不倫(浮気)による離婚の慰謝料とは?


 浮気した配偶者に慰謝料請求!

 

自分と婚姻関係を結んでいるのにも関わらず、配偶者が浮気・・・と言う最悪の事態に陥った場合慰謝料を請求しましょう。法律上慰謝料を請求できる基準として、不貞行為の有無が重要な要素になります。結婚しているのに配偶者以外の異性と身体の関係を結んでしまうと、法的にも不貞行為とみなされます。
 
ちなみに、不貞行為が発覚すればもし離婚しない場合でも慰謝料を請求することが可能です。もちろん離婚しないで慰謝料だけ請求する場合は、離婚する場合よりも貰える金額が少なくなります。また、慰謝料を請求できる相手は不貞行為を行った配偶者だけではなく、配偶者の不倫相手も含まれます。
 
客観的な証拠がなくても慰謝料は請求可能ですが、もし配偶者が浮気の事実を認めないようならやはり証拠を突きつける必要があります。慰謝料を請求する時はいきなり裁判を起こすのではなく、まずは内容証明を送ることになります。内容証明を送って相手がすんなり支払ってくれれば、お金がかかる裁判沙汰に発展することもありません。
 
内容証明の段階で話を済ませる場合も、やはり証拠は欠かせません。相手も証拠があれば裁判でも不利になるのが分かっていますから、素直に応じるしかありません。こじれて裁判になった時も、とにかく証拠があれば不利になることはありません。
 
慰謝料の金額は証拠次第で跳ね上がる可能性がありますし、離婚を決意した場合は計画的に準備することが大切です。慰謝料の額が少なければ離婚後、経済的にも心配ですからまずは証拠集めから着手しましょう。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)による離婚の慰謝料とは?


 自分の浮気行為に慰謝料を請求されてしまった!

 

相手に浮気された場合も悲惨ですが、自分の浮気が原因で浮気相手の配偶者から慰謝料を請求されてしまうケースも大変です。結婚している相手と浮気する方が悪い、と言う正論はともかく、慰謝料問題となるとおおごとです。パニックになってしまう気持ちも分かりますが、とにかく冷静になりましょう。
 
かっとなって相手の家に怒鳴りこみにいったり、嫌がらせの電話をかけるような行動は禁物です。通常慰謝料は内容証明郵便と言う形で配達されるケースが大半です。まずは差出人をチェックしましょう。もし浮気相手の配偶者の名前ではなく、弁護士や行政書士の名前で送られてきているなら、相手も法律上の手段を踏んでいることが分かります。
 
厄介なのは書類を自分で作り、法的な対応ではなく感情的になって家や職場にまで取り立てに来るケースです。もちろん浮気と言う行為自体責められるべきことなので仕方ない面もありますが、暴走している相手に生活を壊されないよう自分でも弁護士や行政書士に依頼して対策を練りましょう。
 
また、既婚者と不倫関係に陥ったとしても法的に自分には慰謝料を支払う義務があるのかどうか、確かめる作業も重要です。もし離婚前提に既に別居生活を送っていた既婚者と不倫した場合、事情がまた違ってきます。それにそもそも既婚者と言うことを知らずに恋愛関係に陥った場合も、慰謝料を請求される立場ではありません。
 
強引に身体を奪われた場合も慰謝料を支払う必要はありませんし、自分には慰謝料を支払う必要がない、と言うことを相手に納得して貰いましょう。配偶者も誤解している可能性がありますし、内容証明が送られてきた以上放置せず法律の専門家に相談しきちんと対処しましょう。もし慰謝料を支払うことになっても、法外に高い金額を請求されていないかどうか、きちんと確かめる必要があります。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)による離婚の慰謝料とは?


 浮気の慰謝料の相場金額

 

出来心の浮気でも、既婚者の不貞行為が判明すれば慰謝料を請求されてしまいます。浮気された側には慰謝料を請求する権利が与えられますが、今回は浮気の慰謝料の相場金額について考えてみたいと思います。結論から申し上げれば、慰謝料の金額は個人差が激しいようです。
 
慰謝料を請求する相手の年収にもよりますが、浮気された側の心のダメージも参考材料になります。一般的には安ければ50万円、高ければ300万円ぐらいの慰謝料を請求するケースが多いようです。また、浮気によって慰謝料を請求する場合、離婚前提なら100万円から300万円と慰謝料が高くなる傾向にありますが、慰謝料は貰うけれど婚姻関係は持続する、と言うことであれば50万円-150万円程度の金額に収まるようです。
 
慰謝料の金額は様々な要素を総合的に判断して決定されますが、不倫に対する積極性もチェックされます。慰謝料は配偶者だけではなく、不倫相手にも請求可能ですが、不倫相手が配偶者に熱心に口説かれる形で不貞行為に至った場合、浮気相手に高額の慰謝料を請求することは難しいでしょう。
 
一般的には浮気の当事者となった配偶者とその相手からお金を貰うことができますが、状況次第ではどちらか片方にしか請求が認められないことも。更に最近流行っているダブル不倫の場合も、慰謝料問題が複雑になります。
 
ダブル不倫でも慰謝料の請求は可能ですが、お互いがお互いのパートナーに慰謝料を請求する厄介な事態になる可能性大です。慰謝料の金額は話し合いの影響で変わる可能性もありますが、もし自分が浮気された側ならいくら泣きつかれても正当な金額を貰いたいものです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 養育費をなしにすることはほぼ不可能!
 
普通の経済状態であれば、未成年の子供がいる状態で離婚すれば、養育費をなしにすることはできません。例外として、子供を養育する側が養育費なしを認めた場合は可能ですが、よほどのことがない限り認めないでしょう。

離婚の体験談 - その1


 離婚は遺伝するのでしょうか!?

 

友達にも離婚を経験している人が結構いたりします。その友達の両親もまたどちらかが離婚されていることが多かったりもします。一概には言えませんが、やはり親子は似ているところも多々あるので離婚を決意するという面でもやはり似ていたり遺伝していたりすることがあるのでしょうか!?
 
どれだけ喧嘩をしていても、悩んでいる人でも両親が離婚をしていない家庭で育った人は結構我慢していたりすることもあるような気が周りを見ているとするのです。
 
まぁ、本人の問題なので特定はできませんが。
 
私の中で離婚を決意するだろうと想像している点が数点あったりします。それは、お酒などを飲んだり、飲まなくても暴力をふるう夫、借金を繰り返す夫、職を転々とする夫、家に女性を連れ込むなど目をつぶれない程の浮気をする夫です。
 
これ以外はすべて時間が解決してくれたりすると思うので、じっと我慢をして良いときがくるのを待とうかな~なんて気長に思う私です。離婚は一時的にはすっきり解決するように見えますが、一生添え遂げる達成感は味わえなくなってしまうので、違和感を感じてから10年くらいは様子を見たとしても即決はすべきではないと思うのです。
 
しかし、暴力をふるうなどの上記記載のような夫だと結婚生活を続けるのもまた難しい問題でもあるので離婚を選択するのも一つの人生の選択肢だと感えます。自分が離婚したから自分の子供たちも離婚を選んでしまうような、そんな遺伝だけはしてほしくないなと個人的に思うのです。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その2


 私が離婚をしたいなと感じた時

 

こんにちは。私は50歳になる自営業の女性です。私は結婚して26年になります。私は、新潟に住んでいます。家の親が写真館を経営していました。親が、体調不良になったことをきっかけに、双子の子供をつれて6年間住んでいた東京から実家にある新潟に越してきました。
 
旦那は、東京で仕事があるので、いったり来たりの生活です。それも、私たち夫婦で話し合って決めたことです。夫婦なのに、そんな風に離れて暮らしていいのかとか。周りの友人に言われたりしましたが。
 
でも、旦那の温厚な人柄とお互いを尊重する気持ちがあったので、別居という形をとりました。子供たちも、新潟の学校に通わせながら私は自分の親の面倒も見ています。旦那は、月に1度のペースで新潟に来てくれています。
 
旦那はベンツのワゴンに乗っています。そんな風にこの前もベンツで新潟の家に来ました。翌日、そのベンツに乗り近くのレストランに行きました。すると、その座席からパールのピアスが出てきました。
 
これどう意味なのと、旦那に問い詰めました。旦那は、東京で彼女がいるとあっさり認めました。それも5年も付き合ってるとのことでした。私の中で、旦那に対する信用がなくなりました。離婚したいなと感じました。離婚してもあまり変わりがないような気がしたからです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その3


 離婚するつもりで結婚はしていないのだ

 

日本ではほぼ毎日どこかで離婚しているらしい。この前仕事の関係で取引先の息子の結婚式に呼ばれて行ってきました。晩婚ということでご両家満面の笑み。新郎も、あんな顔するんだというぐらいにこにこしていました。
 
その席に一緒に座っていたのが、今年離婚してしまった友人A。Aが結婚した時もまさか離婚するとは思わなかったなぁ。理由は夫の浮気。浮気が絶対に許せないという人は少なくないはず。気を付けないといけないね。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その4


 旦那の浮気が原因の離婚

 

最近離婚をした夫婦がいます。原因は旦那さんの浮気が原因です。仕事の帰りが遅くなったり休みの日も出かけるようになったので怪しいと思いスマホを見たそうです。女の人とのやり取りであろうメールがたくさん出てきた。
 
スマホを観てしまったことは誤り、浮気しているでしょと問い詰めた所白状したそうです。そのまま離婚という結果になったようです。今は大変そうだけど楽しく暮らしているのでその結果でも良かったと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その5


 離婚成立

 

私はもう小学生2年生になる子供がいる。玉の輿で結婚したがすぐ一年後に私は子供を授かった。もちろんその時は夫も喜んで育児を手伝ってくれ楽しい家族生活だった。私は子供と二人の時間が多くなった。
 
頑張って働いている夫は帰りが遅くなり私は夫が浮気している事が分かり離婚発覚したのいですぐ裁判を起こしたが中々親権問題で夫と離婚する事が出来なかった。
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その6


 浮気ばかりするものですから

 

私の主人はかなり女好きです。女の私が言うのも何ですが、なぜあんな女に惹かれるのというほどの女好きです。最初は女扱いの上手い人だなと思っていましたが、堪忍袋の緒が切れました。
 
離婚届に判を押さないので裁判所で調停中です。子供たちも私の側についていてくれます。子育てなど経済的に大変ですが、実家に帰って家業を手伝いながら生活したいと思います。主人は先月から女のマンションに入り浸りです。もう許せません。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 ありきたりな元カレとの不倫

 

私は同窓会で再会した、元カレと以前不倫関係にありました。
 
元カレは今の彼女と倦怠期ですこしダレた関係が続いていたので、生活に刺激が欲しかったようです。 私のほうは主人が女好きで、定期的に女の子とメールしたり、飲みに行ったりすることが許せなくて、私も遊んでやろうという気持ちがありました。
 
元カレとは付き合っていた人の中でも、体の相性がよかったのでそういったこともあって、つい同窓会の後ホテルに行ってしまったのだと思います。 数年ぶりにする元カレとのセックスは主人とのものとは違う高揚感があって、私は快感の中もっとしたいと思ってしまいました。
 
元カレのほうも私との体の相性を再確認したらしく、二人ともそれが当たり前の事のように、次に会う約束をしていました。 その後一年ほど関係は続きましたが、元カレが結婚を決めたことで関係を解消しました
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その8


 離婚したいといいながら離婚しない知人

 

私は3年ほど前に、近所の会社でパートの仕事をやっていましたが、体調が悪くなってその仕事を辞めてしまったのでした。
 
その仕事を辞めてから、近所の公園にウォーキングに行くようになりました。その公園で知り合った年上の犬を連れた女性と仲良くなりました。気さくな感じでしたんで、旦那さんともうまく行っている感じがしました。でも旦那さんは、アルコール依存症だとのことで、「離婚したい」と毎回言っていました。
 
でも離婚すると扶養から外れるのが困るとかで、離婚できないといっていました。結局は、半年ほどたって彼女は近所のアパートに1人で引越ししました。でも離婚はしないといっていました。扶養から外れるのが嫌だからそうです。
 

離婚の体験談 - その9


 奥さんにバレてしまいました

 

私の存在、奥さんにバレてしまったみたいです。慰謝料請求がくるかもしれないというのに、ワクワクしている自分がいます。貯金はこの日の為にしっかりと貯めてきました。だけど・・・きっと奥さんは彼を許し、彼も奥さんのもとへ帰るような気がします。
 
そうしたら、私はこの貯金で海外旅行に行ってパーっと使って彼の事は忘れようと思います。たった2年間の付き合いだったけれど、彼は最低の男で最愛の人でした。彼から奥さんにバレたとメールがきて、ずっと音信不通です。修羅場になっているのは間違いないです。私も行きたいですが、私が行けばもっとひどいことになるでしょう。
 
今は耐えるしかないと思っています。どっちの結果になっても受け入れる覚悟はできています。
 

離婚の体験談 - その10


 離婚離婚と口走る理由は…

 

付き合っているときは、ケンカをしても「別れてやるー」なんて思わなかったものですが、結婚してケンカになる度に「あーもう!別れたいー!」と思うようになりましたね。おそらく、まだ婚姻関係のない付き合っている段階ですと、「別れるー!」と言って別れたところで、なんの支障もないからでしょうね。ですから、相手へのダメージもまあないでしょう。
 
しかし離婚となりますと、旦那の職場はそうですが、両親にも伝えなくてはなりませんから、多少なりとも、旦那にダメージがあるわけです。ですからこそ、困らせてやりたいという思いもあって、結婚してからの方が「別れてやるー(離婚してやるー)!」となるのでしょうね。
 
まあ私もそうですが、旦那ともに人間の浅さが原因なのですが。こんなにすぐに離婚離婚と口走るのは。
 

離婚の体験談 - その11


 浮気の仕返しをしました

 

私は浮気願望はありませんが、浮気の仕返しで一度だけ浮気をしたことがあります。 大好きで付き合っていた彼氏が、ものすごい浮気性で何度も泣かされました。 何度も繰り返されるうちに麻痺してくるもので、帰ってくればいいやと思う程になっていました。
 
しかし、浮気相手が私の友達だった時には、さすがに怒り狂いそうになりましたね。 もう別れを決意しましたが、正直ただで別れるのでは怒りが収まらないと思い、浮気を仕返してふってやろうと考えたのです。
 
出会い系でさくっと相手を見つけ、会う約束をして、バレやすい嘘をつき浮気を匂わせました。 案の定、浮気はバレ、予想外に彼氏は泣いていました。 そんな彼氏をこっぴどくフリ、縁は切れました。 私のスッキリした思い出の一つです。
 

離婚の体験談 - その12


 なかなか離婚届にハンを押さない夫にイライラ

 

夫は子供を作る気がないようなので、離婚を決意しました。
 
私は人生の中で子供がいないなんて考えられませんし、女性として子供を産んでみたいと思っています。
 
何度も話し合いをしてきましたが、夫は子供はお金がかかるだけだしいらないとのことです・・・。
 
新婚の時には1,2年は二人だけの生活を楽しんで、子供を作ろうと言っていた夫ですが、気が変わったようです。
 
私はもう30代半ばですし、妊娠・出産をするにはギリギリの年齢だと思っています。
 
すぐに妊娠できるかもわからないですし、婚活もしなくてはいけないので、急いで離婚しようと思っています。
 
でも夫は離婚すると言ったり、やっぱり離婚はしたくないと言ったり、なかなか離婚届にハンを押してくれません。
 
毎日イライラしています。
 

離婚の体験談 - その13


 金の切れ目が縁の切れ目

 

2000年2月に結婚した。親戚の紹介で出会い、その日のうちに結婚を決めた。これが最大の汚点だ。やはりじっくりと見定めるべきであったと今思い出しても悔やまれる。しかしながら驚くことに好きだったのは確かだ。どんどん嫌いになったけど。
 
原因はお金。夫はギャンブル大好き男である。競馬や競輪とかではなく、パチンコ・パチスロ。特にパチスロが大好きで消費者金融に借りてまでやっていた。こうなるとほとんど病気。ギャンブルの他にもとにかくお金をよく使う。
 
新しいものが出ると欲しがる。消費者金融のお金はまるで自分の貯金のようにサクサク下ろして使っていた。とうとう必ず払わなくてはいけない税金さえも「滞納しちゃおう」とか言い出す始末。毎月借金を返すだけの生活に将来が見えなくなり、2009年1月に離婚届を提出。今更ながらに9年も無駄にしたと感じている。周りは誰も離婚に反対しなかったので、そこだけが楽であった。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚しないで恋をしている知人

 

私の知人で40代の女性なのですが、凄く可愛い人がいます。その人は離婚しないで好きな彼と恋を 楽しんでいるようです。
 
離婚しないほうが、切ないとか儚いとかいう感情が持てるので離婚しないそうです。
 
その知人は恋の歌を歌っていますし、自分で作詞作曲もしています。
 
その歌声はやはりどことなく、寂しい感情が伝わってきます。
 
アマチュアのバンドをやっていて、ボーカル担当らしいのですが恋をしていないと 恋の詩がかけないと言っていました。離婚しないで恋をする女でいるほうがいい詩が書けると 言っていました。
 
でも私にはよく理解できない世界だなと思いました。
 
私なら、葛藤してまで恋はしたくないと思っています。
 
離婚しないままの恋は葛藤が多いと思うのです。
 

離婚の体験談 - その15


 再チャレンジのチャンス

 

離婚をすることが正解ではありませんが、離婚が必要な方もいるでしょう。
 
お二人の間にできた溝を埋めることができずに一生一緒に生きていくことはつらい人生になるでしょう。もちろん二人で始めた結婚生活ですから二人の努力でうまく溝を埋めていけたら最もですが、努力の末できなかった方は新しい道を歩むことを考えたほうが良いと思います。
 
特に子供に悪い影響を与えることになるときには分かれることが望ましいのではないでしょうか。毎日ぎすぎすした関係の親の元で育つよりはいいと思います。そして離婚の後は一人での楽しい人生を生きるか自分と合う新しい因縁を探しにいくかは自由です。第2の人生をどのように生きるか新しく決められる再チャレンジのチャンスです。
 

Image courtesy of jscreationzs / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ