不倫(浮気)の調査とは?


 尾行して相手の浮気を突き止める!

 

妙に休日出勤やサービス残業が増えた時、浮気の可能性が強まりますよね。普段休日には仕事が入らない筈なのに突然仕事と称して出掛けたり、しかも連絡が携帯電話に入るようなら要注意かも知れません。残業がほとんどない仕事の筈なのに、明らかに帰宅時間が遅くなっている場合も浮気している可能性大です。
 
万が一パートナーに浮気疑惑が浮上したら、ご自身で尾行して真実を確かめると言うのも選択肢の1つです。もちろん興信所でも尾行は100%成功するとは限らないようです。ましてや素人の尾行はばれる可能性も高い筈ですが、プロにお願いするとお金もかかるのでできる範囲で自分で尾行する方も少なくありません。
 
参考までに尾行のテクニックをご紹介したいと思いますが、もしパートナーが電車移動する時、自分の立ち位置は斜め後ろではなく真横にするのがポイントです。目の前にいる人物や斜め前、斜め後ろの人物は目に入りやすいものですが、真横の人間をまじまじと見ることはありません。また、尾行時は服装も普段とはがらりと変えましょう。
 
いつも着ている洋服だと、相手に勘付かれてしまう恐れがあります。新しい服で変装したり、長年パートナーの前で着ていない洋服で正体を隠します。ちなみに、もし尾行当日パートナーが車を使ってしまうと追いかけるのは至難の業です。
 
興信所などプロの方は車やバイク何台か使うことができますが、自分一人で車1台で追うとなるとそう簡単ではありません。強引な尾行は相手にも気づかれやすく、証拠集めの為の尾行だったのに相手に警戒されハードルが余計上がってしまう恐れがあります。尾行は程々に頑張りましょう。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)の調査とは?


 浮気調査の必要性

 

考えたくない事態ではありますが、万が一パートナーの浮気疑惑が確信に変わった時、後々の為にも客観的な証拠を集める必要があります。どんなに疑いが濃厚でも、証拠がなければ誤魔化されてしまう可能性が強いからです。もちろん、素人がいくら頑張ってもそう上手く証拠が集められるとは限りません。
 
パートナーと浮気相手に気づかれないよう写真を撮るのは至難の業ですし、誰と浮気しているのか相手の情報を得るのも簡単ではありません。もしパートナーの浮気の証拠を準備する必要があるなら、浮気調査のプロである探偵や興信所にお願いしましょう。もちろんお金はかかりますが、本格的な浮気調査を行なってくれるので費用を支払う価値はある筈です。
 
自分でも相手の携帯電話を盗み見て浮気相手を絞り込んだり、相手の名前や番号情報を得るぐらいは可能かも知れません。けれど名前と電話番号だけで住所まで突き止めるのは素人仕事では無理ですし、ニックネームで登録してあった場合本名を探るのも難しいですよね。
 
いきなり電話をかけてしまう方も少なくないようですが、ほとんどの場合はぐらかされてしまいますし、相手にも警戒されて余計証拠を掴みにくくなります。優秀な探偵社なら、携帯電話の番号だけで住所氏名を探り当てることができるようですし、相手にばれないよう尾行して情報を集めてくれます。
 
ドラマではよく素人が尾行に成功していますが、現実的にはほぼ不可能と断言できる程尾行は簡単ではありません。探偵社や興信所では、車やバイクを何台も使い、スタッフも数人集めて抜かりなく調査を進めます。
 
たかが浮気で探偵社を利用する、と驚く方もいらっしゃるようですが、最近は夫婦ではなく恋人の浮気問題でもプロに浮気調査をお願いするケースが増えています。浮気している可能性が高い日を限定して浮気調査を依頼すれば、費用を予算内で済ませることも可能です。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)の調査とは?


 浮気調査の為の探偵社選び

 

もし探偵社に浮気調査を依頼する予定なら、会社選びは慎重に行いましょう。探偵社を何度も利用する、なんて状況にいる方はほとんどいませんから、大抵の場合近所の会社を選んだりチラシを見てそのまま電話してしまうケースが多いようです。
 
けれど探偵社のクオリティはかなりピンキリが激しく、きちんと仕事してくれる会社に依頼しないと肝心な浮気調査も満足できる結果を得られません。良さそうな探偵会社を見つけたら、直接足を運び会社の雰囲気や契約条件を確認しましょう。一番重要なのはお金の条件です。
 
一般的な探偵会社なら料金や内容別に複数プランから依頼内容を選べる筈ですし、無料相談サービスを利用できる会社なら安心ですよね。細かい部分まで条件を確認した上で、依頼するかどうか決定することが大切です。探偵会社によってはプランの費用以外にも、オプション料金や延長料など諸々の追加費用が発生する可能性があります。
 
追加料金に関しても、どういった場合にどれぐらいのお金が発生する可能性があるのか、しっかり説明してくれる会社なら信用できそうです。話が曖昧で都合が悪いことはほとんど説明してくれないような会社なら、後から法外な金額を要求される恐れもあります。
 
また、費用が安くても浮気調査が下手なら仕方ありません。浮気調査の実績も確かめておく必要があります。同じ探偵会社でも、どの分野のお仕事が得意なのかはそれぞれ違います。更に確実に浮気調査の結果を出して貰う為にも、在籍スタッフの人数やクオリティが十分かどうかも確認しておきたいポイントです。事務所で無料相談を受けている時に、信用に値する人物が揃っているかどうか、怪しいところはないかどうか冷静に見極めましょう。

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 離婚相談が来て、うれしいと思う弁護士はかなり少ない!
 
離婚について相談しようとする場合、まずはじめに弁護士を思い浮かべる人が多いと思いますが、弁護士からすると「離婚」というのは儲かりません。他の案件の方がよほど儲かるのが現状です。よって離婚相談が来て、うれしいと思う弁護士は非常に少ないです。離婚問題専門の弁護士が少ないのもそういった事情があるからです。

離婚の体験談 - その1


 熟年離婚をするときに見落としがちなこと

 

離婚したい人が増えているようです。特に40代後半から50代の妻の中には、かなりの割合で離婚願望を持っている人がいます。子育てが一段落して、ふとこの先の人生を考え、残された時間をどうすごそうかと考えたとき、「ずっとこの人と一緒はいや!」と思うのでしょうか。
 
このような熟年離婚のとき、まず考えるのは、お金のことですね。近頃は子供が大きくなったら、仕事をする人が多いので、収入が全くないことはないですし、貯金もそれなりにあるでしょう。離婚が成立すれば、財産分与もあるので、ある程度の生活は確保できます。
 
ただもうひとつ大切なことを忘れている人が多いです。離婚したい人は、やはり夫に不満があるでしょう。そんな夫だから、子供も夫を嫌っているに違いない、子供は私の味方よ、とか思っていませんか?
 
でも子供って意外とお母さんだけの味方にはなってくれないものですよ。成人している子供だったら、どちらにも味方しないことのほうが多いんです。たとえ夫が不倫していようが、暴力を振るっていようが、お父さんは一人です。
 
夫婦の問題は、自分には関係ない、離婚しても父母と均等に接していきたいと思うほうが、普通です。そのほうが健全なのです。でも母親としては、おなかを痛めて産んだ子は、いつまでも自分の味方と思ってしまうんですね。で、子供が味方してくれないと、「この裏切り者~!」と思ってしまうんです。
 
離婚を決意するときは、子供を頼りにしないこと。それが重要です。
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その2


 離婚をする人はたくさんいます

 

離婚をする人って周りでも結構います。若くして離婚する人もいれば、熟年離婚をする人もいますよね。離婚の時期は人それぞれですし、離婚をして再婚をしている人も結構います。
 
一度は愛し合って結婚までしたのに、離婚をすることになってしまうなんて、やはり他人と他人が一緒になるということは難しいことなのかなぁと感じてしまいます。長い結婚生活の間に、夫婦の間にはいろんな問題も出てくると思います。私は旦那とは出来れば問題が出てきても乗り越えたいなぁと思っています。
 
ですが、乗り越えられない問題が出て来てしまったときはやはり離婚にたどり着くのかなぁと思いました。それがいい結果になるのならば、離婚も一つの選択肢になりますね。離婚をする場合は、よく夫婦で話し合う時間も必要だなぁと感じます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その3


 離婚は泥沼になるしかない?

 

永遠の愛を誓って結婚した時の気持ちはどこに行ったのか?離婚ともなればかつての愛情はどこ吹く風で夫婦間で骨肉の争いが展開されると言うケースをよく耳にします。離婚に至る事情は人それぞれですが、よく聞く話では旦那が浮気していた、女房が職場の男と出来ていた、あるいは最悪のケースでは間男の子供を産んでおきながら何食わぬ顔をして旦那の子供として育ててきたと言う物まであります。
 
私は男性なのですが、最後の自分の子供と思っていたら他の男の子供だったと言うのには他人事ながらぞっとするものを感じざるを得ません。まあ、こんな事情があれば離婚は泥沼になって当たり前、むしろならない方が異常事態です。
 
そう言えば、かつて放送された「金曜日の妻たちへ」と言うドラマで人妻の間に不倫ブームなる物が発生したと言うのを聞いた事があります。最近では「最高の離婚」なるドラマが放送されましたが、上記のドロドロ事情を考えれば離婚ブームなるものは出てきそうにありませんね。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その4


 ママ友の離婚話

 

最近息子の幼稚園で仲良くなったママ友ですが、なかなか話す機会が無く、いつも兄弟がお迎えに付き添いできていてにぎやかだな、と思っていました。そこでランチに誘い、よくよく話を聞いてみると、なんとママ友の子供は6人とのこと。
 
このご時世に立派です。しかも長男さんは19歳ということで、末っ子との年の差18歳。すごいなと思って色々質問してみると、上の子供達3人いたが、元ご主人の浮気癖が原因で離婚したそうです。自分で引き取って、パート収入で極貧生活をおくっていたママ友。
 
そして、パート先で出会った10歳年下のご主人を捕まえ、再婚して生まれた子供達3人。専業主婦生活を満喫して。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その5


 浮気が原因の離婚についての考察

 

離婚の代表的な理由に浮気があります。旦那が浮気をするパターンが主流だと思われますが女性の浮気も結構有ります。結婚をしている女性は人妻、熟女として男性に人気がありますし、パートなどで外に出ていると男性に声を掛けられることも多く、生涯を旦那の世話だけをして過ごすのは勿体無いと思った女性が浮気に至ります。
 
女性がしたとはいえ浮気は浮気、離婚の際に賠償金を要求されます。できれば離婚は経験をしたくありません。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その6


 再婚することを友人に報告しました

 

再婚することになったので、友人にそのことを報告すると、友人は心から喜んでくれたので、良かったです。私が2年前に夫の浮気が原因で離婚した時に、精神的にも身体的にもボロボロの状態だったのですが、この友人が一生懸命励ましてくれて、一緒に泣いたり怒ったり喜んだり、とても支えてくれました。
 
だから友人を安心させることができて、良かったです。これからは再婚相手と幸せな家庭を築いて、笑顔で暮らしたいと思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 何度も浮気を繰り返す単純夫に離婚話を・・

 

とても単純な夫なので今回もすぐに浮気していることがわかり、もう許せないから離婚しますと伝えました。
 
すると夫は私に土下座をして、離婚だけはしないでください、なんでも言うことを聞くからと涙を流して謝ってきました。
 
普通なら許すかもしれませんが、前回も同じような感じで泣いて謝ってきたのに浮気をしたので、もう無理です。
 
一度信頼をなくしたら、取り戻すのに大変なんだよと言うと、夫は何年かかっても信頼してもらえるように頑張りますと言っていました。
 
私も甘いかもしれませんが、子供がいるので、もう一度だけ信じようかなと思い始めてきています。
 
しかしやっぱり離婚したい、もう傷つきたくないと思っている自分もいて、心の中は複雑です。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その8


 離婚を考え始めています

 

かつて私は独身時代に不倫をしていました。彼は出会った時から妻子ある身分で、最初は私が若かったせいもあってこのままの関係で良いと思っていたんです。
 
しかしだんだんと辛い状況になってしまい、その後は3年ほどその関係が続きました。タイミング良く私に結婚相手が見つかり、その恋愛関係は終止符が打たれたのですが、なんと結婚した5年後に偶然再び彼と出会ってしまったんです。彼は今現在は奥様と離婚して、独身だそうです。
 
私達はすぐに昔のような関係になり、今度は彼が独身で私が既婚という状態になっています。私にはまだ子供がいないということもあり、このまま夫と一緒にいるのではなく、また彼と一緒にいたいという気持ちが強くなってきてしまったんです。
 
このままの状態が続くのであれば本格的に離婚を考えなければいけないな、と思っています。
 

離婚の体験談 - その9


 突き付けられた離婚という文字

 

私は離婚という文字が嫌いです。きっとそのうち、夫に離婚を突き付けられると思っていたのです。でもこんなにも早いと思っていませんでした。
 
たったの二年間で、夫から離婚を突き付けられたのです。私は夫の元から去っていかないといけません。自分のものを持って、二年前に住んでいた家に戻ります。両親はきっと快く受け入れてくれるでしょう。私は寂しい想いをしなくてもいいのです。
 
でも彼がいない生活には耐えられそうにもありません。私は大好きなままなのですから。だから夫とまだずっと一緒にいたいという気持ちはあるのです。
 
でも夫は冷めてしまっているので、考えても無駄でしょう。これからは独身に戻って、新たな生活をしていきたいのです。
 

離婚の体験談 - その10


 子供のために離婚するべきか、否か

 

よく、子連れで離婚し、再婚するというケースがあります。その場合、元の相手との間に生まれた子供の気持ちはどうなるのだろうと思うのです。
 
ずっとそれまでも、これからも、その子にとってはそれまでの両親が親でしかないのです。再婚しても、新しい奥さん、新しい旦那さんは、お母さんやお父さんにはなれないのです。
 
まれに、本当の親のように接してくれる方もいるでしょう。けれど、ほとんどはやはり他人なのです。他人を我が子と同じように愛することはできません。
 
そうなると、子供を産んだ以上、やはりその両親で育てていくのが一番良い方法だと思います。両親が喧嘩ばかりで毎日のように言い合いをしているのなら、それはそれで子供に悪影響なのですが。
 
一度は大好きで結婚した相手なのに、なぜ大嫌いになってしまうときが来てしまうのか。難しい問題です。
 

離婚の体験談 - その11


 ネットで知り合った人と浮気した

 

私はジュエリーが好きで自分が過去に買った指輪やネックレスやピアスなどのジュエリーをブログで紹介してきました。
 
ツイッターもやっていまして、そのブログにリンクしていたのでした。
 
自分の誕生日に「今日は私の誕生日なんですよ。」と書いたのでしたが返信がありました。
 
「実は僕も今日が誕生日なんですよ。偶然ですね」と書かれていましたので本当かなと思ってしまったのでした。
 
でもその人のサイトがリンクしてあったので行ってみたらジュエリー職人さんだったのでした。
 
そのサイトに電話してツイッターのことを話しているうちに、好きなジュエリーのことで話が盛り上がってしまって
 
その人の工房に行くことになりました。指輪のサイズ直しをお願いしようと思って工房に行ったのでした。
 
その人とはそれからは外で会うようになりましたがネットで知り合った人と浮気するとは夢にも思っていませんでした。
 

離婚の体験談 - その12


 夫の浮気が原因で離婚し親権を取り実家で暮らしています

 

2か月前に離婚をしました、離婚原因は夫の浮気です。 夫は2年前から同じ会社の後輩女性社員と浮気をしていたようで、怪しいなと思って興信所に調査を依頼した所発覚したんですよね。 そこからは夫、私、相手の女性とそれぞれの両親を交えて話し合いをしたのですが、子供もいるのにそんなに前から浮気していた夫がどうしても許せず、すっぱり離婚する事にしました。
 
子供はまだ4歳ですがお父さんとお母さんのどちらと一緒に暮らしたいか聞いた所、嬉しい事に私を選んでくれたので、私が親権を取りました。 夫と相手の女性からは慰謝料を貰い、子供が成人するまでの養育費も貰える事になったので、これからの生活はしばらく切り詰めればやっていけそうです。
 
家は今まで夫名義の一軒家で暮らしていましたがどうしてもそこで暮らす気にはなれなかったので、私の実家に帰り両親と共に暮らしています。 子供はまだ離婚というものがどういう事かは解っていないのですが、私両親にとても懐いていますしまだ小学校へ入る前だったのでタイミング的にも良かったかなと思います。
 

離婚の体験談 - その13


 元夫が離婚をしていました

 

三年前に別れた元夫が、浮気相手と再婚をしたと噂で聞いていたのです。その時、私はとてもとても悔しかったのです。不幸になればいいのに、とずっと思っていました。 その元夫が離婚した事を、私はまた噂で聞いたのです。事実を確かめるために電話をしてみたのです。するとやはり事実でした。またの浮気で、離婚届を突きつけられていたのです。 本当に懲りない人だなと思いました。私もさっさと別れて正解でした。
 
不幸になればいいと思っていましたが、元夫にとってそれが吹こうかどうかわからなくなってきたのです。
 
一人になっていろんな女性と付き合ったほうが、元夫には幸せな事なのかもしれません。私はいまだに一人です。出会いもなくて、ある意味元夫が羨ましくも思えるのです。
 

離婚の体験談 - その14


 彼を離婚に追い込んでしまった

 

私には、高校生の時に好きで付き合っていた彼がいました。彼の優しい性格と顔が好きでした。
 
でも高校3年生になる前に、彼の言葉を誤解して会えなくなってしまったのでした。
 
でも高校を卒業してOLになって、他の男性と結婚しましたがうまくいきませんでした。
 
結婚相手は凄く横暴な性格だったので、彼に相談するようになって再会して付き合うようになりました。
 
私は隠れて付き合うのに必死でしたが、彼は「自分は離婚しないけど君とも付き合っていい」と 言ってくれていましたので、うれしかったのでした。
 
10年間付き合って、彼が奥さんだけのものになってしまって苛立ちを感じてしまって、 彼の奥さんに電話して浮気してたことをほのめかしてしまったのでした。
 
彼はそのことで奥さんに問い詰められて、離婚してしまったのでした。
 

離婚の体験談 - その15


 離婚してからを考える

 

普段離婚を考えていらっしゃる方の原因は何でしょうか。どっちかの浮気や性格の違い、暴力などさまざまな原因があると思いますが、そのつらい生活を終わらしたいとの希望で離婚を考え始める方もいらっしゃると思います。
 
そのときには今のつらい状況から脱することばかり考えがちですが、離婚後どのように生きていくかを考える必要があります。子供がいるのであればどのように育てていくか子供が大人になるまで傷つけないように育てるための精神的、金銭的な解決策を十分考える必要があります。
 
そして離婚後の生活をより幸せに、豊かにするための仕事や住む場所などを詳しく計画的にまとめることが必要です。自分ひとりの人生であれば問題になりませんが、子供の未来も考える必要があるでしょう。
 

Image courtesy of Theeradech Sanin / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ