離婚の体験談 - その1


 風俗は浮気に入らないのかどうか

 

今、まさに離婚をしようかと悩んでいます。理由は、旦那の風俗通いです。旦那が風俗に行ったと初めて発覚したのは、結婚1年目のことでした。そのときに、結婚前から通っていたこともわかりました。
 
お気に入りの嬢がいるようで、発覚したときは、私は爆発したように怒りました。しかし、旦那は全く悪びれる様子もありません。旦那曰く、風俗は浮気のうちに入らないということ。例えばそのお気に入りの嬢に、お店以外で連絡を取って会ったりということは一切ないそうです。
 
それを威張って言われましたが、私にとっては、他の女を抱いた旦那がただただ気持ち悪く思えて・・・。恋愛感情があろうがなかろうが、私にとって風俗は浮気ですし、嫌です。それを旦那はわかってくれず、話し合いは平行線。今のままだと離婚と考えています。
 

 

離婚の体験談 - その2


 姉が旦那の風俗通いが理由で離婚しました

 

話にはききますが、本当に風俗好きな男性っているんだな、と思ったできごとです。しかもときどき行くくらいならまだしも、どうもお気に入りの子がいたのか、さらにキャバクラのように同伴的なシステムでもあるのか、ほぼ毎日のようにお店に通っていて、消費者金融に借金までしていたようです。
 
稼ぎもよく、きけば誰でも知っているような大会社に勤めている人なのに、よくそんな一歩間違えたら仕事に響きそうなことをするものです。姉としては、風俗自体はともかく、借金してまでという点がひっかかったようで、ここまでになってしまっていれば、先々心をいれかえることもまずないだろうから、早く決断してよかった、とも言っていました。私もそう思います。
 

 

離婚の体験談 - その3


 旦那の風俗通い

 

私は離婚しました。原因は旦那が風俗で作った借金です。結婚して風俗に行くだけでも私の中ではありえないのに、借金をするほど通っていたという事実も判明し別れることにしました。結婚前、私と付き合う前から旦那は風俗に通っていたようです。
 
男の人なら誰しも経験したいものであろうし、独身で彼女がいないのであればそれは許せることだと思います。社会人になって上司に連れられ経験するという人も結構いると思います。女性の目線からするとあまりそういったところに行ってほしくないのが本音ですが、でも1人の大人の男性としてそれは経験としてあってもいいことだとは私は思います。
 
逆に若いうちに、そういうところの経験をし遊んでおけば、年齢を重ねてからは落ち着くと思うからです。私の旦那もそのタイプだと思っていたし、付き合っている期間も3年ほどで安心しきっていたので、まったく風俗等に関してはもう無縁だと思っていました。しかし、久々に会った上司に誘われ断れず風俗自体も久々に行ったため、またはまってしまったようなのです。1回の過ちなら私も許しますが、何度も何度も行き借金をしてまで通っていたので、もう信頼できず離婚することにしました。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 風俗がばれて離婚の危機

 

いま嫁とバトル中です。
 
実は、年末の忘年会の時につきあいで風俗に行ったことがばれてしまったみたいで、離婚をされそうな勢いで嫁が怒っているんです。風俗は飲んだ帰りや友達とゴルフのあとなど付き合いで言ったことは何度かあるのですが、嫁にばれてこんなに怒られるとは思いもしませんでした。
 
昔から嫉妬深い女でしたからね。いまは、なんとか嫁の機嫌をとって離婚だけは免れたいなっておもって努力中です。嫁が機嫌を直してくれるまでは、風俗はもちろんですが飲みに行くのもちょっと控えて毎晩早く帰るようにしようと思っています。
 
きっとなにかプレゼントをすれば機嫌を直してくれると思うので、嫁がいま何を欲しがっているのかリサーチしてみるつもりです。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 離婚をして風俗にはまった

 

自分は40代なのですが、いままで風俗遊びをしたことがありませんでした。でも妻と離婚をし、一人で生活をするようになって風俗にはまってしまったのです。もしかしたら強がっているだけで本心はさびしかったのかもしれません。
 
私は高給取りではないので、そんなに頻繁に通うことはできないのですが、いつも同じ女性を指名しています。営業なのかもしれませんが、私の顔を見るとうれしそうにしてくれ楽しい時間を過ごすことが至福のときとなっているのです。
 
自分一人の生活ですから、食べるものなどを質素にして節約をして、1度でも多く風俗店に行きたいと思ってしまうようになりました。私にとって現在、風俗のお店、風俗の女の子は癒しとなっているのです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 離婚に向けて風俗で働く

 

私は現在、主人に内緒で風俗で働いています。風俗で働いてある程度、まとまったお金が貯まったら離婚をしようと決意して働き始めました。一緒に働いている女性たちは、離婚を経験した人やシングルマザーでお子さんを育てている人など、私にとってとてもためになる経験をしている人がたくさんいますし、お店の方も協力的なので安心して働くことができています。
 
お店のお客さんは既婚者の方が多いですね。私は昼間の時間帯に働いているので、営業のお仕事をしていたり自由になる時間を使える人がたくさんきています。自分の旦那もこんな風に風俗に通ったりしているのかなって思うと不思議な感覚になりますね。目標額をきちんと決めて、風俗の世界におぼれないようにしながらきちんとお金を貯めたいです。
 

 
擬似恋愛 ある風俗嬢の告白
浅葉 チエ
幻冬舎ルネッサンス

離婚の体験談 - その7


 泣いて暮らすのは嫌!離婚を決意

 

思いやりのない人だなと思っていましたが、決定的なことがありました・・・。
 
それで離婚を考え始めています。
 
先日私はインフルエンザで倒れたのですが、高熱の時も「ご飯作ってくれ」と言われてフラフラになりながら作ったんです。
 
それで「おいしくない」と言われました。
 
私がフルーツとかゼリーなら食べることができるから買ってきてほしいと言うと、チっと舌うちして買ってきてくれたのですが、私の作ったご飯を食べずにカップラーメンを食べ始めました。
 
もう離婚しかないと絶望しました。
 
結婚する前はすごく優しかったのに騙された気持ちでいっぱいです。何度も夫のせいで泣きましたが、離婚して終わりにしたいです。
 
もう泣いて暮らす生活は嫌なんです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 「かわいい」仕返しをした友人

 

私の友人が、浮気した恋人に対し、ひどい仕返しをしていました。「ひどい仕返し」と言っても、浮気した方が先に「ひどい」事をしたのでしょうから、仕返しをされるのは仕方がない事なのかもしれません。
 
けれども、私は、友人の仕返し方法を聞き、思わず「この友人だけは、絶対に敵に回したくない。」と思ってしまいました。
 
その仕返し方法とは、浮気した恋人が寝ている間に、靴箱に入っている恋人の靴を全て取り出し、水に浸したそうです。他の友人いわく、「これ位なら、かわいい仕返しだよ。」との事でしたが、革靴等は、折角の良い革が台無しになってしまったでしょうし、その後の恋人の姿を想像すると、少し可哀想な気もしました。
 
しかし、友人は、今でもその恋人との交際を続行中だそうです。浮気された事実を水に流す代わりの仕返しと考えれば、やはり、友人のした事は、「ひどい」仕返しではなく、「かわいい」仕返しだったのでしょうね。
 

離婚の体験談 - その9


 離婚率が高い現代でも近い将来は結婚したい気持ち

 

私の親戚ですが3回の離婚歴がある40歳の男性がいます。
 
この男性は離婚の原因が3回とも浮気でした。どうしても結婚してからも奥さん一筋になることは出来なかったとの事です。その理由は付き合っている時は良い部分だけ見えて結婚してからは嫌なところが目立つようになったとの事でした。たしかに日本ではカップルの離婚率も高くなっているのも確かです。
 
一生を1人の女性を愛するということは思うよりも難しい事かもしれないです。私は未だに1回も結婚出来ていませんが将来は結婚を望んでいます。離婚率が高くなっている現代で良い人に巡り会えるかは不安ですが運命を信じて結婚相手を探したいと思います。
 
ちなみに最近ですが婚活も始めたことで近い将来は結婚できそうな予感もします。
 

離婚の体験談 - その10


 子供がいる場合は特に慎重に

 

離婚は夫婦2人だけの問題ではありません。 それぞれに親族もいるし、ましてや子供がいる場合、子供の気持ちもくみ取ってあげる余裕もなければいけません。
 
子供も小学生になっていれば、両親がもめていたり仲が悪い事は言われなくても分かります。両親が愛し合って望まれて生まれてきた事に、疑問を持ってしまいます。
 
両親が離婚をするのは、子供のせいではないと言う事を丁寧に説明してあげてください。
 
実際に離婚となると、色々な手続きもあり、本当に大変です。 離婚届を提出すると、子供の名乗る姓と戸籍について、早速役所や裁判所とのやり取りが必要になります。
 
引っ越しの手配や財産の分与の事も考え、DV等が原因の場合は役所と警察に届け出も必要です。
 
相当な心身の疲労が伴う、つらい作業が続きます。 もし離婚を踏みとどまれるなら、子供の為にも少し夫婦で考える時間を持つといいでしょう。
 

離婚の体験談 - その11


 長い人生だもの、好きに生きてイイじゃない!

 

 人生のパートナーを選んで結婚したけど、上手くいかなくて離婚。長い人生だもん、何度だってやる直せる。ダメならだめで、いつまでもすがってないで、勇気を出して新しい人生の一歩を踏み出してみてもいいと思う。
 
 生きていれば、ライフステージの変化があって、それを二人で乗り越えなければならないので、いつまでもカップルの時の気持ちのままで一緒に人生を歩んでいくのは、正直難しいんじゃないかな。結婚を決めたのは自分自身なんだから、相手をよく考えて結婚できなかったことは反省して、次に進むべき!もちろん、子供がいるなら話は別で、簡単には離婚はできないと思いますし、夫婦間の問題で子供に悲しい思いをさせてしまうのは可哀想。
 
 でも、人生は何度だってやり直せるし、必要ならば周りの助けを借りて、前だけを見て一歩勇気を出してもいいんじゃないかな。
 

離婚の体験談 - その12


 ごはんがきっかけでも離婚に至る

 

好みのごはんが合わなくて、「もうこの人とはやっていけないな…」と思うことはしばしばあります。そして浮かぶのは「離婚」の二文字ですよね。
 
一人暮らしがフリーダム過ぎたせいでしょうか。これが実家暮らしからの結婚でしたら、旦那との暮らしにもそれほどまでには不満はないのかも知れませんが、けれども間に一人暮らしを挟んでしまいますと、ちょっとした窮屈さを感じますよね。
 
しかも、結婚後にちょっと太ったこともあって、お菓子を食べようとすると「デブるぞ」との注意。私は一人前の社会人なのに、自分の稼ぎで自分の好きなお菓子も食べられないのか…と、悲しくなってくるわけですよ。
 
ですからもう、「離婚してもいいのかしら~」と、こういうところでも思いますね。
 

離婚の体験談 - その13


 そろそろ離婚話をする時がきました

 

子供が小さいので離婚はできないと、ずっと仮面夫婦として生活してきましたが、そろそろ限界です。
 
子供がもう大きくなってきたので、事情を話せば納得しれくれると思いますし、離婚しようと思っています。
 
夫がどう反応するのかわかりませんが、離婚しないと後の人生後悔すると思うんです。
 
半年前から正社員として働き始めましたし、子供は私になついているので連れて行くつもりですが、夫が子供と離れるのを嫌がるかもしれません。
 
でもいつも子供を放っておいて全然子供と遊んでくれない人なので、子供は絶対に夫にはついていかないと思います。
 
夫は浮気をするでもなく、ギャンブルをするでもなく、悪い人ではないのですが、価値観や性格の違いから仮面夫婦になってしまいました。
 
どうか離婚することに同意してほしいです。
 

離婚の体験談 - その14


 また離婚をしたみたいです

 

姉夫婦は今まで一回離婚をしているのです。でもその二年後、また再婚をしてやり直したのです。
 
それなのにやっぱりだめみたいで、また離婚をしたみたいです。信じれません。そんなにも簡単に離婚ができるなんて、どういう考えなのでしょう。
 
書類上の事だから、どうでもいいと言っていましたがそうではないと思います。簡単に離婚をしたり結婚したりなんて、絶対にしないほうがいいと思います。
 
そんな姉夫婦を見ているので、私は結婚にはとても慎重になっているのです。軽々しく結婚なんてしません。きっとすぐに姉みたいに離婚をするからです。
 
もう姉には呆れてしまっています。両親も何も言いません。いい大人なので、全部本人に任せているのです。
 

離婚の体験談 - その15


 離婚から学べることもある

 

離婚というのは2度と経験したくない、嫌なもので、感情にも大きな影響を与えるものだと感じている人がたくさんいますが、好きで離婚するわけではなく、仕方がない状況になってしまい、離婚せざるを得ないということになってしまうこともあります。
 
それでも離婚から学べることはそれなりにあります。離婚という経験を通して、相手を非難するばかりではなく、自分としてどのような努力ができたのかを考える機会になりますし、離婚というつらい経験からさらに自分を強くすることもできます。そしてもし友人が同じようなつらい経験をしているならばその人の気持ちになって話を聞いてあげたり、アドバイスを与えることもできるかもしれません。離婚から得られるものもあるのです。
 

Image courtesy of adamr / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

離婚の統計データ

トップページへ