不倫(浮気)の発覚後


 浮気した相手と付き合いを続けられますか?

 

残念ながらパートナーの浮気が発覚した場合今後付き合いを継続するか分かれるか決める必要があります。浮気を許し恋人関係を継続する方もいれば、どうしても許せず破局する道を選ぶ方もいらっしゃいます。もし夫婦なら離婚騒動に発展する恐れもありますし、恋人同士でも浮気がばれた以上これまで通りやっていくのはそう簡単ではありません。
 
もちろん、相手に浮気されたとしても別れたくない、と感じるケースもある筈です。もし浮気されたとしても相手と別れたくないなら寛容な心で不貞行為を許さなければなりません。浮気されたとしてもまだ好きなのに、かっとなって破局し後から後悔するケースも少なくありません。
 
ただし浮気を許す場合、今後二度と同じ過ちを繰り返させない為にもはっきり条件は突きつけるべきです。今後浮気したら絶対に破局する、など浮気のラインも明確に決めましょう。浮気発覚直後でとても冷静に話し合える余裕がなければ、落ち着くまで時間を置くべきです。同棲カップルや夫婦の場合、とりあえず実家に戻って頭を冷やすと言うのも良い方法です。
 
浮気された自分はもちろん、相手だって言い分がある筈です。最悪の場合離婚や破局と言う結末を迎えてしまうかも知れませんが、どんな結論になるにしてもお互いの意見はしっかり伝え納得できる関係に落ち着きたいものです。浮気は最悪の行為ですが、なぜ浮気されたのか自分に原因はなかったのか、冷静に分析することも重要です。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)の発覚後


 しょっちゅう浮気する恋人を反省させるテク

 

一度浮気する人間は繰り返す、と言われますが浮気癖のある恋人は本当に厄介です。浮気するパートナーなんて別れれば良いのに、なんて意見もありますが、結婚して子供がいる場合はそう簡単に離婚できませんよね。それに浮気されてもどうしても相手のことを嫌いになれない、と言うケースも多いようです。
 
浮気癖のある恋人に悩みながら、どう反省させたら良いのか分からない、と苦しんでいる方は予想以上に多いようです。結論から申し上げますと、しょっちゅう浮気する恋人を反省させる方法はケースバイケースで、個人個人の性格やパターンによって対策を施すのが一番です。
 
もし浮気は男の甲斐性、と思い込んでいる男性ならそう簡単に信念を覆すことはできません。時間をかけて浮気はダサい、と思わせる作戦が効果的です。ストレートに言うと心に響きにくいかも知れませんから、浮気する人物が大変な目に遭うドラマのシーンで「カッコ悪い」と呟いたり、共通の知り合い、友達に協力して貰うのも良いでしょう。
 
「浮気=格好悪い」と思わせることに成功し、浮気癖を直したケースも少なくありません。また何度浮気されてもいつも曖昧に解決してしまっているなら、一度破局覚悟で真剣に怒るのも効果的です。一度許すと相手も甘えてしまいますが、もし夫婦なら離婚届けを用意するぐらいの覚悟で挑みましょう。
 
あるいは食事も喉に通らない、とご飯を食べずに過ごしたり、本気で落ち込んでみせて涙を見せる作戦も試してみて下さい。傷ついたことを大げさにアピールすれば恋人も罪悪感を刺激される筈ですし、それでも駄目なら本気で別れを考えた方が良いかも知れません。

スポンサードリンク
 

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 裁判所の基本姿勢は、「離婚させたくない」!
 
家庭裁判所で行われる裁判離婚では当然「離婚」についての裁判が行われるわけですが、家庭裁判所が「離婚」についてどう考えているかといえば、基本姿勢は「離婚させたくない」ということです。つまり、よほどのことがない限り、基本は離婚しない方向へ進めようとします。裁判官は「離婚したくない人」の味方だと思った方でいいくらいです。

離婚の体験談 - その1


 離婚はやむを得ない

 

離婚したくて結婚したのではないので、人それぞれ皆、口々に訳が違うというはず。でも一大決心して、添い遂げると決めたからには、命に関わる事でない限り、契約したものを簡単には破棄できない。そのために、現実問題、どれだけの人達が離婚し、裁判で争い、他人より見にくい争いをしているだろう。毎日の積み重ねが積もっていき、爆発し、戻らない関係。修復しようにもできない最終段階が離婚という形。結婚時に終わってるカップルなんているのか?そんなはずない。
 
家庭内のイザコザは、もしかしたら外から持ち込まれてくるのかもしれない。家庭の事は家庭で処理すればよいし、浮気など、天地がひっくり返るような事象については、当人に責任がある。
 
では、お金の事とか大きい生活に関わる事については、どうするのか。離婚して解決する事といえば、精神的な問題がほとんどの割合を占めている気がする。これから前を向いて歩いていけるという期待を持たせるのが結婚制度であり、二人が手を取り合っていくという意味も含む。 
 
個人で生きられるのなら、この制度自体いらないのではないか。人間だから、失敗するし、危機もあると思う。が、最近は、考えが違ったら別れればよいという安易な結婚も多い。でなかったら、こんなに身近に離婚が多い説明がつかない。
 
あっさり別れを告げることに、何のメリットがあるか?ただ気持ちが離れたとか・・・訳の分からないまま離婚するなんてあり得ない。やむを得ずという状況においてのみ離婚は成立する。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その2


 頭をよぎる「離婚」の二文字

 

主人の休日、嬉しいはずなのに何故だか憂鬱。明確な理由はないけれどなんとなく憂鬱になってしまう。こんな時「離婚」の二文字が頭をよぎる。だがまだ子供は小さい。経済的に私一人の力では充分に子供を養えない。となると、やはりこのまま我慢するしかなさそうだ。
 
看護婦、公務員、資格があり経済的に自立している友人は離婚という道を選択している。私にはその選択権すらないのだ。このままの安定した生活を保つためにはやはり我慢しかないのだろう。
 
今からでも何か資格を取る事は可能だろうがその資格を活かせる仕事が見つかるかは解らない。ましてや子供と生きていくための収入は稼げないだろう。主人には感謝しなくてはならない。頭には「離婚」の二文字が常にあるが、今日も笑顔で送り出そうと思う。
 

夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる「夫の浮気・解決法」


離婚の体験談 - その3


 様々な原因による離婚

 

近年、離婚を経験した夫婦、これから離婚を考えている方などが増加しています。誰もが自分が決めた相手と一生共に生活していこうと夢を持ち結婚を決意します。しかし、実際に同居し始めると、交際中には見えなかったお互いの性格が見え始めて、一緒にいる事が苦痛に感じてしまい、一緒に居たくないと感じてしまう夫婦がたくさんいます。
 
また原因はそれだけではなく、浮気や不倫を始め、家庭内暴力や借金、そして親族関係のトラブルなども原因の一つとして挙げられます。離婚は結婚する時とはまた違った大変さがあります。子供の親権問題や生活費も面など様々な問題が出てきます。離婚を考えている方は、離婚をする前に冷静な気持ちを持つ事が大切です。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 他人ごとのようで身近なもの

 

今どき珍しくもなくなったものの、他人ごとの話として聞いていた離婚。身近に感じたのは弟から離婚の報告を受けた時でした。詳しくは聞けませんでしたが、どうやら彼女は弟にもっと夫として成長して欲しかったようです。いつまでも趣味ばかりで結婚しても変わらない弟に、やっていく自信がなくなったということでした。
 
学生時代から10年も付き合って夫婦になった弟と彼女。浮気や暴力やギャンブルなど、決定的な事件もなく別れることになるとは、思ってもみませんでした。私だけじゃなく、ウチの両親も、彼女の両親も、友達も、みんな「まさか」だったと思います。
 
永遠の愛、なんて言うけど、同じ二人でも愛情や関係性も変わっていくんですよね。変化を望んだ彼女とそれに気付かなかった弟。結局弟は結婚という節目に対応できていなかったんでしょう。まだ30になったばかりの弟。これからまた恋愛をしていつか再婚もあるかもしれません。家庭を持つことの意味と責任、しっかり見つめなおしてやっていってほしいと願っています。
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 離婚して自由になること

 

結婚する時ほど幸せと感じる時はありません。お互いに好きで好きでたまらないほど愛して結婚するのです。ところがそんなアツアツのカップルも時が経つと冷めてきてしまい、やがて家での会話も少なくなります。そして帰りが遅くなったり、浮気などをしてしまうようになるのです。
 
そうなると離婚して、自由になりたい、配偶者に束縛されるのは嫌であるという気持ちがどんどん湧いてくるのです。なんとか改善するという思考は難しく以前のようには戻れないと感じるようになってしまうのです。とても残念なことですが、こうして離婚へと物事を進めて、夫婦は別れることになります。
 
もう結婚は2度としないという人も多くいます。それほど結婚に疲れてしまうのです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 離婚はなるべくしたくないです

 

私は10年前に結婚をしました。子どもも二人いて、数年前までは仲の良い夫婦でした。でも結婚生活も10年も続くと、だんだんとマンネリ化していってしまって、あまり会話をしなくなってきました。私はもっと会話をしたいなぁと思うのですが、旦那の方があまり話をしてくれなくなりました。
 
私はなんだか違和感を覚えて、旦那が浮気をしているんではないかと思いました。旦那の携帯を見てみると女性とメールをしていて、なんだか浮気をしているみたいでした。私はショックを受けましたが、知らないふりをしようと思います。旦那に話して離婚になってしまったらイヤだからです。
 
離婚は子供もいるのでなるべくはしたくありません。離婚をしないように、これから旦那とうまくやっていきたいなぁと思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 離婚したいけれど不安ばかりです

 

離婚したいことを実家の母に相談すると、離婚はしないほうが良いと言われて迷い始めました。
 
離婚をしたい理由はたくさんあります。性格の不一致、価値観の違いなどで、冷え切った夫婦生活になってしまいました。
 
こんな結婚生活はもう無理だと感じ母に相談したのですが、子供が三人もいるのにシングルマザーなんてやっていけるわけないと厳しく言われました。
 
もっと夫とよく話し合うようにとも言われたのですが、夫と話し合いをしようと思っても夫は話し合いを避けて逃げてしまいます・・・。
 
毎日どうしてこんな結婚生活胃なってしまったのかと考えてしまい、子供が寝た後でこっそりと泣いています。
 
まだ若いですし、三人の子供を連れて頑張っていきたいと思いますが、不安もあるのでとても悩んでいます。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 こんな離婚はイヤだ!悪いけど矢口さん

 

夫婦の間で離婚をするタイミングは数あれど、その決定的なきっかけが某女性タレントYさんのようなかたちは、絶対にイヤですね。芸能人ではなくて、一般人にしても、おそらく一生言われるでしょうし、どちらにとっても一生の汚点となるでしょうね。
 
ですから「こんな離婚はイヤだ!」の代表格はやっぱりクローゼット間男不倫の某女性タレントYさんでしょう。ここまで出回っているから、おそらく本当のことでしょうね。もしかすると、離婚したかった理由は他にもいくつかあるのかも知れませんが、なぜにそのような現場をつくってしまったのでしょうか。
 
と、言うか、やっぱり「不倫で離婚」はイヤですね。たとえ相手がいたとしても、やっぱり正式に離婚となるまでは、関係を持つのは待った方がいいでしょう。それにも関わらず、このようなことが起きて板Yさんは、やっぱり軽い人なのでしょうか。
 

離婚の体験談 - その9


 離婚した母が会いに来ました

 

私は戸惑っています。今目の前にいる人が私を産んでくれた母なのです。でも私はわからないのです。全く記憶にないからです。この人が本当に母なのか、私にはわからないのです。私が物心ついた時には、もう父だけでした。母は離婚して家を出ていたのです。
 
それから二十年以上経っているのです。だからわからないのです。本当に私を産んでくれた人なのかわかりません。だから私はこの人に「お母さん」と言えません。お母さんだと名乗っていますが、正直信じていないのです。だから私はとても戸惑っているのです。どうしていいのかわからないのです。
 
離婚して私をおいていった人だったら、私は許せません。「お母さん」なんて絶対に言えないのです。
 

離婚の体験談 - その10


 離婚で得るもの失うもの

 

2年程前にふたりの友達から離婚の相談を受けうけました。離婚の理由はふたりとも殆ど同じ様な理由でした。旦那が仕事をしなく、あげくに行方不明になったりでした。子供が中学~高校生で教育費も要る時期です。ひとりの友達は授業料を払わなくてよくなるという理由で離婚を決めました。
 
もうひとりは迷った上、離婚を踏みとどまりました。紆余曲折ありましたが、2年経った今、離婚した友達は離婚する事にエネルギーを使い果たしたのか、鬱状態になり家族はばらばらになってしまいました。
 
離婚を踏み止まった友達は旦那さんが主夫になり、彼女が仕事をしながら家庭を支えています。友達の離婚に接して思った事は、離婚は物凄いエネルギーと覚悟が必要で結婚を解消するという紙切れ一枚で済むものでは無いと言う事でした。
 

離婚の体験談 - その11


 セックスレスの原因についての悩み

 

半年前からセックスレスになってしまいました。原因はよくわかりません・・・。私がダンナを誘っても「疲れているから」と言われるようになり、私もだんだん誘いづらくなりセックスレスになりました。確かに残業が増えて忙しそうなので、本当に忙しいんだろうと思いますが、もしかしたら浮気?という気持ちもあります。
 
以前はお互いに月に2、3回は交互にお誘いをしていたのですが、ダンナからの誘いはまったくなくなりました。こんなこと結婚してから初めてです。女の私から何度も誘うのは恥ずかしいです。でも私から誘わないとこのままずっとセックスレスが続いていきそうで怖いです・・・。
 
夫はまじめな人なので浮気をしたらその女性が好きになり、私とはしたくなくなったのかもしれないという不安があります。夫に聞いてみたいですが怖いです。
 

離婚の体験談 - その12


 離婚式を開く人ってタフだと思う

 

過去に「離婚式」なるものが取り上げられたことがありますよね。流行った~とまでは、まったくもっていかないとは思うのですが。もしくは流行らせようと、マスメディアがしていたのかも知れませんが。
 
まあとにかく、私の知り合いでも離婚式をやった人がいるのですよ。私は「どう反応したらいいのかわからなくなる」と思ったので、参加しなかったのですが、離婚式に参加した同僚の話には非常に興味津々でしたね。
 
離婚式をおこなったのは、会社の先輩なのですが、まあ同僚の話を聞くに「全体的に空元気な空気が漂っていた」と言いますので、やっぱり離婚式はやるようなものではないのだろうなーと思いましたね。やっぱりどういう反応をしていいのか戸惑いますもの。そこら辺に地雷があるような状態ですよね、おそらく。
 

離婚の体験談 - その13


 浮気夫に愛情なし、離婚したほうが良いでしょうか

 

夫の浮気が発覚して、またいつものことかとがっかりしています。
 
何度浮気をすれば気が済むんだろうと思います。
 
今度の相手は出会い系の女性で、私よりも5歳年上らしいです。
 
どうせ浮気をするならもっと若い子にすればいいのにと思ってしまいます。
 
こんな風に思うなんて、夫に愛情がない証拠ですよね。
 
何度も浮気されていますし、ハッキリ言って夫のことがどうでもよくなっています。
 
子供がいるので離婚は考えていませんでしたが、ここまで冷めてしまっているなら離婚したほうが良いのかなと思い始めてきました。
 
夫の浮気は一生治らないと思いますし、このまま生活をしていっても幸せになれないと思います。
 
今まで離婚という言葉を出したことがありませんが、今度離婚話をしてみようと思います。
 

離婚の体験談 - その14


 離婚したら子供が笑顔になりました

 

こんな笑顔を見た事はありませんでした。いつだって何かにおびえていたのです。それは夫です。元夫におびえながら私達は暮らしていたのです。
 
私が離婚をもっと早くに決意していたら、もっと早くにこの笑顔を見れた事でしょう。私の行動が遅い事を、とても後悔しています。
 
久しぶりに子供と遊園地へ来たのです。そこでいくつもの素敵な笑顔を見れました。娘は何度も笑顔を見せてくれたのです。何日ぶりの笑顔でしょう。もっと早く見たかったです。 これからは何にもおびえることはありません。暴力だって受けることはないのです。
 
私達はこれから自由なのです。実家で祖父母の愛にも包まれながら、娘は成長していくでしょう。そんな当たり前の事が楽しみなのです。
 

離婚の体験談 - その15


 離婚は準備を整えてから行う事が大事です

 

離婚をする時に感情的になってしまったらおしまいです。
 
感情に任せて離婚をしてしまうと、自分が損をしてしまうケースが多々あるのです。
 
ですから離婚したいと考えたとしても、ちょっと待ったほうが良いのです。
 
先ず離婚する前に、自分が有利な条件で離婚が出来るように準備を整えておくことが大事です。
 
本やサイトなどを見て、どうすれば自分が有利になれるのかを勉強する事が大事です。
 
また相談料を払って、法律家に相談するのも良いと思います。
 
とにかく離婚は自分が有利な立場にならない以上、しない方が賢明です。
 
離婚したとしても人生が終わるわけではなく、これからも生きて行く事になるのですから、将来を見据えた離婚をする事が大事です。
 
現在離婚をお考えの方は、今離婚をして果たして得をするのか損をしてしまうか、良く調べた方が良いです。
 

Image courtesy of Ambro / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ