離婚原因と宣言


 基本は証拠を集めてから離婚宣言しよう!

 

密かに離婚を決意しても、口に出して言わなければ相手には伝わりません。もう結婚生活を続けることができない、と悟ったら、一体いつ相手に離婚宣言すれば良いのでしょうか。
 
相手に離婚宣言してから離婚成立に備えて準備を開始する方も少なくありませんが、もし相手の浮気が原因で離婚に至る場合、警戒されて証拠隠蔽されてしまう恐れがありますから、要注意です。
 
いくら確実に浮気されているとの自信があっても、証拠がなければ慰謝料を請求することもできません。相手も慰謝料を払わずに済むよう、離婚成立までは浮気相手と会わないようにするなど対策をこうじる可能性大ですから、物的証拠を充分に集めてから離婚宣言することが大切です。

スポンサードリンク
 

離婚原因と宣言


 離婚宣言するタイミングを十分検討しよう!

 

浮気同様パートナーの暴力が原因で離婚を決意した場合も、離婚宣言のタイミングが難しくなります。慰謝料を請求する場合には医師に診断書を書いて貰う必要がありますし、離婚宣言によって新たな暴力を振るわれる可能性もありますよね。
 
相手が冷静に話し合えない状態なら、裁判沙汰になる可能性も強いので、その準備も必要です。いつ離婚宣言すれば良いのかは夫婦によってケースバイケースですが、完全に準備が整ってから離婚宣言した為、話し合いの余地がない、と相手が納得せず、後々揉めることもあります。
 
相手も離婚を希望している場合にはスムーズに離婚を成立させられますが、離婚自体に相手が抵抗するような場合、第三者を介入させての話し合いが必要になったり、必要な準備も色々あります。もしいつ離婚宣言して良いのか分からない場合、離婚コンサルティングに相談するのも1つの選択枝でしょう。

スポンサードリンク
 

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 弁護士をつけなくても裁判はできますが・・・!
 
裁判には、代理人訴訟と本人訴訟があります。裁判離婚においても弁護士をつけずに自分だけで裁判を起こすことが可能です。ただ裁判というのは形式が非常に重要です。裁判の形式にのっとり、自分の意見や理由を裁判官にうまく伝えるためには弁護士をつけるのは賢明な判断です。一般的な裁判官は本人訴訟より代理人訴訟を好みます。なぜなら、裁判官と弁護士という法律のプロ同士の話し合いになるからです。

離婚の体験談 - その1


 離婚して自由でHAPPYな生活を手に入れよう!

 

あなたは離婚したいですか?
 
夫が家事を手伝わない。子供の世話をしない。休みの日は寝てばかり。などなど、夫に対する不満がたまっていたら、「別れてやる!」と思うことは誰でもありますよね。不満はお互い様。それでもお互いにいいところを認め合って、うまくやっていけるならば、それにこしたことはないのです。
 
でも、どうしても夫が嫌いになった、というとき、老後の自分を想像してみてください。そこに夫はいますか?子供が育って、年をとって、夫と2人で生きていけそうですか?NO!の方、真剣に離婚を考えましょう。
 
一昔前は、離婚というとネガティブなイメージがありましたが、いまは、幸せになるためのステップのひとつです。人生は一度、嫌いな人と一緒にいる暇なんてないはず。思いきってはばたいてみてはどうでしょう。
 
そのためには、まずするべきことは、経済的自立です。専業主婦の方は、仕事を探すことから始めましょう。仕事をしている方なら、その仕事で自立する道を探ります。自分(と子供)が生活するのに、1ヶ月いくらかかるかを計算し、必要な収入を確保します。
 
今の住まいを出て、新しい生活を始めるために、ある程度まとまったお金が必要となりますので、それを目標に貯金します。できれば実家の支援があるといいですね。実家でしばらく暮らせれば、生活も楽ですし、そこまでの支援はしてもらえなくても、実の親が精神的に支えてくれれば、気持ちの上で楽になります。
 
離婚は人生の大きな決断ですが、思いきってやってしまえば、不満を抱えながらの生活よりも、はるかに自由でHAPPYな毎日が待っています。合言葉は「HAPPY NEW LIFE」がんばりましょう。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その2


 専業主婦の立場

 

結婚して子供ができたので、仕事を辞めました。夫もそうしてほしい、と言っていたので専業主婦になりました。でも最近、家の事と子供の事だけの毎日に違和感を覚え始めました。
 
それに、子供ができてから、夫との言い合いが多くなり・・・子育てに全く関わらない夫に不満がつのり、何度も離婚を考えました。でも、専業主婦って弱い立場です。仕事をするのは嫌ではありません。
 
むしろ仕事に戻りたいのですが、辞めてからのブランクがありすぎて、雇ってもらえるかどうか。それに、戻ったとしても、すぐに前のようなお給料をもらえるかどうか。離婚したら、きっとシングルマザーになって、子育てと仕事をこなさなければならないと思います。
 
夫は、悔しいですが、今までとあまり変わらない生活をしていくのだろうと思います。子供と会えないのは寂しいかもしれませんが、経済的なことは、多分あまり変わらず・・・出費は子供への養育費だけでしょう。
 
専業主婦になるということを、もっとよく考えればよかったと、とても後悔しています。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その3


 主人に急に離婚を宣言されました。

 

子供二人が無事に巣立って、これから主人とふたりの時間をつくろうなんて思っていた矢先急に、主人に離婚を切り出せれてびっくりしています。主人は10年以上も前から離婚を考えていたようです。理由は性格の不一致だそうです。
 
思えば今までずっと育児や家事でなんでもやってくれた夫でした。なにも言わなくてもずっとストレスを溜めていたのかと思います。私にも悪いところがあったのかもしれませんが、離婚はしたくありません。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 離婚したいとビシっと宣言したいです

 

離婚したいと言ったら、私の妻はどんな反応をするだろうと、毎晩考えるようになり、ここ数日間、不眠気味です。家事をしない妻のことをだんだん好きではなくなり、今は一緒に生活することが苦痛ですが、偽りの笑顔で生活しています。
 
こんな私の気持ちに、妻は絶対に気が付いていないと思います。うちの家庭は妻がとても強い立場にいて、私はいつも妻に従っている情けない男です。ビシっと離婚したいと言ってみたいです。
 

離婚調停を圧倒的有利に進める77項目完全公開


離婚の体験談 - その5


 成田離婚をした友人のこと。

 

私の高校生の時の友人で、生涯結婚はしないと言っていた女性がいました。その彼女は、お金持ちだしお嬢様育ちだからきっと結婚に向いてないんだよと、周りの仲の良い友人は話していました。確かにわがままなところはあるけれど、でも優しい人だと思っていました。
 
彼女とは、高校を卒業しても電話でのやり取りをしていました。家族がやっている病院に勤務する彼女は、最近になり結婚を考えるようになったとのことでした。私はそれは良いことだよねと電話で話しました。それから3か月後に彼女から結婚の案内状がきました。結婚式は300人もの人がきて幸せそうでした。
 
ヨーロッパに新婚旅行に行った彼女は、帰国後私に電話をしてきました。実は彼のいびきとおならに呆れて、旅行中にケンカになったとのことでした。彼女は帰国後すぐに成田空港で離婚すると宣言して、離婚してしまったのです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 離婚のタイミングは難しい

 

去年友人の両親が離婚しました。その友人とは幼なじみで、私が保育園児の頃からすでに仲が悪かったように思います。子どもながら、「仲が悪いな」とわかるほどでした。友人が「うちの両親は仲が悪いから、甘え方が難しい」と言った時は衝撃的でした。
 
離婚のタイミングは、友人も大人になり結婚して少し経ってからのころでした。子どもが育つまで耐えていたのかな、と思うと残念な気持ちになります。旦那さんは離婚前から子持ちのバツ一彼女がいたようで、現在は同居中だそうです。一方奥さんはその友人と住んでいます。
 
友人は友人で、子どもが出来た直後に離婚し、現在シングルマザーです。旦那さんは子どもが出来てから態度が変わったそうです。この親子を見ていると、離婚のタイミングは非常に難しいのだな、と感じます。
 

~あなたの離婚問題もきっと解決できます~


離婚の体験談 - その7


 ついにキレて離婚宣言した私

 

旦那が毎日スマホのゲームに夢中で、まったく子供の相手もしないし、自分の世界に浸りきっています。独身か??とつっこみたくなるのを、ずっと我慢していましたが、先日とうとう我慢できずに怒鳴ったら、離婚だ!と言われました。
 
は?離婚?どの口が言う?と思った私は、ついにキレてしまい、私もこっちこそ離婚してやる!と、離婚宣言してしまいました。今はずっとお互いに冷戦状態で、数日間会話していません。
 
子供はまだ1歳にもなっていないのですぐに離婚というのはないですが、もう本当にこんな旦那いらないと思ってしまいます。あまりに子供すぎる!と、うんざりしてしまいます。ゲームに夢中な旦那を受け入れることができない私は、心が狭いでしょうか。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その8


 子供を奪おうとしていた不実な夫との離婚

 

私が夫と離婚した時、子供は小学生の息子と幼稚園の娘でした。その二人を連れて実家に戻ったのです。離婚の原因は夫の不倫です。夫は一年も前から私との離婚を考えていて、娘だけ引き取ろうと準備をしていたのです。娘と二人で遊びに出掛けては、不倫相手と三人で親子のような時間を過ごしていたのです。
 
その光景を偶然見た友人から話を聞きましたが信じられず、娘にさりげなく聞くと「パパと知らないお姉ちゃんに遊んでもらった」と言うのです。愕然としたのと同時に吐き気がしました。不倫していただけでなく、私から娘まで取り上げようとしていたなんて。
 
夫に問いただすと、全て認めました。娘が馴染んだら、次は長男も女性に会わせるつもりだったのだと。夫は私から子供を二人とも奪おうとしていたのです。私はその内容をICレコーダーに録音していて、それを元に裁判を起こしました。相手の女性から慰謝料を取り、そして夫からも慰謝料を取って離婚しました。
 
養育費は振り込みで払わせていますが、子供には一切会わせていません。子供も会いたくないと言っていますから。
 

離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法


離婚の体験談 - その9


 こんなことで離婚はおかしいでしょうか

 

休みの日以外は毎日お酒を飲みに行くダンナのことが我慢できず、離婚したいと言ってしまいました。
 
私の友人のダンナさんは月に一度か二度くらいしかお酒を飲みに行かない人で、とても家庭的なダンナさんばかりです。
 
そのせいか比べてしまって、うちのダンナはひどい人だと思うようになってしまいました。
 
私は専業主婦ですし、ダンナは毎日一生懸命仕事をして大変だと思いますが、毎日お酒を飲みに行くのはイライラします。
 
自分だけ楽しんで、私は美容室に何ヶ月も行っていないのに・・なんて思ってしまうんです。
 
こんなことで離婚を考えるのはおかしいのかなと思いますが、普段から専業主婦を見下して、俺は偉いんだというダンナがだんだんキライになってきています。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その10


 子供の事を思うなら離婚すべきです

 

良く仲の悪くなった夫婦が、子供の為に離婚をためらうと言う事があります。離婚をすると子供の世間体が悪くなるとか、将来に悪影響を与えると言ったことが理由です。ですが真に子供の事を考えるのならば、仲が悪くなった夫婦は離婚すべきだと思います。
 
夫婦がの仲が悪いと喧嘩が絶えなかったり、また子供が心配するからと仲の良い夫婦を演じる事があります。どちらにしても、子供にとっては良い環境とは言えないのです。
 
子供は大人が考えられないくらい感受性が強いですから、大人の小芝居など見抜いてしまうのです。離婚しなければ世間的には良いかもしれませんが、家の中の空気が悪くては元も子もないのです。
 
離婚すると聞けば子供はショックを受けるかもしれませんが、そんな事は時間が解決してくれるものです。喧嘩の絶えない家庭や仮面夫婦の家庭から子供を救うために、離婚を決意した方が良いと思います。
 
離婚を終わりと考えるのではなく、新しい人生の始まりだと考えれば良いのです。自分の為にも子供の為にも、離婚は必要な物と言えます。
 

離婚の体験談 - その11


 離婚した夫婦が三組います

 

私が住むこのアパートには三組の夫婦がいます。その夫婦は三組とも離婚しているのです。でも同居をしています。とても不思議な元夫婦なのです。
 
私は一回も離婚を考えた事はありません。でもこの三組の夫婦は、何度も考えた末の離婚だと言っていました。子供もいないし、離婚しようかという気軽な気持ちだったのです。
 
私にはそんな気軽な気持ちにはなれません。離婚は一大事なのです。相手の事が嫌いと思えるくらいにならないと、離婚はないでしょう。そして離婚しても一緒に住むなんてありえないのです。
 
私はそんな簡単な気持ちで離婚はできないだろうし、その人たちの考えがわからないのです。でも離婚しても一緒にいるという事は、とても仲良しなのでしょう。
 

離婚の体験談 - その12


 気持ちの整理が出来ました

 

夫以外に好きな人が出来たこと、妻と子供に無関心な夫にはもう愛情を感じないこと、この二人で離婚をしたいと思うようになった私ですが、段々と自分の中で気持ちの整理がつくようになりました。
 
まず、好きな人がいることと、今回の離婚は一旦切り離して考えることにしました。やはり物事には順序があり、好きな人にうつつを抜かす前にしっかり妻として、母親としてけじめをつけることが必要だと思ったのです。
 
そのためには、最後に一度は、夫と向き合わなくてはなりません。一つ屋根の下で暮らしながら、もう殆ど会話らしい会話をしてない私達、よく考えてみれば、幼い子供たちにも気を遣わせてしまい、辛い思いをさせているのだろうと思います。こんな冷え切った夫婦仲を見せてしまうのなら、離婚して母子家庭になったほうがまだマシだろうと感じています。
 
そろそろ夫に離婚の話を持ちかけようと思います。
 

離婚の体験談 - その13


 友人が同じ歳である女性と離婚する

 

私の友人ですが先日離婚しました。
 
この友人は30歳の男性で相手の女性も同じ30歳でした。
 
この2人は同じ大学を卒業して大恋愛のすえに結婚して私は結婚式にも行きました。
 
他人から見たら仲がよさそうに見えていただけに離婚するとは思いませんでした。
 
しかし、離婚した理由を友人の男性に聞いてみると浮気でした。
 
浮気したのは女性の方で女性の勤め先の年下の男性と関係をもってしまったということです。
 
友人は女性の携帯電話のメールを見た事がきっかけで浮気を知ったとの事です。
 
そして、友人の男性は探偵を雇って詳細を調べたら浮気の決定的瞬間が写真におさめられていたそうです。
 
この写真を証拠として友人は女性と離婚したとの事です。
 
2人は子供がいなかったのでお互いやり直して今後は良い人生を送れる事を祈るばかりです。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚という言葉が浮かぶ時

 

結婚生活をしている人は、どのくらいの割合で離婚を考えた事があるのでしょうか? 5年も続けていれば半分程度の人は考えた事があるのではないでしょうか。 かくゆう私もその一人です。 結婚生活は10年を越しています。 今までは気にした事もない事が、だんだん気になるようになってきました。
 
気になる事の大半は、夫の実家との関わり合いかたです。 結婚当初は新しい家族に受け入れてもらいたくて、慣れない事もやってきました。 それが次第にあれ?と感じるようになってきたのです。 そこまで頑張らなくてもいいのでは?と思う気持ちが大きくなってきたのです。
 
図太くなったとも言えるでしょう。 頑張らなきゃいけないのならいいや。と開き直りにも似た感情が出てきたのです。 そうなってくると気分も楽になります。 今は誰も私の気持ちに気が付いていないですが、いざとなったら前面に出してやろうとほくそ笑んでいるのです。
 

離婚の体験談 - その15


 結婚したのはなぜか

 

私が家事に追われてバタバタしていると、子供たちが構ってほしくてまとわりつきます。わかっているけど、体は一つしかないからどうしようもない。そんな時に、寝転がりテレビを見ている主人にとても腹が立ちます。
 
そして、同時になんでこの人と結婚したんだろうと思うのです。かっこいいわけじゃないけど、とても優しいから結婚したのに、今では優しくありません。労わってもくれません。顔は太って、不細工に輪をかけてきました。そして、子供の面倒見ないし、家事は手伝わないし、安月給。何が良くてこの人と結婚しているんだろうと思ってしまいます。まあ、離婚すれば、自分が正社員になって働かなければならないだろうし、子供たちに今以上のさみしさを与えてしまうかもしれないから、このままでいるしかないのですが。
 

離婚の体験談 - その16


 離婚しても子供とは離れ離れです

 

本当は親権が欲しかったです。でも私の浮気が原因だったから、子供の親権を持つ事は出来なかったのです。私は一番大事なものを失ってしまったのです。 久しぶりに行った同窓会がいけませんでした。
 
あの時やはりやめておけばよかったのです。同窓会に行くには、服もバッグも靴だっているのです。お金をかけてまで、同窓会になんて行かないでおけばよかったです。 そこで出会った元彼と、何度も浮気をしてしまったのです。それが夫にばれて、即離婚されたのです。そして親権も絶対に渡さないと言われました。 その通りに私には何も残りませんでした。家も子供も、幸せも何も残りませんでした。
 
これからは一人で生きていかないといけません。そんな勇気もないのに、離婚してしまったのです。
 

離婚の体験談 - その17


 離婚してお互い幸せになれると良いです

 

ずっと別居をしていましたが、離婚しようということになり離婚することになりました。
 
スッキリすると思っていたんですが、なんだかちょっと寂しいです。
 
もう好きでもないですし、別居中もほとんど会っていなかったので、離婚しても生活は変わらないんですが、本当に独身になるんだぁと思うと怖いです。
 
別居していても、結婚しているということが安心だったのかもしれません。
 
でももう一緒に暮らすなんて考えられませんし、そろそろ一歩踏み出す時が来たんですね。
 
仕事もあり、友人もいますし、離婚しても前向きに明るく生活していこうと思います。
 
夫と私は性格が合わなくて離婚になりますが、もしかしたらお互いに性格の合う人が見つかって幸せになれるかもしれませんよね。
 

Image courtesy of David Castillo Dominici / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ