離婚の体験談 - その1


 死後離婚とエンディングノート

 

死後離婚という言葉を、最近知りました。私達はもう数年前から仮面夫婦で、同居の姑にはかなり意地悪をされてきました。精神的にもかなり辛かった時期に、夫に助けを求めても、母とは仲良くしてくれとだけ言われ、まったく助けれくれなかったので、それ以来夫のことが好きではなくなり、仮面夫婦となりました。
 
姑が亡くなってそろそろ3年が経ち、夫や姑と同じお墓には入りたくないと考えるようになりました。周りの親族がそれを許してくれるのか不安ですが、長女には、死後、夫と同じお墓にしないでと言っています。
 
言葉だけでは不安なので、エンディングノートを書くつもりでいます。今更、働き先など見つかるとは思えないので、生きているうちの離婚は考えていません。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その2


 死後離婚、できるものならしたいです

 

死後離婚について考えています。
 
先日友人たちとランチをしていた時に、夫と同じお墓に入るなんて考えられない、死んでまで一緒にいたくない、死後離婚よと言っている友人がいました。死後離婚という言葉を初めて聞いたのですが、確かに私も死後は、夫と一緒のお墓は嫌だなと思っていました。
 
しかし現実的には、一緒のお墓に入るのが当たり前だと思っていたので、本気で死後離婚をすると言っている友人を見て、そんなことができるのだろうかと考えるようになりました。夫とはもう10年くらい不仲で、子供のために離婚をしないような状態です。
 
休みの日もお互い別々に好きなことをしていて、会話はほとんどありません。こんな夫と死んだあとも一緒にいるなんて、嫌です・・・。死後離婚できるものなら、したいです。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その3


 二つの死後離婚とその影響について

 

婚姻関係にあってもその仲というのは家族によって違います。子供や生活費などの事を考えて関係が悪くても一応一緒に住んでいたりしている夫婦もいるほどです。でも死亡する事によって状況が変わってくる事があります。
 
一つ目はパートナーが死亡する事によって女性が旧姓に戻す事があります。これは姻族関係終了届を出す事によって出来、旧姓を戻すだけでなくパートナーの親族との関係も絶つ事ができます。しかし関係終了しても遺族年金などは同様に受け取る事が出来るので安心です。
 
二つ目は婚姻関係を解消しなくても、死後に同じ墓に入るのは嫌と考える人もいます。特に妻の方は一緒の墓には絶対入りたくないという人も当然出てきて、死後離婚を考える人も多いです。死後離婚を希望している際には残された家族に意思表示や墓の準備をしておく事が重要になります。
 
このように死後離婚には色々なものがありますので、死後も一緒になるのが嫌な人は考えてみるのも良いと思います。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 死後離婚という言葉は、少し仰々しい感じですね

 

死後離婚という言葉は、少し仰々しい感じですね。この言葉を聞くようになってから、まだそれほど経過してはいません。現在のところ、しっかりとその意味も定着してはいないようです。
 
ほとんどの場合は「夫が亡くなった後、本来妻が入る予定のお墓に入らない」というようなことで使用されるようです。しかしながら、ずっと以前から、このようなことはあったようです。「お墓は舅・姑と一緒ではいやだ」「本当の両親と一緒に実家のお墓に入りたい」「自分が亡くなった場合、自然葬にしてほしい」という考えを多くの方が持っているようです。
 
また、「夫とは死んでまで一緒にいたくない」というような人もあるようですが、ここまでなってくると、本当に死後離婚と言えるでしょう。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 亡くなった後にする離婚について

 

人は大人になると結婚をして夫婦一緒に生活をしていくことになるのですが、いろいろな価値観の違いや性格の不一致などによって離婚をしてしまう夫婦も存在します。
 
しかし離婚をするためにはいろいろな障害が出てくることもあるので、そのようなことを考慮して離婚をしたいと思っていてもしない人もいます。そして人が亡くなれば、障害が出てくることもないので離婚をしても問題ないと考えますが、法律的には亡くなった後は離婚をすることはできません。しかし離婚に類似するような状態にすることは可能で、夫婦別々のお墓に入るという方法です。
 
夫婦別々のお墓に入れば亡くなってからは別々の場所で眠ることになるので、離婚をしたのと同じような状況になり、このようなことを死後離婚と呼んだりします。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 友人のお母さんが死後離婚を望んでいました

 

死後離婚という言葉は最近まで知りませんでした。友人のお母さんの話を聞いて初めて知りました。友人のお母さんは先日亡くなりましたが、その際に遺言書が出てきたそうです。内容は、自分の持っている財産を誰にどれだけ相続させたいか、葬儀はどんな風にやってほしいかなどが書かれていたとのこと。
 
それらはごくありきたりなことですが、一つだけびっくりするようなことが書かれてあったそうです。それは死後離婚したい、という内容だったようです。死んだあと離婚することで、自分は実家のお墓に入ることが出来ます。お母さんは大変嫁ぎ先の両親と仲が悪かったらしく、同じお墓には入りたくないとずっと言っていたそうです。
 
友人はお母さんの望みをかなえるべく手続きをしてあげたいと言っています。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 浮気というイメージ

 

浮気というイメージは自分にとってはかつては他人事でした。しかし、あまりにも浮気な話をこのごろ聞きすぎるということです。 しかし、浮気に対する免疫ができてしまったのか「そういうものか」と半分あきらめがちです。そんなときに女性にいわれる言葉としては「自立」です。
 
いったい何をどうすることが自立なのかというと自分でもあまり人には説明もできない感じです。だって独身女性が自立するためにはやはり男性も必要らしいです。必要であれば結婚してもおかしくないはずなのに、そのあいまいさがとてもよいらしいのです。
 
浮気の怖さは生活がなりたっていかなくなってくるところです。でも、生活がなりたたないので、浮気に走るという人も多いみたいですが、そんなときにはやはり男性も悩んでしまうのだろうと思ってしまいます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 浮気をしても彼を愛していた

 

私は中学生のころに親が離婚をしてしまったので、凄く心が暗い女子中学生でした。 みんな楽しそうにしていましたが、私は誰とも会話をすることがありませんでした。 そんな時彼が話しかけてくれるようになって、凄く優しい人もいるんだなと思ったのでした。
 
でも彼とは会話をするだけで自分の気持ちはいえませんでしたが、中学の卒業式の日に手紙を渡しました。高校生になって彼から連絡があってデートするようになっていきました。
 
初めて彼と手を繋いだことは今も凄くよく覚えていますが、彼とは1年ほどで離れてしまったのでした。彼が引越しをしてしまったからあえなくなってしまったのでした。 それから10年ほど経って彼が結婚してまた東京に戻ってきたと聞いて彼の友人から連絡先を聞いて電話してみたのでした。それからお互いに付き合うようになっていき、私は浮気をするようになってしまったのでした。
 
でも2人の間で浮気という言葉は使ったことがありませんでしたし、彼のことを愛してました。
 

離婚の体験談 - その9


 海外であった離婚の不思議な形

 

私の海外の友人にこんな人がいる。離婚をしたけれど、同じ家に住んでいて、寝る場所は別々の部屋で生活をしている。子供も2人いるが、子供は2人で育てている。2人の子供なのだから2人で育てるというのが2人の考え方なのだと言う。
 
ここまではなんかわかる気もするけれど、続きがある。そして両親は離婚をしているので、それぞれ自由なので、彼氏やら、彼女などもいて、それぞれの彼氏彼女が家に遊びに来くることもあるしもちろん食事を一緒にすることもあるし、たまにはそれぞれの彼女彼氏を含めた6人で夕飯を食べることがあるのだという。
 
子供達もそれをわかっていて、パパの彼女、ママの彼女と理解し、パパとママは離婚をしていて、両親なのだが、夫婦では無いというのを理解しているのだと言う。これは海外の価値観ならではなのかわからないが、面白い話である。
 

離婚の体験談 - その10


 ずっと離婚しようと思っています

 

私は結婚してからずっと思っている事があるのです。それはいつになったら、夫と離婚をしようかという事です。
 
好きで結婚したわけではありません。父にすすめられて結婚したのです。でも好きにはなれません。嫌いでもないのです。それでもこのままずっと一緒に暮らすなんて、私にはできそうにもありません。
 
絶対にそのうち離婚しようと考えいるのですが、それがなかなかできないのです。まずは両親に言わないといけません。でも父は夫の事をとても気に入っているのです。最近では私よりも、夫と話をする機会が増えているみたいです。まるで本当の親子みたいなのです。
 
でも私は離婚を考えています。いつでもいいのです。今すぐにでも離婚しようと思ったら、できるのです。
 

離婚の体験談 - その11


 子供が欲しい夫と離婚することに・・

 

子供が欲しくない私と、子供が欲しい夫、話し合いの末離婚することになりました。
 
私は仕事が大好きなので、結婚する前に仕事は辞めるつもりはないこと、そして子供は欲しくないことを夫に話しましたし、夫もそれをわかったうえで結婚を決めました。
 
なのに半年ぐらい前から、会社の人たちが続々子供が生まれて羨ましくなったのか、私に仕事を辞めて子供を産んで欲しいと言うようになりました。
 
人間ですから気持ちが変化することもあると思います。
 
私はどうしても仕事を辞めて妊娠、出産、子育てをしたくないんです・・・。
 
たっぷりと産休、育休が取れる会社ではないですし、出産=辞めるということになります。
 
夫も私もまだ30代なので、お互いにやり直しができるうちに離婚しようということになりましたが、ちょっと寂しいですね。
 

離婚の体験談 - その12


 離婚は遺伝する?!

 

離婚する人たちが増えていると聞いたことがあります。 しかし、私の周りではほとんどの人が離婚経験なし。 ご主人のぐちを言いながらも結局はご主人の元に帰っていく方ばっかりです。
 
しかし、最近友人から離婚することになったと報告を受けました。
 
そうかぁ。大変だけど頑張ってね。と話していると 大丈夫よ!私の母も祖母も離婚しているけど、ちゃんと生活しているから!私も頑張るわ~!と返事が。
 
お母様もおばあさまも離婚経験者だったとは。 少し驚きながらも私の周りの数少ない離婚経験者達のことを考えていると そういえば離婚をした友人は全員ご両親が離婚した方…。
 
離婚は遺伝する…。 ご両親が離婚しても幸せに暮らしておられると自分も離婚して再出発しよう!と思うのかもしれませんね。 離婚って不思議だな~と思った一日でした。
 

離婚の体験談 - その13


 喧嘩ばかりなら離婚も視野に?

 

なぜ結婚したのか、結婚後しばらくして考えたことはないですか。暇じゃない人は結婚について考えないかもしれません。
 
しかし、ふと、どうしてこの人と結婚したのか立ち止まった時に、離婚の二文字が頭をよぎるかもしれません。
 
どこが好きで結婚したのか冷静に考えるとよくわからなくなります。喧嘩ばかりして、そんな日々が嫌になって、離婚したほうが気持ちがさっぱりするかもしれません。 しかし、離婚するには反響が大きすぎて、なかなか踏み切れません。芸能人なら特にそう思うでしょう。
 
一般人でも反響が大きいのだから、芸能人なら尚更です。
 
ズルズル先延ばしをするよりもさっさと離婚しちゃったほうが、自分のためになるとわかっていても、そのままズルズル続いてしまうのが結婚です。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚とモラルハラスメント

 

モラルハラスメントをご存じだろうか?ドメスティックバイオレンスは肉体的暴力で傷やあざが残る目に見える暴力。モラルハラスメントは精神的暴力で心にだけ深く傷が残る目に見えない暴力。大人としてあるまじき暴力に苦しんでいる既婚者が全国に存在する。
 
円満に見える夫婦だから無縁だろうとはかぎらない。恋人のときは対等だった関係も夫婦になると性格的なもの金銭的なものなどいろいろな理由が絡み合い上下関係ができてしまうことがある。たとえば夫の思い通りに妻が行動しないと夫はイライラして妻を怒鳴る、嫌ごとを言うなどを繰り返し、そのうち妻は夫の言う通りに行動せざるをえない状況に陥ってしまうことがある。モラルハラスメントが長期化すると何が問題かというと精神的な病につながるおそれがある。
 
このような上下関係ができてしまうとそれは健全な夫婦関係とはいえず精神的な病を改善することは非常に難しいと言われている。夫婦間にモラルハラスメントが存在するのであれば唯一の解決方法は距離を置くことである。基本的に離婚には反対であるが、距離を置いてもなお解決が見込めないようであれば離婚もやむを得ないと私は考える。
 

離婚の体験談 - その15


 浮気癖がなおらない夫に我慢できない

 

私は夫の2番目の妻、つまり後妻です。
 
前の奥さんは夫の浮気癖に耐えられず離婚されたと聞いています。でも、私が離婚後の夫と知り合ったとき、彼は私好みのイケメンだったし、話もおもしろくて、好きになってしまいました。たぶん同じような手で女性は夫にだまされてしまうのでしょうね。
 
結婚するとき、「もう2度と他の女性とは付き合わない」ということを約束してくれました。でも、その言葉を守ったのはわずか1年。すぐに浮気の虫が動き始めたようでした。 たまになら許してもいいとは思うのですが、何度も何度も相手を変えながら続けていくのです。私もその不実さと不潔さに我慢できなくなってしまいました。妻というものをどう考えているのでしょうか。 私も前の奥さんの気持ちがとてもよくわかるようになりました。愛想がつきたのできっぱり離婚します。
 

Image courtesy of Ambro / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ