離婚の体験談 - その1


 ダブル浮気で一悶着ありました

 

実は数年前に、ダブル浮気がバレて一悶着ありました。ダブル浮気は、経験したことのない方からすると、「そんなリスクが2倍なことをなぜするのか」といった感じではないかと思いますが、実際は逆にリスクが少ない気分になってしまうものなのです。よく考えれば当然そんなことはないのですが、ほんと不思議です。
 
私の場合はその上、バレてもいいかくらいの気分にまでなっていました。要するに本気度が全くないわけです。相手もそうだったと思います。実際一悶着あっても、どちらも離婚することなく普通に生活を続けていますから、相手の奥さんと私が不仲になったくらいで済んでしまってもいます。
 
とはいえダブル浮気を含めて、2度と浮気をする気はないです。恋愛より面倒がない方をとりたい年になってきました。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その2


 彼女のダブル浮気、許すべきでしょうか

 

彼女がダブル浮気をしていることを知り、別れようかと悩んでいます。元カレとの浮気で、元カレには今新しい彼女がいるようですが、私の彼女のことも忘れられないとメールがきていて、関係を持ってしまったようです。
 
確かに付き合い始め、彼女は元カレに他に好きな人ができてしまったので、泣く泣く別れたと言っていたのですが、引きずっていたんでしょうか・・・。私の力不足で、彼女が浮気をしてしまったのじゃないかと、自分に自信がもてなくなりました。
 
彼女は「浮気だし、本気なのはあなただから」と反省していますが、なんだか納得できない自分がいます。彼女が好きだし別れたくないですが、ダブル浮気なんて辛すぎます。でも一度だけ許そうかなと思っています。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その3


 友人の浮気の行く末が心配である

 

最初に一言。私は、浮気否定派であります。経験者でもありますが、経験したからこその否定派です。私の古い友人は、知り合った時から浮気をしていました。相手もそうだと聞いていたのでW浮気ということになります。
 
正直、私にそんな器用なことが出来ないので続いてる現実が不思議でなりませんでした。ただお互い会うことがほぼないようで、時間を合わせることが凄く難しい関係だったようです。頻繁に会えない事が長続きしている秘訣なのかとも感じましたが浮気ですから何とも言い難いですね。
 
3年目くらいのころから私が連絡を取らなくなったため、二人の現状を知ることができません。ただ、あの二人ならそのままずっとW浮気の関係を続けていくのでは・・・と、思っていたりしています。適度な距離感とか、スリルとか、そういう物に燃えるタイプなのかもしれませんね。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 まさか2人とも浮気をしていたなんて

 

私は去年当時付き合っていた彼と凄い別れ方をしました。その彼とは付き合って1年弱くらいだったのですが別れる数ヶ月前から私に彼以外に気になる男性が出来てしまいました。しかしその人とこの先どうなるかも分からないし、付き合っていた彼の事も好きだったので彼とは別れないままその気になっていた男性と浮気関係になってしまっていました。
 
その彼は私に付き合っている彼氏がいるという事を知っていた上での私との関係でした。しかしこういう関係を続けていくうちにその彼の事が好きになってしまい真剣に付き合いたいと思い付き合っていた彼に全てを話して別れようと決意しました。
 
彼と2人きりになり全てを告白するとなんと彼も私以外の女性と浮気をしていてちょうどお前と別れようと思っていた所だったと言われました。私達はなんとダブル浮気をしていました。それには正直凄く悲しい思いをしましたが私も同じ事をしていたので人の事を責める資格はないなと思いお互いWIN WINで別れる事が出来ました。でもまさか彼も浮気しているとは夢にも思いませんでした。
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その5


 女性は気をつけたい「W不倫」

 

一方が既婚者、もう一方が独身者という普通の「不倫」とは違い、両方ともが既婚者である「W不倫」は、割り切ってできる疑似恋愛のようなものであるとよく言われます。W不倫をしている人達は、もともと自分の家庭も相手の家庭も壊すつもりがないので、普通の不倫よりも安全性の高い恋愛なのだというわけです。
 
しかしこういった不倫の場合、意外にも男性側ではなく女性側が配偶者にバレて終焉を迎えることが多いようです。元来女性は「嘘」ということに敏感なものですが、それは見抜く場合に限ってであり、自分が嘘をつくことには案外脇が甘いものなのです。
 
特に恋愛に関しては、女性は心の変化を伴うものですから、まず外見が知らず知らずの内に美しくなってゆきます。本人にその気がなくとも、相手により良い自分を見せたいという本能が働くので、化粧やヘアスタイルに気合が入ってしまったり、いつもと違うアクセサリーを身につけたりしてしまうようです。W不倫は大人の恋愛としては理想的な形かもしませんが、女性にはあまり向かない恋愛なのかもしれません。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 彼氏がまさかのダブル浮気をしていました

 

彼氏がダブル浮気をしていました・・・。ものすごくショックで、ここ数日不眠気味で、食事もまともにとれません。結婚を意識して私たちは同棲していたのですが、彼氏が男友達と飲み会だと言って夜遅くなったときに、なんとなく胸騒ぎがして、酔って彼氏が寝ているときに、彼氏の携帯電話を見てしまいました。
 
彼氏は男友達と飲み会ではなくて、女性とホテルに行っていたようで、今日は楽しかったと女性からラブラブなメールがきていました・・・。女性とは半年くらい前に出会ったようで、毎日のようにメールをしていて、しかもその女性にも彼氏がいるので、最低だと思いました。
 
携帯電話を見た翌日に私は実家に帰り、彼氏には別れるメールをして、何度も電話やメールがくるので拒否設定にしました。本当に辛くて苦しいですが、こんな最低な人と結婚しなくてよかったと思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 旦那の父親は浮気をしていた

 

私が結婚するときは旦那の親と同居して欲しいと旦那に散々言われました。25歳という若さでなんで旦那の親と同居しないといけないのか意味が理解できませんでした。同居はやめたほうがいいと友人も父も言ってくれていました。
 
私は社交的ではないので、旦那の父親や母親にお世辞がいえるほど、口が達者ではありませんでした。それでも何とするからという旦那の言葉を信じて同居しましたが、結局は凄く嫌な思いをしてきました。
 
私は同居したことを後悔しています。結婚したころに旦那の父親は早めに退職してしまって24時間家にいたのでした。夕方に毎日のように出かけることが多かったです。1度後をつけてみたのです。すると40代くらいの女性と近所のホテルに入っていったんです。
 
私はまさか、旦那の父親が浮気しているとは夢にも思っていませんでした。それ以来ちょっと一線を引いて見るようになりました。でも旦那の父親は同居して6年ほどで他界しました。浮気のことは誰にも言っていません。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 浮気癖のある元友達の話

 

以前私と友達だった、高校の時の同級生U子の話です。U子は良く言えば「恋多き女」、悪く言えば「男好き」だったんです。U子は見た目は清楚でかわいいんです。でも、その中身は「常に男を切らさずにはいられない肉食どう猛女」だったんです。
 
そのかわいらしい外見で結構モテていて、常に彼氏がいたんですが、2股3股は当たり前で、多い時は5股してました。これって、誰が本命かは知りませんが、常に浮気しているようなものですよね。
 
U子は常に男とのデートに勤しんでいて、あろうことか私にもアリバイ協力をするよう言ってきたのです。でも、私は浮気なんか大嫌いです。なのにその私に「浮気相手と旅行に行きたいから、あんたと2人で出かけることにしといて?」なんて言われるのはもっと嫌です。
 
結局、当時の友達はU子擁護派とU子嫌悪派に分かれてしまい、私はU子嫌悪派なのでそれからもう連絡も取っていません。でも、たまに実家に帰った時に地元に残った友達に聞くと、相変わらず男遊びが凄いらしいです。何であんなに浮気が大好きなんですかね…?
 

離婚の体験談 - その9


 誕生日に離婚騒動

 

先日は私の30歳の誕生日でした。誕生日に事件は勃発しました。 その日はさすがに早めに帰ってきてくれるかと思っていたのですが、旦那は連絡もなく帰りがいつもよりだいぶ遅くなりました。
 
私は数年ため込んだ不満が爆発し、もう限界だと思ってしまいました。旦那が帰ってきてから不満をぶちまけ、もう離婚したいと申し出ました。実は数年前から離婚を考えていたのです。
 
最近の旦那は携帯ゲームばかりしていて、私にかまってくれなくなっていました。その上、子供がほしいのに非協力的だったのです。料理を作ってもおいしいと言ってくれず、気に入らないと食べてくれませんでした。
 
私は毎日何をやっているんだろう。そんな思いがずっとずっとたまっていたのです。だいぶ前から一人で生きていく覚悟はできていました。
 

離婚の体験談 - その10


 できちゃった結婚、辛いので離婚したいです

 

毎日のように離婚したいなと思うんですが、できずにいます。結婚する時は本当に簡単でした。出会って三ヶ月できちゃった結婚です。子供ができたんだからもう結婚するしかないですよね。
 
ものすごく夢中になっていた時期でしたし、結婚してとても幸せでした。でもその幸せもすぐに終わりました。妊娠してつわりがひどくても働けと言われ、家事もしっかりやれと怒鳴られ、地獄の様でした。
 
出産した後もできるだけ早くに仕事を探せと言われて、夫は育児も家事も全部私にまかせてゴルフです。できちゃった結婚だからねと言われるのが嫌で、離婚しないように頑張ってきましたが、限界にきています。
 
赤ちゃんはとてもかわいいですが、夫は大嫌いです。夫が帰ってくるとうまく呼吸ができません。心臓がドキドキしています。離婚したいです・・・。
 

離婚の体験談 - その11


 私と離れた翌年に離婚した彼

 

私には高校生の時に好きで、付き合っていた彼がいました。彼は同じ中学の同級生でした。 彼の優しい穏やかな話し方が好きで、毎日中学に行くのが楽しくなっていったんです。 そのころはただの話すだけの間柄でしたが、高校生になっていろんなところにデートに行くようになりました。
 
でも1年半デートしてもプラトニックな恋をしていました。でも彼が急にプラトニックは卒業したい言い出したので 怖くて彼から逃げてしまったのでした。 それっきりになってしまって、お互いに別の人と結婚しました。
 
でも私の結婚生活はうまくいっていなくて、彼に愚痴を電話で聞いてもらううちに、又付き合うようになっていきました。 彼とは10年も付き合ってきました。それは彼が奥さんと離れて暮らしてきたからでした。 でも結局彼は彼は私と離れた翌年に奥さんとも離婚してしまったのでした。
 

離婚の体験談 - その12


 離婚届は円満な夫婦生活のためにはならない?

 

よく、「ケンカや浮気などのストッパーの目的もあって、離婚届は書いておいてある」といった夫婦もありますね。あれ、結構マイナスなことだと思うのです。なぜなら、夫婦ケンカって勢いのあるものですから、ケンカしている最中は、もう相手に対して「シネシネシネシネ…」ぐらいのことを思っているときも多いですからね。
 
だからこそ、その勢いで離婚届を出しに行ってしまうと思うのです。けれどもまあ、夫婦によることですけれど。うちの夫婦の場合は、二人とも激情タイプですから、おそらく離婚届はストッパーになるどころか、着火剤になってしまうでしょうね。
 
クールダウンしたら、「なんでさっきあんなに怒ったんだ?」というぐらいになるのですけれど。だからこそ、もう既に記入済みの離婚届はまずいと思うのです。
 

離婚の体験談 - その13


 あっさり離婚なんてしてやりません

 

夫は私と離婚したら、10歳も若いかわいい女性と結婚する気でいます。
 
一度は離婚しても良いかなと思いましたが、夫と彼女のメールを見て気が変わりました。
 
すごくラブラブなメールで、なぜ私だけこんなに辛い目に合わなくてはいけないのと怒りでいっぱいになりました。
 
離婚はしますが、慰謝料請求をしてもらうものをもらって、スッキリ離婚をしたいと思います。
 
夫は浮気を反省しており、私に土下座をして謝ってきたので慰謝料請求はしないと思っていたのですが、メールを見て反省はウソだったとわかりました。
 
相手の女性に「早くオバサンと別れたい」と話していたんです・・・。
 
絶対に夫も相手女性も許せないですし、そう簡単に一緒にはさせないと思っています。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚しても食べていけない

 

私は結婚するときに、旦那は大手の通信関連の企業に勤務していましたので、この職業の人なら将来は安心だなと 思って結婚しました。
 
でも、結婚するときに親と同居して欲しいと言われてしまって、嫌だと思っていましたが旦那がどうにかするから という言葉を信じて結婚しました。
 
でも結婚して旦那の親との同居にストレスを感じて、胃が痛くなったり円形脱毛症になったりしました。 特に旦那の父親が凄く苦手で、話すのも嫌だったのでした。
 
人の嫌がることを堂々と言うときがありましたし、近所の人のことも悪くいっていました。 それを旦那に言いましたが、旦那は全く聞く耳をもってくれませんでした。
 
でも旦那の父親は結婚して5年で亡くなってしまったのでした。 でも旦那とはうまくいっていなくて離婚したいと思っていますが、私は無職なので食べていけないので、 我慢して同居してます。
 

離婚の体験談 - その15


 家族の温かさを実感

 

離婚後、実家に帰る事になりました。離婚後の生活に自分で決めたことなのですが、どうしても不安や気持ちの余裕がなく、子供に向かい合っていく時間をつくる余裕がありませんでした。生活していく事だけでいっぱいだったのです。
 
しかし、実家にいる事により、両親や弟が、子供たちを気にかけてくれて、子供達も寂しい思いをせずに、私がイライラしてしまっても、逃げる場所があるというのは、本当にありがたいと思います。 離婚を決めたとき、親に反対され、ずっと説得されたのですが、それを無視するように離婚。本当に、親には迷惑ばかりかけてしまっています。しかし、いざ実家に帰ると、そんな私を責めることもなく、普通でいてくれる。本当に家族の温かさを知ることが出来、自分自身もそういう家庭を子供たちと作っていこうと思います。
 

Image courtesy of David Castillo Dominici / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ