一人でいるのはとても寂しいと感じます。夫という人がいると、精神面でも経済的にも助かると思います。やはり男の人がいると頼りになりますからね。
 
老後に一人でいるのもとても寂しいことですし、老後に夫という存在がいるなら再婚はしたいなぁと感じます。今はバツイチで結婚する人も結構いますからね。もし離婚をしたら、いい人を見つけて再婚したいなぁと思います。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その3


 同性愛の彼女

 

友人お話です。友人の奥様はすごく家事が得意ですごく尽くしてくれる方なのだとか。料理も美味しく、ワイシャツもいつもピンピンしていて、洗濯物もすごく気持ちいい。こんな人と結婚できてよかったと心から思っていたそうです。
 
しかし、つい最近彼女の浮気が発覚したそうで、友人が家に帰ってくると彼女は違う方とメイクラブをしていたそうです。その現場に乗り込み目にするとなんと、女性同士でした。奥さんは実は結婚する前からこの女性と関係があったらしく、二股をかけていたそうです。
 
好きになってしまったら異性でも同姓でも関係ないと、3人で仲良くやっていこうと言われたそうなのですが、友人には理解できず、離婚することになったそうです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 1年持ちませんでした

 

私は今50歳です。32歳の時11歳年下の女性と結婚しましたが1年も一緒に暮らすことはできませんでした。離婚の原因は色々会ったのですが、1番の原因は女房の浮気でした。その頃女房は夜の仕事をし、私は昼間の仕事で行き違いは多かったのですが、ある日突然、私に対する素振りがおかしくなったので問い詰めて見ると、私が仕事をしている間に浮気をしたことを白状しました。
 
そんな事があるまではベッドを共にしていたのですが、それから寝室が別になりました。暫くはそんな状態でも我慢できていたのですが2ヶ月もそんな状態が続くと、修復は難しくなりました。お互いが納得した上でりこんすることにしました。幸いと言っていいかもしれませんが、子供もいなかったので、何もトラブルなく別れる事ができました。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 元夫が憎くて、毎日苦しいです

 

一ヶ月前に離婚しましたが、元夫よりも先に幸せになってやるって気持ちがあり、離婚したのに、いまだに苦しい毎日です・・・。元夫の浮気で離婚しましたが、本当は元夫の事がまだ好きなんです。だけど何度も浮気を繰り返す元夫は、もうかわらないと周りから離婚を進められ、私ももうこれ以上は限界だと感じたので、離婚届けにサインをしました。
 
元夫は今浮気相手とラブラブなのかなと想像すると、すごく苦しくて、嫉妬と怒りで、おかしくなりそうです。こんな気持ちに支配されている間は、私は幸せにはなれませんよね。親からはもう元夫の事は考えずに、自分が幸せになれることだけを考えなさいと言われています。本当にその通りだと思いますが、なかなか難しいですね。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 早く離婚して心身ともに健康になりたいです

 

今朝体重をはかってみると、半年前に比べて10キロも痩せていました。ちょうど半年くらい前から、夫とのケンカがひどくなり、あんまり食欲もなくなり、不眠気味になり、心身ともに不調が続いていましたが、まさかこんなに痩せているとは思いませんでした。
 
半年のうちで風邪を何度もひきましたし、この生活を続けていく限り、私は絶対に幸せになれないと思ったので、離婚することを決意しました。夫は何も知らずに、今夜も会社の人と浮気をしていると思います。もう悲しい気持ちも、怒りも、何もありません。
 
早く夫と別れて、自分の体と心を健康にしたいと願うばかりです。浮気をしている証拠をなんとかつかんで、慰謝料をもらって離婚したいと思いますが、まだまだ道のりは長そうですね。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 不倫離婚だけはしたくないと思っているけれど

 

まだ婚姻関係にあるうちに、恋人をつくって、その恋に燃え上がって離婚する、いわゆる不倫離婚だけは絶対にしたくないと思っています。けれども、離婚をおこなうパワーは、恋愛でもしなければわいてこないのかも知れませんね。
 
「離婚してスッキリ!」といった顔をしている人のなかには、不倫離婚が少なくはありませんからね。離婚は確かにダメージが大きいですけれど、しかし支えてくれる人がいるからこそ、もしかしたら乗り切れるのかも知れませんね。
 
そう考えて行くと、前向き離婚をするには、不倫離婚もあり?なんて、考えも浮かんでしまうのですが、けれども多くの人の倫理観に反するような離婚は、絶対に正しくはないのでしょうから、しませんけれど。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 離婚してしまった彼はどうなったか

 

私は中学の時に凄く好きな人がいました。でもそのころはずっと片思いをしていました。でも中学の卒業式の日に自分の気持ちを書いた手紙を渡すことができたのでした。
 
高校生になって彼から手紙がきてデートするようになりましたが、そのプラトニックな恋は2年で終わりました。私は高校をでてOLになって友人の友人と結婚しましたが、結婚生活はうまくいってなくて彼に電話で相談するようになっていきました。彼と付き合うようになって、彼の奥さんにばれてしまったのでした。
 
彼の奥さんは「離婚したい」と言ってきたので、すぐに彼は離婚してしまったのでした。でもその後は私も彼と会わなくなってしまったので、現在どうなってしまったのかわかりません。
 

離婚の体験談 - その9


 離婚しても夫は未練たらたらです

 

離婚したのに、もう他人なのに夫はいまだに未練があるみたいです。何度も電話をしてきます。何度も家にまでやってくるのです。 私の中ではもう終わっているのです。一回離婚したのに、元には戻る事はありません。それなのに、夫は何を期待しているのでしょう。私はそんな夫にうんざりしているのです。
 
そんなにも未練があるのなら、どうしてあんなにも簡単に離婚届に署名をしたのでしょう。「離婚して下さい」と言った時、何も言わずうなずいてくれたのです。あれは何だったのでしょう。
 
未練たらたらの夫を見たくはありません。ちゃんと自分の足で、新しい人生を歩んでほしいのです。そんな人になってほしいのです。 でも毎日未練のある夫を見せられてうんざりなのです。
 

離婚の体験談 - その10


 離婚してもいいのかと聞かれた

 

私には、30歳から43歳まで付き合ってきた彼がいました。彼とは高校生の時に付き合っていた彼でした。
 
彼とは高校生の時に2年ほど、プラトニックな恋をしていました。 そのころは、私はまだ心は幼いままでしたので、彼の要求にこたえることができなかったので離れてしまったのでした。
 
でも彼とは30歳の時に高校の同窓会で再会してから、又付き合うようになっていきました。
 
彼は、「君が不倫してることがばれたら、離婚になるかもよ。それでもいいのか」と何度も聞かれました。 でもそれでもいいと思って、長いこと彼と付き合ってしまいました。 私は旦那とはうまくいっていなくて、彼に癒しを求めてしまっていたのでした。
 
現在は離婚はしていませんが、考えるのは彼のことばかりです。
 

離婚の体験談 - その11


 姉の浮気を見てしまいました

 

姉は二か月前に結婚しました。でも旦那さんはとても忙しくて、姉はいつも寂しい思いをしていたのです。まだ新婚なのに、いつも実家でご飯を食べていたのです。
 
そんな姉を見かけました。姉が以前付き合っていた人と、食事をしていたのです。その後、ホテルへ入っていきました。私はまさかと気になって、尾行をしてしまったのです。
 
きっと浮気だと思いました。だから私は姉に会うと、とても気まずくなってしまうのです。姉の顔をまともに見れないのです。 旦那さんがかわいそうなのです。その旦那さんは私の家庭教師をしてくれていた人なのです。私も好きだったのです。でも姉に取られてしまったようなものです。
 
だから私は姉の事を許せません。だったら私に渡してほしいのです。
 

離婚の体験談 - その12


 友だちからの離婚の相談。

 

最近「離婚を考えてる」って話を、女友だち3人から聞いてしまいました。 みんな20代で結婚して数年、そろそろそういう話が出やすい年齢なんでしょうか?
 
悩みはそれぞれ違うんですけれど、3人とも口を揃えて言うのが「でも、子供がいるから迷う」ってことです。 確かに子供がいると、離婚をためらってしまうことは多そうですよね。
 
特に専業主婦の友だちの場合、下の子がまだ小さいので、すぐに働ける環境に無いことも離婚をためらう理由となっているようです。 「待機児童」の問題はよくニュースにもなってますが、彼女の住んでる地域も保育園に入れない子がとても多い様子。 現在働いてる女性でも保育園を使えないケースが多々あるそうで、現在が専業主婦だと、状況はより厳しいのだとか。
 
こういう時にうまいアドバイスが言えればいいんですけど、毎度話を聞くことしかできず…。 せめて愚痴を聞くことで、少しは心が晴れてくれるといいんですけどね。
 

離婚の体験談 - その13


 離婚ってこんなにも孤独なのです

 

私は離婚をして初めて思いました。離婚ってこんなにも孤独で寂しいものだったのです。
 
夫とは五年間の結婚の末、二か月前に離婚をしました。子供もいなくて、とても簡単に別れる事ができたのです。
 
でも私は今になって、一人の孤独さを痛切に感じているのです。子供のいない夫婦だけの家庭は、とても寂しいものです。でも夫がいなくなったら、もっと寂しくなったのです。 夫の大きさが、今になって初めて分かったのです。
 
でも夫は今、どういう気持ちで生活をしているのでしょうか。夫もそう思ってくれているでしょうか。 私は今一人になって、これからの生活を考えています。離婚なんて寂しい思いはしたくないので、再婚は慎重に考えていこうと思っているのです。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚します!教育資金をパチンコ代にした夫

 

子どものために貯めていたお金を、夫がパチンコをするのに使っていることがわかりました・・・。
 
もう離婚しかないと覚悟をしています。
 
何度も貯金を使ってパチンコをする夫、もうだめだなと今回思いました。
 
まだ愛情があったころは良かったのですが、もう愛情がすっかりなくなってしまいましたし、この先を考えると頭が痛いです。
 
もうこの夫の幸せな未来を考えることができないんです。
 
パチンコしないとストレス発散できないんだと逆切れする夫とは、もう離婚します。
 
子どもたちも私についてくると思いますし、もうこんな人はいらないと思いました。
 
夫も離婚するならしてもいいって言っていますので、離婚します。
 
愛し合って結婚したのに悲しいですが、決断します。
 

離婚の体験談 - その15


 円満な離婚をするためにできること

 

相手の顔を見るのも嫌な時期はあります。時期が経てば、気持ちも落ち着いて、正面から相手の顔も見れるかもしれません。
 
しかし、いくら時が過ぎても、相手の顔を真正面から見るのが辛いなら、そろそろ離婚を考えてもいいかもしれません。
 
相手の顔も見るのが嫌なのはストレスになります。長年のストレスが原因で、将来何かしら体に変調をきたすかもしれません。
 
それならいっそ、離婚してもいいかもしれません。
 
しかし、相手にとっては青天の霹靂でしょう。いきなり離婚を切り出されたら、断られるに決まっています。
 
ここは、外堀を徐々に埋めておく必要があります。やり方はそれぞれです。離婚したいなら、方法を考えておきましょう。
 
相手も納得の上での離婚でないと円満離婚でなくなります。その点注意が必要です。
 

Image courtesy of David Castillo Dominici / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ