離婚の体験談 - その1


 ギャンブル漬けの夫に限界!離婚します

 

もう我慢の限界なので、子供を連れて実家に帰ろうと思います!そしてテーブルの上には、離婚届けを置いていこうと思います。結婚する前から、夫はギャンブルが大好きな人でしたが、結婚後も独身時代と変わらず金遣いは荒いし、休みの日も子供の遊び相手は一切せずに、朝から晩までギャンブルです・・・。
 
たまに私がキレて、「もう家庭を持ったのだから少しは控えて!」と怒ると、その時は「わかりました」と言うのですが、一ヶ月も経てばすっかり忘れて、ギャンブル漬けです。何度も何度も夫が変わるためのチャンスを与えてきましたが、もう限界になりました。
 
夫の事を信用できないですし、彼は結婚生活に向いてないんだと思います。子供はいつも寂しそうで見ていられないので、離婚しようと思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その2


 ギャンブル依存が原因で離婚となりました

 

昔からギャンブル依存でしたが、結婚後もギャンブルをやめることができず、妻から離婚を言い出され、先日離婚となりました。今は一人寂しく狭いアパートで暮らしています。相変わらずギャンブルをやめることができずにいます・・・。
 
仕事が忙しくて、人間関係もあまりよくない職場に働いているせいか、とてもストレスがたまってしまい、残業のない日や休日にはストレス発散のために、ギャンブルに走ってしまいます。独身のころからそんな風に過ごしていた為、結婚後も妻を一人置いて、ギャンブル依存の日々でした。
 
いつのまにかよく笑う妻が、無表情になっていき、ある日突然離婚話をされました。妻を幸せにできなかったことが、とても苦しいです。もう結婚はしないと思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その3


 ギャンブルする男は離婚か結婚しない

 

私は父親がパチンコが大好きで、休みはずっとパチンコで、育児などした事がない男でした。たまに母が仕事だとパチンコ屋に連れて行って、勝手に遊ばせておくという、今で言うとネグレクトをしていました。
 
なので、私は絶対にギャンブルをする男とは結婚しないと思っているし、毎回、ギャンブルする人とは付き合わないときちんと確認を取っています。それでも結婚後にギャンブル依存が発覚したら、即離婚だと思っています。
 
それくらいギャンブルは嫌いです。たとえばお小遣いの範囲で、ちまちまネット馬券を買っているくらいだったら百歩譲って許せるかもしれません。しかし家庭も顧みず競馬やパチンコに現を抜かしているようだったら、改善する余地なしとみなして、即離婚届けにサインをします。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 金の切れ目が縁の切れ目?

 

賭け事やギャンブルの全てを否定するわけでありませんが、ギャンブルにはまりすぎて離婚されたという話を聞くと、同情より先にさもありなんと思ってしまいます。わが事として考えてみても、ギャンブル好きの伴侶というのはちょっとな、と考えてしまいますね。あくまで趣味として、息抜きのつもりで少し遊ぶぐらいなら別に構わないと思えるのですが、依存症といわれるようなレベルなら、とてもじゃありませんが一緒に暮らしていける自信がありません。
 
結婚とは二人で一つの家庭を築き、家計を守っていくものなので、金銭感覚のずれている人とは上手くいかないものなのではないでしょうか。ギャンブルが好きだという人は、結婚前にいろいろ考えておく必要があるかもしれませんね。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 父親のギャンブル癖で離婚

 

私の父と母は私が中学2年生の時に離婚しました。原因は父のギャンブル癖です。小さい頃からパチンコが大好きで仕事終わりにもパチンコ。休みの日には朝から並んでまでパチンコへ行っていました。父は大工の仕事をしていて景気が良かった頃には、母も唯一の趣味だからとうるさく言わなかったようですが、仕事が減り始め、収入が少なくなってきたのにも変わらずパチンコにお金をつぎ込んでしまいます。
 
何度もその事で母が泣きながら、父に訴えていました。しかし一向に変わる様子はありません。そんな時、母がパートから帰ると父がタンスをごそごそ。なんと私のお年玉などを貯めていた 通帳を持ち出そうと探していたようです。それで母は離婚を決意。その後、復縁することはありませんでした。今もきっとギャンブルから抜けられていないと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 ギャンブルは病気 一生治らない

 

私の夫は学生時代からパチンコ、スロットをしていました。それはただの趣味だと思っていたのに。就職先は地元の銀行になった。それからなのか、元々持った素質があったのだろうか。段々行く頻度が増えていった。最初は何も言わなかったけれど明らかにおかしい。週末必ず行くだけだったのが、次第に平日も行くようになった。
 
ストレスだろうか?お金を扱うから?ストレス解消になるだろうと、外出をすすめたけれど彼にとってのストレス解消にはならなかったようで治らなかった。お互い働いているうちはなんとかなった。しかし、子供ができて私が働かなくなるとギャンブルにかけていいお金もなくなる。
 
そしてそれが更に彼を加速させたのだろうか。ついに私は借金をしていることをみつけた。生活費はきちんとくれていたので、まさに青天の霹靂。問いただすと泣いて謝ってもうしない、といったけれどそれは1年もしないうちに破られた。
 
借金はあっという間に100万を超え、主人の母がこっそり支払ったようだ。もう、彼はダメだと思う。私は離婚を決めた。ギャンブルは人を変えてしまう。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その7


 熟年離婚の理由

 

熟年離婚とよくありますが、人は変わっていきます。私の父は子どもの頃はとてもやさしかったです。父が若かったころは、私をべた褒めし、ディズニーランドや超高級レストランなど行き、おしいものや楽しいところにたくさん行きました。
 
しかし、父が倒れ入院した後、父は徐々に変わっていきました。私が私立高校に行きたいと言えば、無視をして、しりませんと言われました。そして、家族にあたり散らすようになりました。俺の言うことが聞けないやつは出て行けと言い、私のお金などを勝手に使いギャンブルに走りました。
 
ついには、子どもを捨てました。若いころの父は、捨てると言うような父ではなく、私がいじめられたら学校にすぐに訴えたくらいです。人は変わります。結婚が幸せとは限らないです。熟年離婚は、性格が変わったからだと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 離婚しても旧姓に戻さない。

 

私の友達は結婚当初からギャンブル好きの旦那様とは上手くいってなかったのですが、結婚後彼女の収入をあてにした旦那様は自分の給料は全てギャンブルにつぎ込んでいたそうです。子供の為と我慢していた彼女でしたが、サラ金からお金を借りていた事が発覚した昨年、離婚を決意したそうです。
 
でも、離婚後も姓は旦那様の名字のままで旧姓に戻しませんでした。離婚後は名字を旧姓に戻すのが普通だと思っていた私はびっくりでした。
 

離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開


離婚の体験談 - その9


 離婚をした知人と羨むこちら

 

知人が離婚をしたようでとても羨ましく思っています。私も旦那が使い物にならないので早く離婚をしたいのですが中々上手く行きません。知人が離婚をした理由は、旦那が結婚早々に浮気をし、更にギャンブル癖があり、車の教習所へ通って運転免許を得たくてもその講習代の30万円の貯金すら貯めることができないようです。
 
旦那は毎日仕事が終わったら他の女性と遊ぶか、スロットに夢中になり帰宅をするのは0時だそうです。その上に妻に生活費を全く渡さないので知人は苦労をした末に離婚をしました。どうせ離婚をするのなら、最初から結婚をしなければ良かった、知人はそう言っていますがその気持ちがとても分かります。
 
結婚生活をしていた時間がとても無駄に感じるのですよね。早く私も離婚をしたいです。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その10


 離婚して9年

 

離婚して9年、最近早く別れて正解だったと思う。子供が男の子だったため、周りには男の子には思春期に父親が必要なんじゃないか、と言う人もいたが、男の子だからこそ、悪い父親はモデルとしていない方がいいと思った。
 
ギャンブルが原因の離婚だったが、義父母は借金は肩代わりするからよりを戻すように再三いってきたが、ギャンブルは依存症で、病気だ。治療を受けない限り治らない。実際、離婚後に彼はギャンブルで更に大きい借金を作り、会社もクビになり、親からも縁を切られ破産した。
 
今、思春期の息子の周りには父親の代わりになるような、立派な男の人が沢山いる。担任、塾の先生、キャンプの相談員さん、数えたらきりがない。大事なのは、血縁ではないと思う。
 


離婚の体験談 - その11


 たとえ害がなくとも他人の離婚には関わりたくない

 

離婚届は婚姻届同様に、夫婦以外に二人の署名&捺印もいるのだそうで、見届け人なのかなんなのか、その署名&捺印の一人を友達から、今頼まれて困っています。現在、メールで依頼が来ておりますので、現段階では気付かないフリをして、スルーし続けているのですが。
 
どうでもいいことなのですが、こういうときにガラケーであり、LINEなど縁のないことを非常に良かったと思っています。
 
それに、離婚届の見届け人がなぜイヤなのかと言われれば、なんだか縁起が悪そうでイヤなのですよね。これで私が既に離婚経験者でしたら、ハイハイといったように、事務的に判を押してあげるでしょうけれど、まだ結婚も離婚もしていないアラサーですからね。ハッキリ言ってイヤですわ。
 
けれどもまあ、依頼を受けなかったら、「だから結婚できないんだよ」「独身のくせに」ぐらいのことを言われるかも知れませんが、こちらとすれば知ったこっちゃないですわ。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その12


 離婚について考えてみる

 

離婚について考えてみました。
 
結婚した時は幸せだったはずなのになぜ離婚しなければならないほど嫌いになってしまうのか?それは付き合っていた時には分からなかった相手の性格や行動が許せなくなってしまうからかもしれません。
 
結婚する前には半年ぐらい同居をして長い年月を一緒に過ごしていける相手なのかを見極めることが大切だと思います。新聞の相談コーナーを見ていると結婚相手に不満はないけれど義理の両親のことが好きになれなくて離婚を考えているという人もたくさんいます。
 
結婚というのは相手の両親や兄弟とも仲良くしなければならないので大変です。結婚するときには先のことも見通しておかないと離婚する確率が高くなってしまうのではないかなあと思いました。
 

離婚の体験談 - その13


 離婚はもうどうでもいい

 

私は自分で天燃石やビーズを使ってアクセサリーを作って、ネットで販売をしてきました。その傍らでカード占い師の仕事もしてきました。私は自分の結婚生活がうまくいかないのに、他人の占いをするといった矛盾していることをやってきました。
 
でも私の鑑定で喜んでくださる女性が多かったのは事実です。それは自分が離婚まで考えたことがあるほど苦労をしてきた経験が教訓になっているのかなと思うこともありました。
 
私は離婚を考えたこともありますが、現在は2世帯住宅でほとんど家庭内別居というような感じで暮らしています。
 
生活費さえ出してもらっていますので、離婚はもうどうでもいいと思うようになりました。自分は、ネットで好きなことをやっているしこの生活の方が楽なのです。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚をしたらもっと仲良くなれました

 

夫とは結婚している時は、ずっとケンカをしていました。いつも一緒で、そばにいるとケンカばかりだったのです。
 
子供もいなくて、夫がいない時一人だというのがとても辛かったのです。そして孤独だと思えたのです。だから離婚をしました。
 
まずは一人になって、それでいいのか考えたかったのです。夫の事は好きだけど、結婚している意味ってなんだろうと思ったのです。 でも離婚をして、デートをしていたらとても楽しかったのです。それぞれの家に帰って、休日にデートをする事がとても楽しかったのです。
 
離婚をしたら、以前よりももっと仲良くなれました。もっと良い関係になれているような気がしたのです。だから離婚をしても、全然孤独ではありません。
 

離婚の体験談 - その15


 離婚を考えた時に考えること

 

「離婚をしたい。」
 
と 誰でも一度は、考えたことが、あるんでは、ないでしょうか。 離婚をするのは、結婚の何十倍も大変とよく聞きます。
 
一度嫌になると顔を見るのも 同じ空気を吸うのも嫌になってきたりします。 離婚の原因は、個々違いますが、その離婚によって、自分も相手もそれを取り巻く人達の人生も変えてしまうかもしてません。 夫婦二人だけの問題だけならまだしも 子供がいたら その子供の今後の人生にも深く影響を及ぼします。 その離婚は、本当に必要ですか。
 
離婚をすれば子供は、幸せな生活が、出来ますか。
 
中には、相手が、暴力的であったり 一緒にいたら 子供の今後の人生に影響が、出る場合もあります。
 
そんな場合は、離婚という選択もあるのかもしれません。 しかし 単にどちらか一方の一方的な思いだったり お互いの考え方を直せば修復可能なら考え直すという選択もあります。 離婚をすれば本当に幸せになれますか。 子供達も幸せになれますか。
 
今一度考えてみて下さい。
 

離婚の体験談 - その16


 離婚を行動にうつすまでの時間

 

結婚生活をしていたら、離婚を考えてしまう事が何度かあると思う。色んな原因で離婚を考える。その考えが一時的だったり、離婚を考えながらも、我慢している人、好きな感情はないけど、子供の為に割り切った気持ちで生活している人、離婚する為にお金を貯めている人。本当に色々な人がいる。しかし、私の周りには、感情的になってすぐに離婚をした人はいない。30代という年齢もあるのかもしれない。やはり、離婚後の生活に不安があるうちは、離婚しない。離婚準備をしながらも、生活をしているうちに、普通に戻ることが出来た人もいる。離婚を実行に移すまでに、本当に色んな事がある。それだけの時間をかけて、戻れなかった結果私は離婚する事にしかが、それが正しいのかは、まだ分からない。
 

離婚の体験談 - その17


 お互い笑顔でいられる明るい離婚について

 

周囲で離婚を経験しているような友達や知人がいますか。
 
今の世の中、離婚は当たり前の出来事です。昔なら、離婚といえばぎょっとしたものですが、今では多くの人が離婚を経験しています。
 
意外な人も離婚していて、あっけらかんと離婚話を教えてくれます。
 
明るく話せる人は、離婚はスムーズにできたのでしょう。もう二度と思い出したくないような離婚経験者には、話は聞きづらいものです。
 
しかし、今が幸せな離婚経験者がほとんどです。みんな口を開いていうのは、離婚してよかった同様に話します。
 
結婚より、離婚の方がエネルギーを使うと言われ、実際にそうでしょう。
 
しかし、終わりよければ全て良しで、離婚後はお互い違う道を進むわけです。もう会うこともありません。
 
人生の再スタートを切れるわけです。
 

離婚の体験談 - その18


 AKBと嵐から離婚話へ

 

うちの旦那はAKB48のまゆゆ好きで、私が嵐の相葉ちゃんが好きなのですが、両者の好きなアイドル話から離婚話へと度々発展していますね。
 
もちろん、こんな話はライト級の離婚話なのですが、口が減らないうちの旦那は、嵐の相葉ちゃんの足元にも及ばない面構えのクセして、嵐の相葉ちゃんを悪く言うので、むっちゃくちゃ腹が立ってくるのですよね。
 
そのくせAKB48のまゆゆは持ち上げて。まゆゆのことは、ハッキリ言って嫌いではまったくないのですが、けれども嵐の相葉ちゃんを悪く言われるので、まゆゆのことも同じように悪く言うじゃないですか。
 
すると、こっちが相葉ちゃんと旦那とは比べてないのに、私とまゆゆを比べ始めるので、怒り心頭なわけですよ。そして話は離婚へと突き進むわけです…。
 

離婚の体験談 - その19


 離婚したら生活保護を受けたい

 

私は結婚して24年になりましたが、何度も実家に帰ったことがありました。そのころは旦那がアルコール依存になってしまって 嫌気がさしていました。
 
それに一人息子も学校にいかずに、引きこもりになるようになってしまって私は自分が凄く落ち込むようになっていきました。
 
近所のメンタルクリニックでは、鬱病だと診断されてしまって薬も処方されています。
 
この病気になって3年ほどになりましたが、自立支援医療制度も利用していますし、障害者年金ももらっています。
 
でも離婚したら、生活後保護を受けて一人で暮らしたいと思っています。
 
現在の状況ですと、離婚して自分だけアパートに一人暮らしをすれば生活保護の対象になるといわれています。
 
なので離婚して生活保護を受けて暮らしたいのです。
 

Image courtesy of Maggie Smith / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

離婚の統計データ

トップページへ