離婚原因と相談


 離婚前は気持ちが不安定になる!

 

もう別れるしかない、と離婚を決意した方は、現実的な手続きの準備を開始する前に、どなたか相談にのってくれる相手を見つけておきましょう。かなり精神的に追い込まれ、悩みに悩んだ末離婚を決意する方が大半ですし、いざ準備を始めても、この選択は本当に正しいのだろうか、などと葛藤したり、更に切羽詰まった精神状態に陥る恐れがあります。
 
離婚前は何かと気持ちが不安定ですから、胸の内を正直に打ち明けることができる存在が身近にいれば、かなり心強い筈です。昔からのお友達兄弟などのご家族、親しい近所の方など相手はどなたでも構いませんから、自分の立場になって物事を考えてくれる味方を探し、精神的な拠り所にしましょう。
 
また、最近は離婚カウンセリングを行う事務所も増加傾向にありますから、そういったサービスを利用し、専門家の意見を聴く、という選択枝も有りでしょう。離婚を考えてはいてもまだ決意が固まっていない場合、いきなり弁護士事務所に足を踏み入れるのは抵抗を感じるでしょう。

スポンサードリンク
 

離婚原因と相談


 1人で思い悩むのは精神的に良くない!

 

そんな時、果たして本当に離婚を決意するのか、もう一度考え直して結婚生活を続けるのか、自分の考えをまとめてくれるカウンセリングは非常に意義がある筈です。
 
離婚せずに済む方法を提案してくれるかも知れませんし、もし離婚する場合にも、離婚カウンセラーは弁護士に及ばないにしても、ある程度法律に関する知識も身につけていますから、何かと役に立つアドバイスをくれるでしょう。
 
相手がお友達にしてもプロにしても、誰かに相談することで考えを整理できたり、決意を固めたりできます。1人で思い悩むのは精神的にも良くありませんから、行き詰ることがないよう、まずは相談相手を見つけましょう

スポンサードリンク
 

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 離婚協議中に安易に書面にサインしないこと!
 
離婚協議書のようなものではなく、メモ書きのようなものにでもサインをすると裁判の際に離婚協議書に近いものとして扱われる可能性があるので書面に安易にサインするのはやめましょう。

離婚の体験談 - その1


 母に離婚を相談したら・・・

 

離婚したいと思い切って母に相談したら、あんたの思うようにしなさいと一言だけ言われたのですが、それがとてもずっしりと心に重く感じ、本当に離婚すべきなのかと迷っている自分がいます。
 
母に言うまでは、絶対に母は離婚に反対するだろうから、どうやったら母を説得できるだろうかとばかり、考えていたのですが、こうもあっさり離婚したいならしなさいと言われるとは、まったく思わなかったです。
 
母に言われた言葉がとても重くて、本当にこんなにあっさり離婚して良いのか、自分の中で葛藤しています。経済的には大丈夫だと思いますが、バツイチになって幸せになれるんだろうかと、不安があります・・・。
 
こんな風に迷っているうちは、離婚しないほうがよいんでしょうか。とても悩みますね。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その2


 離婚の相談を受けた時

 

友人や知り合いから、離婚の相談を受けてしまった時はどうしたらいいのでしょうか。まず、その相手との関係などでも変わりますが、いくら知り合いでも、両方から事情を聞かないと判断できないこともあります。ですから、一方的に話に乗ってしまうのは禁物の部分もあります。
 
しかも、プライバシーの関係することでもありますから、あまり別の人に話してしまうことは禁物です。その話が出てしまったばかりに、良くない方向に進んでしまう場合も少なくはありません。
 
ただ、相談してきた方の話を、親身になって聞いてあげるだけでもすっきりしてしまうこともあるのです。支えられている実感が湧くだけでも人は強くなれます。
 
ですから、あまり口出しなどはしないで、どういう経緯でそう思ったのか、解消方法などはないのかという相談に乗ってあげることは大事なことです。実際に聞いてしまった時は深刻になることもあるでしょうが、できるだけ聞き手になったほうが、混乱せずに済む場合も多いのです。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その3


 姉の離婚を相談されたこと。

 

私の親は、私が子供のころにケンカばかりしていました。父親の経営する仕事に、母親が協力的ではなかったからです。そのころ、怒鳴り合う親の姿を見ながら育った、私と姉に家はあっても居場所がありませんでした。私は怖くて、姉の手を何度も握りしめた記憶があります。
 
結局、両親は離婚をしました。母親は家から出て行きました。私と姉は、母親がいなくなったという寂しさよりも、ケンカを見なくなる環境になることで安心感を感じました。 そんな私たちも、年頃になり恋愛をすることになりました。でも、私と姉とよく会話していたことですが、結婚しても離婚するような家庭だけは作りたくないよねと話していました。
 
私はOLの時に、会社の同僚の知り合いを紹介されて結婚をしました。姉は、晩婚で40過ぎに結婚をしました。この前電話で相談をされたのです。姉の旦那さんの帰宅が最近遅くて、どうやら浮気しているらしいとのことでした。
 
姉は、離婚をしたいといっていました。でも、それは自分の親と同じになるよねと私は言いました。私は、姉にもう少し様子を見て、離婚を踏みとどまるように言いました。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 離婚について弁護士に相談してみませんか

 

もしもあなたが離婚をしたいと考えているのであれば、まずはしっかりと弁護士に相談をするようにしていますか。特に弁護士などに相談をせずに、離婚を進めてしまおうとしている人は多いのではないでしょうか。
 
しかし離婚といっても、様々な事を決めたり、手続きを行う必要があるので。離婚をしたいと考えているのであれば、しっかりと離婚をしてしまう前に、弁護士に相談をすることがとても大切です。また相談をする弁護士についても、弁護士ならば誰でもいい、というものではなく。
 
できるだけ、離婚の問題について詳しい弁護士を調べて頼むようにましょう。あなたもこれから離婚について、検討しているのであれば、まずは弁護士に相談をしてみてはどうでしょうか。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その5


 離婚したいことを先輩に相談・・・

 

信頼のできる会社の先輩に、離婚のことについて相談してきたのですが、先輩は離婚はしない方が良いと言っていました。先輩にそういわれると離婚しない方が良いのかと、気持ちが傾いています。
 
しかし先輩は自分の人生なんだから、最後に決めるのはお前だと言っていて、その言葉でさらに迷っている自分がいます。妻は結婚してからも独身気分で夜出かけることが多く、料理を全然しないですし、掃除もまったくしないのでいつも部屋がぐちゃぐちゃです。
 
週末に私が部屋を片付けています。しかし子供に対してはとても積極的に育児をしており、子供を愛している姿を見ると、離婚すべきではないのかとも思います。
 
しかし毎週部屋の片づけをしていて、とてもむなしく寂しい気持ちに襲われるのです・・・。どうしたらよいのか悩みます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 離婚の相談で縁を切られた元会社の先輩。

 

私は、高校を卒業後に大手の印刷関連の経理の仕事に就きました。そこでの仕事は残業も多く、仕事も細かくて大変でした。でも唯一、相談できる会社の先輩がいました。彼女は、しっかりもので会社での評判も良かったです。
 
彼女とは帰りの電車が同じでしたので、一緒に帰ることが多かったです。恋愛のことや、過去の恋のことなど実に頼れる先輩でした。そんな私も、結婚をしてからもこの先輩とランチをしたりすることがありました。でも、先輩は結婚して旦那さんの実家の近くに引っ越しをしてしまったのです。私は、電話で時々相談することがありました。
 
その頃、私の家は旦那はアルコール依存になっていて、旦那の父親は私に毎日愚痴をいうといった事が繰り返されていました。私は、先輩に相談をしているつもりした。離婚したいとずっと言っていました。
 
でも、1年ほどしてから、耳を疑うようなことを先輩から言われました。あなた、本当に離婚する気があるの?いつもいつも私に相談してくるけど、なにも変わってないじゃないの。それは、相談じゃなく愚痴なのよ、もう電話してこないでと言われて、縁を切られてしまいました。
 

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法


離婚の体験談 - その7


 昨今の離婚事情

 

数年前の東日本大震災以来日本の離婚率が下がったとも言われています。未曾有の災害で、家族の絆が深まったり、とにかくひとりでいるよりも誰かと一緒に居たいという思いからの結果なのではないでしょうか。それでも、3組に1組は離婚しているとも言われています。結構多い率なんだなとも思いますが、世界的にみるとそれでも日本の離婚率は低いようです。
 
そこで、結婚して何年経ったころが離婚する確率が高いのかって気になりませんか。よく、男女が付き合って3ヶ月目ぐらいが別れる危険ポイントなどと聞いたことがあります。ですが、さすがに結婚した夫婦は3ヶ月で離婚することは少ないでしょう。
 
最も離婚する確率が高いのは結婚してから4年とか5年経った頃だそうです。結婚して2、3年目というと子供が出来たりしていろいろ変化がある時期でも4、5年目頃になると、女性は子供に手がかかるので旦那さんをほったらかしにしてしまっていることが多いのも原因なのかなって感じます。
 
そんな結婚4、5年を過ぎると離婚の確立はグッと減ってくるそうです。結婚10年経過した夫婦は離婚する率はさらに低くなるともいいます。
 
結婚前に同棲し、その後結婚するカップルが多い時代です。ですが、結婚数年で離婚してしまう夫婦が多い背景には、できちゃった結婚などを理由にとりあえず結婚という形をとってしまったために運命の相手ではない人と結婚してしまったのも理由ではないでしょうか。
 
離婚は結婚よりも数倍労力を使うとも言われます。離婚は最終手段として考えたいものですね。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 離婚理由の第一位は「性格の不一致」

 

幸せになりたいと結婚したカップルでも、毎年25万人が離婚をしているというのが、世の中の現状のようです。
 
離婚するには大なり小なりの理由があると思いますが、離婚理由の第一位は「性格の不一致」のようですが、あまりにもざっくりしすぎていて、どのように性格が合わなかったのか、本当に性格の不一致だけが離婚理由なのかは分かりません。
 
離婚するきっかけというのはひとつではなく、長年のイライラが積み重なり一気き出した場合や、本当にどうでもいい理由で離婚に至る人などさまざまですが、一番あってはいけない離婚原因は「DV(精神的なものも含む)」です。
 
恋愛時代から共依存関係な上、付き合ってる時からDVが続いていたのならば、結婚したからといってDVが止むことはまずありません。
 
もし恋愛時代に殴られたり、精神的苦痛を何度も味わったのなら、結婚すれば考え直してくれるという安易な考えは捨てましょう。
 

離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開


離婚の体験談 - その9


 夜寝る前に離婚したいと思います・・・

 

離婚したいと思ってはいるのですが、生活をしているとなかなか行動できずに苦しいです。まず第一に小さな子供が二人いるということで、家事や育児に日々追われてしまい、夜寝る前に夫の嫌なところを思い出しては、もう離婚したいと思うのですが、朝起きたら、また日常の忙しさで考える暇がなくなります。
 
これってまだ本当に離婚したいと、追いつめられていない状態なんでしょうか。私はまだ離婚すべき状態ではなく、夫と話し合いをして仲良くなれるように頑張った方が良い、ということなのだろうかとも考えます。
 
しかし夫の無神経な発言や、暴言、嫌味などは絶対にもう改善することはないと思います。何度も優しさや思いやりをもってほしいと頼んだのに、まったく改善されなかったので・・・。まずは自分に経済力があれば、行動する気になるのかもしれないので、仕事を探してみようと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その10


 妻の料理が下手すぎて離婚したいです

 

料理が下手ということだけで、離婚したいと思うのはおかしいことなんでしょうか・・・。私の妻は結婚前から料理が下手で苦手だったようで、何度か手料理を作ってもらったことがありますが、簡単なカレーでさえ微妙な味でした。
 
とにかく好きと言う気持ちだけで、結婚してしまいました・・・。しかし結婚して数年、毎日食べるご飯が美味しくないと本当に苦痛です。妻に料理本を見たり、料理教室に通ってもいいから、もう少し料理について勉強してほしいと頼んだのですが、そんな面倒なことはしたくない、結婚前から料理が苦手なことがわかっていたのにひどいじゃないと、すごい剣幕で怒りだします。
 
最近はスーパーのお惣菜が多いのですが、これもまた飽きてしまい苦痛です。離婚したいのですが、自分のわがままなのだろうかと悩む毎日です。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その11


 肥満の夫・・・離婚の準備をしています

 

うちの旦那ですが、何度注意しても家のご飯以外に、パンやお菓子をたくさん買って食べています。結婚前に比べたら20キロ以上は体重が増えて、結婚前もそれなりにぽっちゃり体型だったのですが、今はもうデブ!という感じで、異性としての魅力はゼロです・・・。
 
毎晩隣でグースカ寝ている旦那を見ては、離婚したいと思ってしまいます。もし私や子供がお願いしている通りに、ダイエットをしてくれたのなら離婚を考えたりしません。こんなに太っていては病気になる可能性も高いですし、肥満は他人にも良い印象を与えないので、お願いだから痩せるように努力してと言っても、笑って聞いてくれません。
 
子供もこんなお父さんいらないと最近では言うようになり、本気で離婚に向けて準備しようかと思っています。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その12


 夫と離婚したい願望が夢にまで・・・

 

最近自分がとてもヤバい状態だなぁと思いますね。夫以外の素敵な男性が夢の中にでてきて、一緒に楽しく生活しているという夢ばかり見てしまいます。現実生活のなかでかなり不満を持っているので、願望が夢に出てしまっているのでしょうか。友達に会えば夫のグチばかりで、離婚したい話ばかりしているような気がします。
 
友達は思いやりのない夫と離婚して、自由になってもう一度やり直した方が良いと、アドバイスしてくれるのですが、現実には行動にできずにいます。離婚するってかなりの勇気がいりますよね。
 
親にも言わなくてはいけないし、バツイチになって、また再婚できるのかなぁなんて不安になります。だけどもう夫と暮らしたくないと悲鳴を上げている自分もいて、本当に悩んでいます。
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その13


 自己中心的な夫と離婚したいです

 

先日、夫と大喧嘩をしたのですが、それ以来口をきいていません。結婚して5年、何度夫婦喧嘩をしてきたかわからないですが、もう夫と離婚したい気持ちでいっぱいです。結婚前からなんとなく価値観が合わないなと思ってはいたのですが、やはり好きと言う気持ちが大きく、その不安な部分を見ないようにして結婚しました。
 
結婚すると24時間毎日一緒に生活するわけなので、価値観の違いは大きく、喧嘩することが増えていきました。私はお互いに妥協できることはして、話し合って仲良く生活していきたいと思っていたのですが、夫は自分の思い通りにならないと我慢できないタイプなんで、もうこれ以上は私も無理です。
 
何度も私が折れてきましたが、もう限界にきてしまいました。離婚したいと夫に話してみようと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その14


 離婚したい・・・子供がいなくて良かったです

 

昨日ダンナに思いっきり頬を叩かれました。もう絶対に離婚しようと思います!カっとなるとすぐに手を出してくるダンナとは、一緒に暮らしたくないですし、子供もいないので、今日この家を出て、とりあえず実家に行こうかと思います。
 
今までは実家の両親にだけは、心配かけたくないと思っていたのですが、こんなに強く叩かれたのは初めてなので、身の危険を感じるのでこの家を出ます。慰謝料も何もいらないから、すぐに離婚届けにサインをしてほしいと思います。
 
結婚する前はすごく優しくて、暴力などなかったのに、結婚したらあっという間に変わってしまいました。変わったというか、それが本来の夫の姿なんだと思いますが・・・。子どもがいなくて本当に良かったと思います。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その15


 妻と離婚したいけれど納得してくれません

 

うちの奥さんは近所の人からも、友人達からも、会社の人たちからも、素敵な人だね~と言われますが、私は彼女と離婚したいと思っています。人が良いのは他人の前だけで、私の前ではまったく家事のしないひどい女です。
 
私も結婚前は彼女の素敵な笑顔と、料理上手なところ、優しいところに惹かれて、結婚したのですが、結婚したらまったく家事はしないですし、思いやりもなく、ご飯はほとんどスーパーのお惣菜です。グチャグチャな部屋を、私が週末に一気に片付けるような感じです。
 
妻は子供をいらないと言っているのですが、本当は私は子供は欲しいです。結婚して3年が経ちました。離婚してお互いに合う人を見つけた方が良いと思いますが、妻は私とは離婚したくないようです。本当に悩んでいます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その16


 何度も転職を繰り返す夫と離婚したいです

 

離婚したいと親に泣きついてみたら、父親に怒られました。「あんな男と結婚するなと言ったのに、お前が選んで結婚したんだろう!」と、父はものすごく怒っていました。結婚する前から、何度も転職を繰り返している夫のことを、父はとても心配していて、結婚することを反対していました。
 
結婚後も二度転職しましたが、先日また突然会社を辞めてしまい、昼間は就職活動もせずに、ブラブラ外を出歩いたり、パチンコをしているようです。母はそんなに辛いなら離婚して、実家に帰っておいでと優しく言ってくれましたが、父は、離婚せずにもっと頑張ってみろと言っています。
 
甘い考えで結婚してしまった自分が悪かったと思います。夫にきちんと就職活動するように言ってもダメだったら、離婚しようと思います。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その17


 離婚したいことを親友に相談できず・・・

 

ずっとなんでも相談しあってきた学生の頃からの親友がいますが、離婚したいと悩んでいることを、話せずにいます。友人は結婚したばかりなので、新婚のラブラブさんなのですが、そんな人に、離婚したいといった暗い話はできないですよね?
 
彼女に会うたびに、旦那さんとのノロケ話を聞かされて、本当なら一緒に幸せな気持ちになるはずが、離婚したいと思っている自分にとってはとても苦痛です。最近では会うことを避けている自分もいて、信頼している友人なのだから、離婚のことを相談してみようかとも思うのですが、やっぱり無理だと思います。
 
離婚するってものすごく精神的に苦痛なことなんですね。でも離婚をして、もっと自分に合う人を見つけて再婚したいって思います。だから一人でも頑張ります。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その18


 夜中に冷たい弁当・・・離婚したいです

 

残業をして疲れて帰ってくると、家の電気が全部消えていて、テーブルの上にコンビニ弁当が乗っているのを見ると、離婚したいと思います。先月大きな夫婦喧嘩をした時から、ずっと会話をしていないですし、毎晩コンビニ弁当か、スーパーの弁当が置いてあります・・・。妻はすでに寝ています。
 
専業主婦なのに、ひどいと思いませんか。こんな話、情けなくて誰にも話せません。2年くらい前から妻から愛情を感じなくなり、私も今では愛しているのかどうかわかりません。子供がいるので、せめて成人するまでの数年間は我慢すべきだと思っていますが、たまにもうこの家には帰りたくないと思ってしまいます。
 
子供には悪いですが、離婚したほうが良いんじゃないかと悩みます。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その19


 時々離婚が頭を過ぎります

 

夫と結婚して10年が経ちました。
 
それは、新婚時代からずっと「こんなはずではなかった」と後悔し続けた辛い10年間です。とにかく夫は、会話をしません。仕事から帰宅して疲れているのは解ります。でも、私だって家事や子育て、パート、近くに暮らす義母の相手など、色々なことをこなして、夜にはもうヘトヘトです。
 
そうやってくたびれたとき、夫は誰とも口を聞きたくなくて、私は夫婦の会話が欲しくなるのです。友達にさりげなく相談してみると、友達のところは、子供のことを話すのが旦那さんとの共通の話題になっているそうです。
 
そして、子供が独立した後は、何を話せばよいか解らないと苦笑いしていました。でもひとつでも共通の話題がある夫婦は、定年後もそれを見つければよいのだと思います。私達夫婦は何もないので、時々やりきれない思いがして、離婚が頭を過ぎるのです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その20


 義理姉とは会いたくない・・離婚しかないです

 

義理の姉に何度も意地悪なことをされて、もう二度と会いたくないと言うと、夫から「離婚しかないな」と言われてしまいました。
 
どうしてそうなるんだろう?とものすごく腹が立ちます。
 
意地悪をしてくるのは義理の姉であるのに、どうして妻の私を守ってくれないのかとイライラして怒りがとまりません。
 
結婚前から義理の姉は私に冷たく、結婚を反対していました。
 
ほとんど話したこともないのに、どうして人にここまで嫌われなくてはいけないのかさっぱりわかりません。
 
義理の両親は良い人たちなのですが、義理姉にとても甘く、夫も義理姉には逆らえない様子です・・・。
 
離婚したくないと思っていましたが、もう離婚でも良いかなと思っています。もう義理姉には絶対に会いたくないです。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その21


 夫と女友達のことで離婚を考えています

 

夫が女友達と連絡を取っていることが不満で、離婚問題にまで発展しています。
 
その女友達とは私と知り合う前からの友達で、何も変な関係ではないし、何故友達と連絡をとっているだけで怒るのか、というのが夫の言い分です。
 
私は過去に浮気経験のある夫がどうしても信頼できませんし、実は夫には内緒で女友達と夫のメールを見てしまったのですが、まるで恋人同士のようなラブラブ内容でした。
 
ふざけているのかもしれませんが、私はどうしてもその内容が頭から離れず、連絡を取り合うのをやめないと離婚すると宣言してしまいました。
 
夫はそんなことで離婚なんてできないと言って怒っています。
 
その女友達に私から夫に連絡しないようにお願いしてみようかなと思うのですが、やりすぎかもとも思います。
 
このまま夫が女友達と仲よくするなら、本当に離婚しようと思います。
 

離婚の体験談 - その22


 妹の離婚が突然だったのです

 

駆け落ち同然で家を出て結婚した妹がいました。その妹が七年ぶりに、実家に戻ってきたのです。私はあまりにも痩せて、元気のなくなった妹を見てとてもびっくりしました。
 
家を出た時は絶対に幸せになると、笑顔で出て行ったのです。それなのに、今ではまるで別人みたいです。理由はわかりません。勝手に結婚して勝手に離婚をして、そして実家に戻ってきたのです。両親も何も聞こうとはしません。
 
ただ部屋でボーっと外を見ているのです。そんな生活が二か月も続いたのです。二か月後、吹っ切れたかのように就活を始めました。顔色も良くなってよく食べるようになって、行動を始めたのです。いつもの妹に戻ったのです。
 
どんなつらい離婚だったのかわかりません。でも妹は、今輝いています。
 

離婚の体験談 - その23


 いつも子供と一緒にいられます

 

離婚をしました。これでいつでも、子供と一緒にいられるのです。 以前は同居をしていたので、いつも子供は祖母がみていました。私は仕事をしていたのです。
 
でも家に帰ってきても、祖母は私には子供を渡してはくれないのです。まるで自分の子供のように、大事にしていたのです。
 
私は母親なのに、なぜ子供と一緒に入れないのかわからなくなったのです。そして夫も、祖母の肩を持つので私は孤独だったのです。
 
何のために働いているのかすら、わからなくなったのです。離婚を決意した時、夫は子供絶対に渡さないと言いました。でも私は争ったのです。どうしても子供と一緒にいたかったからです。
 
とても辛かったですが、やっと今離婚して子供と一緒にいられるのです。私はやっと母親らしくなれたのです。
 

離婚の体験談 - その24


 熟年離婚を考えています

 

私たち夫婦は子供も結婚して自立をした、結婚30年を迎える夫婦です。
 
「今までは子供のために」と思って、必死に家族のために生活をしていましたが、子供たちも自立した今、夫と離婚したいと考えています。 夫は今で言う「亭主関白」なのです。
 
なんでも夫が一番。妻は二番。
 
妻は夫を支えるもの。自分は仕事以外は何もしない、という状態でした。
 
もちろん子育てなど協力してくれた覚えはありません。
 
しかし子供たちがいなくなった今、夫と二人きりで過ごすことがとても苦痛なのです。
 
私は夫の言いつけもありパートもさえてもらえません。
 
とにかく家のこと、夫のことを支えることが仕事なのだそうです。
 
そんな毎日を死ぬまで続けていくことに全く将来が見えないので、離婚したいと思っています。
 

離婚の体験談 - その25


 愛人の家に行ったまま帰ってこない夫が許せません

 

夫が愛人の家に行ったまま帰ってこなくなったので、とうとう弁護士に相談することになりました。
 
夫は完全に開き直っており、私がメールをしても電話をしても出てくれませんし、毎日「離婚してくれ」とだけメールがきます。
 
色々な話し合いをしたいのに、すべて無視されて、おとなしい私もキレてしまいました。
 
あっちがああいうつもりなら、こっちは弁護士に相談して慰謝料請求をして離婚しようと思います!
 
もし夫が謝ってきて話し合いをしてくれたら、何もせずに離婚しようと思っていたのにもう許せません。
 
相手の女性にも慰謝料請求をするつもりですし、このままあっさりと離婚なんてできないと思っています。
 
最近はこのことで不眠気味で疲れ切っていますが、頑張ります。
 

離婚の体験談 - その26


 離婚をする前に考える事とは?

 

もうこれ以上結婚生活を続けていけない、離婚したいと考えた場合、とにかく別れることばかりに気をつかってしまう前に、考えるべき事があります。
 
離婚は本人同士だけの問題ではなく、子供がいる場合にはこれからの養育費用の問題や、お互いの両親に話をする、慰謝料問題や共有財産をどう分けるのかなど、離婚に向けてお互いの同意が得られた場合には、主に金銭的な問題が話し合いの中心になります。
 
離婚への同意が取れれば一番いいですが、そう簡単に離婚への同意が得られないのがほとんどですので、その場合には離婚原因(浮気が離婚の場合には、浮気の証拠を掴む)を明確にし、調停離婚、これでも決着がつかない場合には審判離婚・裁判離婚へと移りますが、裁判離婚にまでなるとかなりの料金が発生するのを覚悟しておく必要があります。
 

離婚の体験談 - その27


 離婚を踏みとどまる毎日

 

どんなに大恋愛をした相手でも、どんなに素敵な人でも、いつかは飽きてしまうのが人間です。毎日一緒にいて、見たくなくても見えてしまう相手の欠点。 一緒にいすぎれば誰でも嫌になってしまう瞬間は出て来るでしょう。
 
さらに、時が経てば、かっこよかった旦那さんも、太って二重あごに、ダルダルのお腹。出かけると言ってもお洒落もしないし、昔のようにどこかへ連れて行ってくれたり、優しくしてくれたりもしないとなると、どんどん愛情は冷めてしまいます。でも離婚して、その後苦労するのはたいてい女性です。子供を抱えて社会へ出なければならないのですから。なので、離婚と言う文字が頭をよぎっても、離婚した後の苦労を想像し、踏みとどまるのです。私は何度踏みとどまったことか。
 

離婚の体験談 - その28


 離婚したいけれど両親に反対されて・・

 

また夫がキャバクラに行っていたことがわかりました。
 
もう絶対に許せませんし、離婚しようと思います。
 
ただ離婚することを両親に話すと、そんなことで離婚したら不幸になるって言われたのが気になっています。
 
父なんてキャバクラぐらい許してやれなんて言いますし・・、子供を父なしにしてどうするんだと逆に怒られました。
 
友人にもなかなか相談できず、一人で離婚について考えていましたが、普通の家庭はキャバクラぐらいで離婚しないのかなと思いました。
 
でもどうしても楽しんでいる夫の姿を想像して胸が苦しく、夫に笑顔で接することができません。
 
何度もキャバクラが嫌だって言っているのに、通う夫の気持ちがわかりません。
 
これで愛し合っているなんて思えないですし、離婚したいです・・。
 

離婚の体験談 - その29


 親の相談しながら離婚を考えています。

 

あまりおおやけに言えることでは無いのですが、正直私は今、パートナーと離婚しようか本気で悩んでいます。
 
今のパートナーとは結婚して約5年、付き合っていた期間も含めると8年が経ちました。
 
結婚して最初の2年間辺りまでは、待望の子どもが出来たり、パートナーと一緒に家事の両立をしたりしてとても素敵な日々を送っていました。
 
ですが、今現在の私の心はパートナーに対して愛を持てなくなってしまっています。
 
と言いますのも、私自身も変わったのかもしれませんが、価値観がまったくと言って良い程に合わなくなってしまたのです。
 
なので一緒に暮らしていてもどこか冷たい空気が流れていると言いますか、 「家族で過ごす」という昔の温かい雰囲気はほぼありません。
 
親に相談したところ「子どもがまだ幼いし、今は離婚しない方が良いんじゃない?もう少し様子みたら。」と言われました。
 
親の意見はやはり重みがありますので悩んでしまいます。
 
まぁ急ぐことではありませんので取り敢えず離婚後に向けて収入を増やし、貯金を貯めたいと思います。
 
以上、今現在本気で離婚を考えている私の心の近況でした。
 

Image courtesy of renjith krishnan / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

離婚の統計データ

トップページへ