離婚の体験談 - その1


 離婚はいろいろな問題があって仕方のない選択です

 

結婚したら、離婚はしたくはないのです。しかし、たとえば、義両親同居をして、特にお姑さんにいじめられるとか、あるいは、子供が障がいがあったりするとせめられるのは嫁側ですから、子供の面倒をみて、家庭をかえりみない旦那様とうまくいかなくなって離婚を考えることになります。
 
もちろん、旦那様が浮気をするとか、ギャンブルなどの理由もあります。最近では嫁側が浮気をする例も多いようです。いちばん最悪なケースでは、お子様に障がいがあって働けないのに、旦那様が生活費をほとんど渡さずに、どうしようもない状態になって「子供と生活をした方がマシ」という事で奥さまが離婚を考えるケースです。
 
残念ですが、現在は厳しい時代なので、結婚して、「夫に養ってもらう」ということは考えずに、自立した女性になって、結婚をした方が失敗が少ないです。そもそも、結婚は生活で、生活をするのはお金がいるからです。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その2


 自分には関係ないと思っていなかったまさかの離婚

 

私の夢は好きな人と結婚して、家庭を持つことでした。仕事でこれといったやりたこともなく、別に専業主婦になりたいわけではなくて、ずっと自分だけの家族がほしいと思っていました。 18歳~25歳まで付き合っていた年上の彼と結婚を考えていましたが、彼にまだやりたいことがあると言われ、いつ結婚するかわからない人を待つことはできないと思い、別れました。しかしその半年後に同じ歳の彼ができ、彼と付き合って半年経った頃プロポーズされました。
 
そしてその1年後に私たちは結婚しました。しかし、彼の家は代々続く農家の家。結婚したら私も彼の両親と一緒に住み、農業を手伝わなければいけない。それは結婚前からわかっていたし、それも承知の上で彼と一緒に人生を歩みたかったので、結婚しました。
 
よく同居は大変と言われますが、自分は大丈夫。旦那もいるしうまくやれる。そう思っていました。しかし予想以上に大変で、彼の両親だけでなく、彼のお姉さんも一緒に暮らすことになり、ご飯のことや家事のこと、全て彼の家のしきたりに合わせないといけない日々が続きました。
 
それにどうしても耐えることができず、ちょっと休憩のつもりで帰った自分の実家から旦那の家に戻るのがどうしても恐くてできず、旦那の両親にもそんなんだったら帰ってくるなと言われ、旦那も両親に何も言えず、やがて離婚届だけが送られてきました。泣く泣く結婚してから1年半でスピード離婚となってしまいました。まさかドラマにあるようなことが自分にふりかかるなんて夢にも思っていなかったです。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その3


 姑とは同居しちゃダメ

 

この前従妹が離婚した。原因は同居の姑。どんな姑か?料理ができないのに嫁の料理にケチをつける。孫のアイスやおまけつきのお菓子を勝手に食べる。自分が買った覚えがないものを勝手に食べるのは当然ダメだけど、どうしてよりによって孫のものを食べる?
 
従妹といさかいがあると、必ず従妹の実家に「どんな育て方をしてきたんだ」と文句の電話を入れる。旦那さんはどうしていたかというと、姑にも従妹にもいい顔をしようとして何の解決策も打ち出さなかったそうだ。
 
いざ結婚となると、若いと特に「愛さえあれば嫁姑問題なんて乗り越えられる!」と勘違いして同居も許してしまいがちだけど、絶対に同居したらうまくいかないと思う。同居していなくたってイライラすることは多いんだから。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 親友の離婚

 

先日、私の小学校時代からの友人が離婚しました。26歳、結婚して1年半の結婚生活だったそうですが、離婚するまでに1年ほどかかったようなので、実際の結婚生活は半年間のようでした。離婚の原因は、旦那さん側の家族とうまくいかなかったからのようです。旦那さんの実家は専業農家で結婚したら同居が条件で、彼女も農家の仕事を手伝わなければいけないようでした。彼女は同居に難色を示していたものの、彼と結婚したいという一心で同居を決意したようでした。
 
しかし、同居生活は想像以上に大変だったようです。1人暮らしすらしたことなく、実家を出て生活したことがなかった彼女。家族になったからといっても、血の繋がった家族ではないし、予想以上に他人と暮らすのは大変だったようです。
 
しかも、旦那さんの実家には両親だけではなく、出戻りの娘が2人いて、小姑に料理の味付けや洗濯の仕方、お風呂の使い方まで細かく、言われ続けていたようです。旦那さんも彼女の味方もせず、毎晩飲み歩き彼女に見向きもしなくなっていったようです。そんなストレスがたまり彼女は家を飛び出し、実家に戻りました。
 
やがて、離婚。まさか自分が離婚するなんて思ってもみなかった。離婚なんて他人ごとだと思っていたと彼女は言っていました。私も自分の親友がまさか離婚するなんて思ってもみなかったので、ちょっとショックを受けてしましました。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 離婚を考えたときのこと。

 

私の旦那は結婚して子供が出来るまでは、色々な所に旅行に連れていってくれたり普通の旦那だと思っていました。でも親と同居するようになってからというもの、すっかりただの息子になってしまい、家事も育児もしなくなりました。
 
私はそれを不満に思い離婚したいと話した時があります。その時は、旦那の親に孫はうちの跡取りだから置いていけと言われました。私は子供を連れて離婚できるものだとばかり思っていました。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 姑のせいで離婚しそうです

 

主人と離婚を考えています。原因は主人にはまったくありません。主人はむしろ夫として尽くしてくれてると思います。原因はその母親、つまり姑です。主人は一人っ子の為姑とは同居しています。舅は幼いころ他界しているそうです。
 
姑は、私に息子を取られた!という気持ちが大きいようで、私の事を毛嫌いしています。早く離婚して息子を返せ、とまでこの間言われました。主人と結婚している限り同居しかない。だったら離婚しかない。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その7


 離婚の話合いを昨年しました

 

我が家は、子供2人と主人の両親と6人で同居しています。姑がかなり外面がいい人で私の事を外で褒めまくります。でも、家では常に私に対して干渉し、とてもストレスが溜まります。姑との関係で主人ともケンカが絶えなくなり、円形脱毛症になってしまいました。
 
このままでは、私が壊れてしまうと思い、主人に昨年離婚を切り出しました。主人は驚いて来月から義両親とは離れてすむことになり、離婚を思いとどまった感じです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 肺炎になって実家に帰るなと言われ離婚を考えた

 

私は息子が6歳のころに肺炎になってしまいました。病院では入院した方が良いと言われました。同居する旦那の親はあんたが入院したら子供の世話をする人がいなくなるから困ると言われて、かなり驚きました。
 
旦那もお前がヘンな病院に行ったのが悪いんだろと言われました。絶望を感じ、離婚したいと思いました。私は実家の父に相談して実家に帰ってそこから病院に行った方が良いということになり、実家に1ヵ月ほど帰ってました。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その9


 離婚しなくても心は離婚したのと同じ。

 

私は結婚するときに、旦那の親と同居して欲しいと言われて暮らしてきました。でも親は干渉しないという約束は一切守られませんでした。私に子供が生まれると、その干渉はどんどんひどくなって行きました。旦那に家を出て住みたいといったことがありましたが、全く聞く耳を持ちませんでした。
 
旦那には、私と子供ではなくこの家と親が大事なんだだなと感じました。2世帯で現在暮らしていますが、旦那と旦那の母が一緒にご飯を食べてます。私は自分のキッチンでご飯を作って子供と食べてます。
 
旦那とは必要以外会話をしません。離婚したくてもハンコを旦那が押しませんので、同じ家にいても離婚したも同然の生活です。心はとっくに、旦那にはありません。彼氏にあります。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その10


 離婚せずに夫婦仲良くが一番!

 

私には生後10ヶ月の息子がいますが、専業主婦で育児に専念させてもらっています。それでも家事や育児は大変で、主人に協力してもらっている状態です。世の中には、離婚して仕事も育児も一人で頑張っているお母さんもいると思うので、本当に尊敬します。
 
最近は男性並に、もしくはそれ以上に稼いでいる女性も多いと思うので、子供がいない場合は離婚をしてもお金に関してはあまり困らないかもしれません。しかし、子供がいると一人で仕事と育児の両立は大変だと思います。特に乳幼児の場合は夜泣きもありますし、寝る時間がなくなってしまいます。祖父母や周りの人の協力が必要だと思います。
 
離婚理由も色々あるとは思いますが、自分や子供の為にも、離婚せずに夫婦仲良く暮らしていきたいものです。一生懸命働いてくれている主人に感謝の気持ちを忘れずにいたいです。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その11


 彼氏に浮気をされたことがあります

 

私は大学生の頃に、6歳年上の彼氏がいました。私は年上の彼氏のことが大好きで将来のことも考えていました。年上だったので、頼りがいもありましたし、優しくて思いやりもある人でした。
 
私はその彼氏と5年間付き合っていました。それまでは順調だったのですが、いきなりデートの回数も少なくなりましたし、連絡もあまりとれなくなってしまいました。私は怪しいと思って、彼氏の携帯をチェックしました。
 
携帯には女の人とお泊まりをする約束をしている内容のメールがあって、浮気をしているなと確信しました。私はとてもショックでした。彼氏と話し合って、別れることになりましたが、浮気をされた方は許せないことだなぁと感じました。浮気はしてはいけないなぁと感じました。
 

離婚の体験談 - その12


 友達のだんなが元妻と離婚・晴れて結婚式

 

友達はだんなさんがバツイチ子持ちでも覚悟していたようです。 最初はだんなさんの方から告白されて付き合い始めたそうですが、今では友達の方がすっかりだんなさんのとりこになっています。
 
付き合って2年。
 
だんなさんは元妻となかなか離婚できずにいました。元妻が精神的に少し問題を抱えている人だったらしく、なかなか離婚に踏ん切りがつかなかったようです。
 
その間も友達は辛抱強く耐え続けていました。もし自分がだんなさんと結婚してから、元妻の子供に会うのも構わないと言っていました。
 
そういう話を友達から聞いていて「よく耐えられるなあ」と内心感心していました。そして元妻との話し合いがようやくまとまって離婚し、その後まもなく友達は結婚式を挙げました。
 

離婚の体験談 - その13


 夫から離婚したいと言われて揺れています

 

夫から「離婚したい」と言われてしまいました。日頃から夫婦喧嘩がたえなくて私も離婚したいと思っていたのですが、実際に夫の口から「離婚」と言われると、かなり動揺している私がいます・・・。
 
夫のことをまだ愛しているのかって聞かれたら、わかりません。付き合っていた年数も長いですし、結婚してからも長いです。今更離婚なんて考えると、やっぱり怖いです。夫には「考えさせて」と言って保留にしてもらっています。
 
子供がいなくて、毎日夫婦喧嘩、会話もなし、価値観もまったく合わない夫・・・離婚すべきですよね。
 
でも夫から離婚と言われてとても悲しく、悔しいです。これって好きな気持ちがあるのか、それとも長年一緒にいるから情なのか、わかりません。
 

離婚の体験談 - その14


 私が離婚を決めた理由

 

今の時代、離婚する夫婦は珍しくなくなりました。
 
離婚する理由も様々だと思いますが、私が離婚した理由は、主人の人生のサポートより自分の人生を自分の足で歩きたくなったからです。
 
一言で言うと前向きな離婚です。
 
主人はとても亭主関白で自分の意見が絶対の人でした。 当然、妻は自分の言う事を聞くのが当たり前で、家事と育児をきちんとするのが役割で、それ以外は求めないし求められたくないという考えでした。 私はどちらかというと元々自由人でしたので、型に当てはめられるのが窮屈で仕方ありませんでした。 私の意見やオリジナルの人生は必要ないと言われている感じがして、自分らしく生きてないなとずっと違和感を抱えていました。
 
主人のサポートに徹する人生だけを生きるというのが私には無理だと判断しての離婚でした。 周囲の人からは不思議がられましたが、私は自分の心の声に正直に従う事にしたのです。 離婚後は起業をし、やりたい事を思いっきりやって、充実した人生を歩んでいます。
 
前向きな離婚でしたので主人を恨んだり、結婚に対してこりごりだとも思っていません。 私のような価値観の人間でも良いという人が現れたらまた結婚するかもしれません。
 

離婚の体験談 - その15


 スマホ代が高いすぎ!浮気夫にがっかり・・

 

先日夫と喧嘩になりました。
 
原因はスマホ代が数万円になっていて、とても驚いた私が夫を問い詰めると、浮気をしていたのです。
 
SNSで知り合った女性と毎日のように電話をしており、しかも有料ゲームもたくさんしていてこうなったと、夫は答えました。
 
これから出産をして子供が生まれてお金がかかるのに、父としての自覚がまったくなく、泣き叫んで怒ってしまいました。
 
すると夫は「離婚しよう」と言ってきたんです。
 
私は茫然として何も言えないでいると、夫は自分の部屋に引きこもってしまいました。
 
まさかこんなに子供っぽい人だとは思いませんでしたし、夫にがっかりしてしまいました。
 
翌日「離婚はうそ」と言っている夫ですが、この先一緒に生きていくことが不安ですし、離婚したほうが良いかもと思えてきました。
 

離婚の体験談 - その16


 子どもも理解に苦しむ両親が熟年離婚

 

私の友達で、58歳にして突然熟年離婚した夫婦がいます。しかし、近所に住んでいる息子夫婦にも、隣町に住んでいる娘夫婦も、誰も理解できない熟年離婚だったそうなのですよね。「別に離婚しなくてもいいじゃん…」と思うような。
 
べつに仲が悪かったようにも見えないし、離婚した後も一緒に住んでいますし、けれども保険証などの名字はちゃんと変わっていますので、離婚は本当にしたようだとのことなのですよね。
 
それから半年ほど経過した後に、お母さんの方は出て行ったそうですが、ときどきごはんを作りに帰ってはいるようですし、子どもたちもなんだか触れてはいけない話題のような気がして、あまり深くは突っ込んでいないらしいのですが、なんとも不思議な離婚の話でしたね。まあ、双方合意ならばいいのでしょうけれど。
 

離婚の体験談 - その17


 離婚のときに言うなよー!

 

普段は仲良さげに見える夫婦でも、離婚となるともう、それまでの夫婦の姿がウソだったかのように、激しく豹変するカップルもいますよね。まあ私の身内の夫婦がそうなのですが。
 
普段は旦那さんが、毎日忙しくしていて日曜しか休みがないことも、「跡取り息子だから仕方ないよね」「いっぱい働いて仕事覚えないといけないからね」なんて言っていたのにも関わらず、離婚となると旦那の両親にも面と向かって、「アンタらが都合良く、息子を働かせて、たいして給料払っていなくて、自分の私腹ばっかりこやしているから、こうやって貯金がないんやろーがー!」と、絶叫していたそうなのですよ。
 
なんだか彼女の姿があっさり想像できてしまいますが。もともと激しい性格だったのに、結婚でいろいろ我慢していて、離婚の話し合いの席で一気に爆発したんだろうなーと思いました。
 

離婚の体験談 - その18


 いつでも離婚をしてあげます

 

夫に「離婚しよう」と何回言われてきたでしょう。そのたびに私は、いつでも離婚をしてあげると言っているのです。でも翌日には夫から謝ってくるのです。後悔をして謝ってくるのです。 でも私は覚悟はできています。離婚したいならいつだってします。いつだってしてあげます。
 
でも最終的に決心がつかないのが、夫のほうなのです。私はいつでも待っているのです。再出発ができる事を、とても楽しく思っているのです。
 
でも夫はいつも口ばかりです。本当は離婚をしたくないのでしょう。だったら軽々しく、離婚なんて口にしないでほしいです。
 
期待して待っている私がばかみたいです。でももしも夫が、そう望むなら私はいつ建て覚悟はできているのです。これは本当です。
 

離婚の体験談 - その19


 何がしたいのかわからない夫

 

私の夫は銀行やカードの履歴から、何時何分にどこに居たのか?と、徹底的に監視・束縛をする人で、その事実が本当だったかどうかを子供や友人に聞いて回ったりしています。
 
また、子を生んだ際に夫と夫の両親に仕事を退職するよう強要されやむなく退社、しかし金遣いの荒い夫は「派遣でもバイトでもいいから生活費を折半してほしい」とこれまたやむなく働きに出る始末。
 
限界にもほどがあり、協議離婚を申し出たところ、離婚届に殴り書きをするだけ。なので子供と家を出たのですが、なんと家をつきとめ子供を待ちぶせして不法侵入までする始末。
 
離婚を専門とする行政書士の方に協議離婚をするなら話し合いに応じると突きつけて、話し合いに応じて来たのですが、夫の一家揃ってやって来て話し合いをするのかと思ったら「調停で決めたい」という始末。
 
そして調停では年収を偽り、癇癪を起こし、結局調停委員が調停に疲れてしまい、中途半端な調停になってしまいました。
 

Image courtesy of David Castillo Dominici / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

離婚の統計データ

トップページへ