不倫(浮気)を防ぐには?


 効果的な浮気防止対策

 

男女間の代表的なトラブルである「浮気」問題ですが、当然浮気は許されるべき行為ではありません。けれど浮気される方にも原因がある、なんて意見もたまに見聞きしますよね。どちらに非があるか、と言う問題はケースバイケースですが、普段から効果的な浮気予防対策を知っていればどんな相手でも浮気されにくくなるのではないでしょうか。
 
一般的に浮気心が芽生えやすいのが、長い間離れている時だと言われます。確かに遠距離恋愛や単身赴任、長期出張中、違う相手に気持ちが移ってしまうパターンはよくあります。「出張と言ってもせいぜい1週間ぐらいだから大丈夫」と楽観視している方もいらっしゃるかも知れませんが、タイミング次第では魔が差しやすくなります。
 
例えば風邪をひいている時や辛いことがあった時、恋人がいないと余計心細い思いをしてしまいます。普段なら突っぱねる誘いに乗ってしまったり、つい一人で飲みに行ってしまったり、何かと誘惑に流されやすくなる傾向があります。もし少しの間でも離れ離れの生活を送る場合、こまめに連絡を入れたり寂しい、と正直に伝えるのも効果的な浮気対策になります。
 
また、離れている時ふいうちを食らわせるのも有効な作戦かも知れません。休日出勤、と恋人や配偶者が出掛けたものの、浮気疑惑が拭い切れない時は突然会社の近くまで尋ねて行って「ランチでもどう?」と試してみましょう。
 
もし浮気していれば動揺する筈ですし、問題なければサプライズデートを楽しめる筈です。このように突然現れる作戦をたまにしておくと、もし浮気心が芽生えても「突然連絡が来るかも」と恐れ行動しにくくなる筈です。

スポンサードリンク
 

不倫(浮気)を防ぐには?


 浮気問題は早期発見で解決!

 

気持ちがふわふわと浮いている状態、それが「浮気」です。「ほんの浮気心で本気の恋愛ではない」と浮気問題をあまり深刻に捉えない方もいらっしゃいますが、そもそも本気の恋愛だって最初はちょっとした出来事がきっかけで始まることが多い筈です。
 
浮気の筈がいつしか離れがたい関係に発展する可能性もありますし、たかが浮気とは侮れません。万が一パートナーに浮気疑惑がある場合、浮気問題は早期発見早期解決を目指すのが一番です。寛容な心でたかが浮気だから、と放置するうちにいつの間に深い関係になり、別れを告げられてしまう恐れもあります。
 
浮気したら即破局、と考えている方もいらっしゃいますが、相手の出方次第では浮気発覚後も仲直りできる可能性はあります。けれど浮気もこじれてしまうと離婚騒動に発展してしまいますし、普段から相手の言動には敏感になっておいた方が得策です。いつも携帯電話を置きっぱなしなのに、最近妙に肌身離さず持ち歩いている・・・なんて場合は要注意かも知れません。
 
絶対に浮気されていない自信がある、と楽観視している方のパートナーが、実は長年浮気相手と関係を続けているケースも珍しくありません。同じ浮気トラブルでも同じ相手と長期間続いている場合、本命の座を揺るがすような危険な存在になっている傾向が強いでしょう。
 
当然浮気が心配だからと言って毎日束縛し過ぎるのも問題ですが、円満な関係を長続きさせたいなら何らかの浮気対策は欠かせません。恋人の友達とコミュニケーションを取るのも良い作戦の1つで、風の噂も耳に入りやすくなります。友達や職場関係の人間など、相手のコミュニティに入り込んでおくと良い情報集めの場になるでしょう。

スポンサードリンク
 

 離婚に関するワンポイントアドバイス!


 セックスレスを理由とした離婚が裁判で認められることはない!
 
現状の日本では、セックスレスを理由とした離婚が裁判で認められることはほとんどありません。ただし、複数の離婚理由の1つとしてであれば、認められる可能性はあります。

離婚の体験談 - その1


 離婚の確率

 

私と主人は知り合って半年ほどで交際がスタートしました。主人の中では付き合う人とは結婚を考えると言われ、私とも結婚を考えてのお付き合いだったそうです。私も付き合った人とは結婚を考えるので考えは合っていたと思います。でも、肝心なのは結婚をする時期です。
 
主人は3年は付き合いたいと思っていたらしく、私は20代のうちに子供がほしかったのでもう少し早く結婚を考えていました。
 
そして、私からの逆プロポーズで結婚に至り、付き合ってから結婚するまでの期間は2年でした。でも、実際に付き合いが長いほうではないのでいざ、結婚して一緒に暮らし始めると生活観にズレがあることにも判明し、お互いの結婚観にも多少のズレがあったりしてけんかが絶えませんでした。
 
もしかして合わないのではないか、そう思うようになり。離婚も頭の中に何度かよぎり、何度か切り出したこともありました。ストレートに「離婚してほしい」と言ったことも何度もありました。そのたびに主人からは泣きながら「いい加減にしろ!離婚したら解決するのか!」と怒られ、お互いの直してほしいところなどを話し合いました。
 
今でも両親の問題などで離婚したいと思うときもありますが、子供に悪影響を及ぼさないようにも自分自身もう少し大人になろうと少し反省しています。離婚しようというのは簡単。でも、その一言で子供の人生もかえてしまうので安易に発言してはいけないですね。
 
これだけ離婚しようと切り出して今では4年たちますが仲良くやっています。仕事が忙しいにも関わらず、妊婦の時は家事も手伝ってくれたりすごく助かっています。お互いに感謝の気持ちを忘れあいでいたら離婚なんて言葉はあまり出てこなくなるのかなと思っています。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その2


 離婚をしたら老後が不安です

 

私は離婚をする予定は今のところないですが、もし今後離婚をするようなことになったら、再婚はしたいなぁと思っています。私には息子が一人いますが、息子ももう成人していますし私が離婚や再婚をしてもきっと大丈夫かなぁとも思います。でも親の離婚は子供にとっては衝撃的なことにはなりますよね。
 
私はもし離婚をしたら、老後も一人で過ごすのかぁと思うと、やはり一人はイヤだなぁと思います。老後に一人でいるのはとても不安ですし、経済的な面でも不安なことはたくさんあります。病気になったときにも一人でいると何もできませんからね。
 
離婚をすると精神的にも不安定になると思います。なので、離婚は出きるだけしたくないなぁと思います。今のところ旦那とは離婚をせずに平凡な毎日を過ごせていますので、それもまたいいかなぁと感じています。
 

浮気・不倫の処方箋 - 彼の心を取り戻すために。


離婚の体験談 - その3


 話を聞くと熟年離婚だらけ

 

先日50代の叔母に会ったところ、話の流れで離婚について色々と話してくれました。なんでも「久々に中学生のクラスメイトにあったら、3分の1が離婚していた」というのです。いわゆる熟年離婚ですね。夫の浮気、金銭的なトラブル、様々な理由はあるようですが「子供が独立したからもう我慢する必要はないと思って」と言って離婚した人がほとんどだとか。
 
もちろん知識としてそういった理由で離婚が多いのは知っていましたが、改めて身近な人間からそういった話を聞くと、色々と考えてしまいます。「我慢」・・・いつから離婚を心に決めていたかは知りませんが、仮に子供が10歳の時に離婚を考えたなら、それから子供が大学まで行って就職したとして、12年もの間「我慢」して結婚生活を続けてきたわけですよね。結婚には多少の我慢と譲り合いが必要なのはわかっていますが、正直なところ、なぜそこまで我慢するのだろうと思ってしまいます。
 
「子供のため」といっても、冷え切った仮面夫婦のもとで育つ子供はそれを敏感に感じ取りますし、「離婚しない理由を自分に押し付けないで欲しい」と思って育つかもしれません。ギスギスした家庭で育つより、離婚していつもニコニコしている親を見ながら育つほうが子供にとっていいのではないのかと思います。一方的な考え方であるとはわかっていますが。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その4


 離婚は負のエネルギーが本当にかかります…

 

離婚て結婚の何倍ものエネルギーが必要と言われていますが本当ですよね…。まだ私は離婚の経験はありませんが友人の離婚までの経緯を聞いて本当にそう思いました。友人はもう5年ほど前に離婚をしました。原因は旦那さんの浮気。ただの浮気だったらまだやり直せたのかもしれませんが、その旦那さんは浮気相手を選んだんです。
 
友人は相当精神的に参ってしまい入院までしました。彼女のやつれ方は相当なものでした。その後は両家を巻き込んでの離婚騒動だったそうです。親権はもちろん彼女が持ちましたが、養育費や慰謝料など離婚調停をしっかり行ったそうです。
 
今では彼女たち親子は楽しく生活しています☆元旦那さんは離婚後すぐに浮気相手とは別れ、何年後かに彼女に復縁を求めてきたそうです…調子よすぎですよね。もちろんお断りしたそうですが…
 

妻に許してもらい離婚を回避する方法


離婚の体験談 - その5


 離婚という重大な決断をする前に

 

よく離婚は結婚の倍のエネルギーが要ると言います。怒りに任せて勢いで別れる人も多いでしょうし、溜めてたものが限界に達して決断する方も多いでしょう。しかしホントに心身ともに疲れ果ててしまいますし、知人や親類への対面も悪い。DVなどは論外ですが少しでもお互いに譲れるとこがあれば一歩でも半歩でも歩みよれる努力をするべきです。その上で結論が離婚であればけしてそれを否定するものではありません。
 
それに無理やりに結婚生活を続けていけとか喧嘩ばかりでも頑張れなど言うつもりも毛頭ありません。人には絶対許せないものがあります。それが浮気だったり借金だったり、その人の倫理観で譲れないものでしょう。そのような自分の気持ちを騙してまで我慢するのはお互いにとって不幸ですし、自分達の将来の為にも別々の道を行くべきだと決断してもしょうがないと思います
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その6


 離婚と子供の理解力について

 

離婚の問題って複雑ですよね。性格が合わなかったり、パートナーが浮気をしてしまったり、金銭的な問題であったりと、すごく現実的な事情が多いかと思います。しかし、子供の立場になって考えると、結局それは親の事情という事になってしまうわけですよね。どんな事情があるにしろ、子供の価値観で親の事情をはかる事は難しいと私は思います。
 
人は経験にない事に対して共感をする事は難しいものです。例えば、働いていない子供にいくらお金の重みを話してもわかるはずがありません。もちろん、お金は大切だと言う道徳観念は持っているでしょうが、それは教育で教えられたもので経験から得られたものではないからです。
 
経験の乏しい子供は、現実的な話を想像で補うしかなく、理解をしようとはしてくれるでしょうが結局それは想像の域であり、親の価値観とはずれているはずです。離婚は現実的な問題ですので、子供には共感の難しい問題だと思います。私は決して離婚を批判ではありません。しかし、その事を理解しておく事は、大切な事だと私は思います。
 

スポンサードリンク
 

離婚の体験談 - その7


 もう二度と会いたくなかったです

 

元夫と別れて二年です。もう会う事はないと思っていました。二度と会いたくないと思っていたのです。それなのに思わぬところで、再会をしたのでした。
 
それは友人の結婚式です。新郎側の友人として出席をしていたのです。最初は人違いかと思いましたが間違いなく元夫でした。鳥肌がたちました。
 
結婚生活は悪夢のようだったのです。とても長い二年間を、私はずっと縛られてきたのです。やっと解放されて、やっと自由になれたのです。それなのに、また再会するなんて思いませんでした。
 
でも今は他人です。元夫ですが、私の中では他人なのです。だから会話もしません。目も合さないようにしたのです。 できる事なら早くここから逃げ出したかったです。
 

さらに詳しく知りたい人はコチラへ

離婚の体験談 - その8


 好きな人が出来てしまったので離婚したいです

 

結婚して10年目、自分でもまさかこんな日が来るとは思っていませんでした。夫以外に好きな人が出来てしまったのです。でも、誰にも言えずに悩んでいます。おそらく誰に話しても私の味方をしてくれる人は現れないのではないか?と思うからです。
 
でも、私は私で、育ち盛りの子供二人を育てながら、一生懸命、妻として母として頑張ってきたつもりです。これまで仕事に専念するあまり、私や息子達のことに無関心だった夫に対して不満を抱くのも、私にとっては、自然な気持ちの変化でした。
 
夫に対する気持ちは冷めたので、離婚を希望していますが、子供は自分で引き取りたいです。これまで子供の面倒をみてきたのは私だし、子供だって母親の私が必要だと思うからです。でも、夫以外に好きな人がいるという理由だけで、私が一方的に悪いことになり、子供を取り上げられてしまうのでしょうか。それが恐くて行動に踏み出せない自分がいます。
 

離婚の体験談 - その9


 離婚して子供と二人で頑張ります

 

夫の不倫が原因で離婚したので、慰謝料をもらってスッキリお別れしました。
 
離婚する、しないでゴタゴタしていた時は、慰謝料なんてもらっても意味ないって思っていたのですが、お金をもらうことでケジメをつけることになりました。
 
実際にこれから、子供を育ててシングルマザーとして頑張らなくてはいけないですし、お金はとても必要です。
 
養育費もしっかりもらうことにしました。
 
相手の女性も妊娠して本当に泥沼になりましたが、これからは前を向いて元気に生きていこうと思います。
 
まさか自分が離婚するとは思いませんでしたが、人生って色々あるから面白いのかもしれませんね。
 
子供がいなかったらこんな風に頑張ることはできなかったと思います。
 
離婚して子供が不安にならないように、笑顔で生活したいです。
 

離婚の体験談 - その10


 離婚親家庭の子どもが離婚をしやすい理由は…

 

自身の経験からも思うことと言えば、離婚親家庭の子どもが離婚をしやすい理由としてはやはり、間近で「離婚をしたらどうなる」ということを見ているからでしょうね。また、私の家庭の場合は、離婚が良い結果を招いたタイプなので、ですからこそ離婚にあまり抵抗がありません。
 
間近にてシングルマザーの育児を見ていますからね。確かに、苦労も多いでしょう。けれども、扶養者にしっかりとした収入があって、なおかつ元旦那ないし元妻といた方が生活がイヤなものになるのでしたら、それはもう別れてしまった方がいいと思うのです。
 
私の母は社会的地位も収入も、そこそこにある職業でしたから、女手ひとつでやれていました。ですからこそ、私もそのような免許をとり、職種につこうと思いましたね。実際にこれから離婚をするかどうかはさておいて。自分一人でも生きて行けるように人生設計をつくることは重要でしょう。
 

離婚の体験談 - その11


 浮気がばれていました

 

あの時ほんの気の迷いだったのです。夫にはけなされて、家にいても私の居場所がなかったのです。そんな時、元彼と再会をしました。この元彼とは元彼の浮気で別れたのです。でも今では夫よりも、私の事を優しく扱ってくれる一人の男性なのです。だから私は元彼と、浮気をしました。
 
今の夫の同僚なのです。もちろん秘密だったのに、元彼はいつの間にか夫に浮気の事を話していたのです。しかも私から誘ったと言っていたのでした。全部うそです。確かに拒否はしませんでした。でも誘ってきたのは元彼だったのです。 でも夫にはそんなこと関係ありません。浮気は浮気です。きっと夫とは離婚するでしょう。でも正直それでいいと思います。あの家から抜け出したい思いなのです。
 

離婚の体験談 - その12


 すぐに会社を休む夫との暗い結婚生活

 

夫がすぐに会社を休むのですが、またクビにならないかとびくびくしています。
 
ちょっとした鼻風邪なのに、病院に行かなくちゃと言って会社を休んでしまいます。
 
いつも会社に行きたくないなぁとブツブツ言いながら出勤しますし、帰宅後は上司のや同僚の愚痴ばかりでこっちも嫌になってきます。
 
結婚してから二度会社を辞めており、今の会社もやっとのことで就職したのに、こう頻繁に休んでいたらクビにされるんじゃないかと思うんです。
 
夫はいつもやる気がなくて、休日も布団の中でずっと寝ていますし、こっちも暗い気持ちになってきます。
 
この結婚生活になんのメリットも感じないですし、離婚したいと思うようになってきました。
 
子どもたちも「パパキライ」と言うようになり、とても悩んでいます。
 

離婚の体験談 - その13


 世間体のために離婚はしません

 

夫から離婚をしたいと言われています。でも私は世間体のためにも、離婚には応じません。絶対に離婚届に判は押しません。
 
子供もいない生活に、冷めてきたのでしょう。私には子供は産めないので、子供の産める健康体の彼女でもできたのかもしれません。
 
でも私は離婚はしません。子供ができない私のせいで、離婚したと思われるに決まっています。そんな目で見られたくないのです。子供のできない体だなんて、世間に思われたくないのです。 だから絶対に離婚はしません。子供がいなくても、私は今の生活が幸せなのです。
 
三匹もの犬と生活をしています。夫はいなくてもいいですが、世間体のために私は今のままの生活を望むのです。
 
子供の代わりに、犬を可愛がっていきたいです。
 

離婚の体験談 - その14


 友達がいなさ過ぎて離婚を思いとどまることもある

 

離婚届には第三者の署名&捺印が合計2名必要とのことで、そのことを考えるだけで、「もう離婚するのやめよう」とも思いますね。なぜなら、夫婦ともに友達があまりいない者同士で結婚しておりますので、離婚となった際に、頼める相手がいないのですよね。
 
旦那の場合は「会社の上司かなあ…」とも言っていますけれど、「でも頼み辛いよなあ、ご祝儀もらってるのに、離婚となったら申し訳ないし…」と、やっぱり思いとどまるそうです。
 
また、私の場合も、署名&捺印だけとはいえ、あまり連絡をすることのなくなった女友達にわざわざ連絡をしてお願いするのは、ものすごく気が引けます。そして双方両親はちょっと諸事情により頼めないので…と、考えて行くとやっぱり双方「離婚はなしで」との方向でまとまりますので、まあ良いストッパーになっているのかも知れませんね。
 
離婚届がハードルになるのはおそらく、わが家だけでしょうけれど。
 

離婚の体験談 - その15


 離婚前に本人同士ができること

 

もし、離婚を考えていても、イベントが重なる時期は忙しさにかまけて、離婚を言い出しにくくなります。
 
それどころではないと言われればそれまでですが、人生の一大事なので、じっくり話し合いの場を設けなければなりません。
 
相手が本気にとってくれなかったり、話し合いに応じてくれなければ、そのままうやむやになってしまいかねません。
 
本気で離婚を考えているなら、最終手段を考えておく必要があります。
 
そういう場合は、弁護士に離婚を相談するのが一番です。本人同士の話し合いはヒートアップして、話し合いにはならないでしょう、 調停という形で、立会人がいれば落ち着いた気持ちで話し合いができます。
 
弁護士に話をもって行く前にできることはたくさんあります。しっかり計画しましょう。
 

Image courtesy of Serge Bertasius Photography / FreeDigitalPhotos.net

もっと知りたい方へのおススメ書籍


 
離婚を考えたときにまず読む本

離婚を考えたときにまず読む本

  • 作者:豊田 眞弓
  • 出版社:日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2013-03-20
 
子連れ離婚を考えたときに読む本

子連れ離婚を考えたときに読む本

  • 作者:新川 てるえ
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日: 2006-12-21



 
離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

離婚するときの子どものはなし―引渡し、面会交流、養育費

  • 作者:馬場澤田法律事務所
  • 出版社:中央経済社
  • 発売日: 2011-05
 
離婚と慰謝料―損せず別れる

離婚と慰謝料―損せず別れる

  • 作者:平山 信一,有吉 春代
  • 出版社:自由国民社
  • 発売日: 2011-07-31



   
離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える

  • 作者:梶村 太市
  • 出版社:日本加除出版
  • 発売日: 2007-11



離婚に悩む方からの質問

体験談一覧

よく読まれている人気の質問

運営者

ピックアップした重要な質問

離婚の統計データ

トップページへ